相場を本気で勉強するために、生きた教材で学ぶ

どこで買って、どこで売るのか。
その当たり前のことについて、真剣に考えたことはあるでしょうか?




今、この記事を読まれている方は、きっと他の相場参加者よりも、真剣に投資を勉強しようと考えている方だと思います。

もしくは、YouTube動画などでサイト管理人のチャート分析に触れ、そして、そのチャートが出した結果に驚き、テクニカル分析を勉強する価値に気がつかれた方もいるでしょう。

「本気で相場を勉強しよう」

その決心は本物でしょうか?

「YouTube動画なら無料で研究できる。」
ズバリ、言いましょう。
その通りです。

買うのは資料だけでなく、決心と時間

「今の動画で気になることがあった。」

そう思ったとき、どうするのでしょうか?
もう一度、巻き戻して同じところを見るのでしょうか?
そこで、何分何秒のところで再生すればいいってメモをするのでしょうか?

もうお気づきでしょうが、大切なのはそこではないですよね?

重要なことは「どこで買って、どこで売るか」「どこで買って、どこで買い戻すか」ということであり、また「どこで負けを認めるか」を決心する情報のはずです。
何分何秒が気になったという時間でも気持ちでもありません。

YouTube動画をご視聴頂き、「次の段階に・・・」となったとき、その資料を使って自分なりのアウトプットを出し、それからYouTube動画を視聴してみる。

自分から学びに行く考えと、無料だからとどこかで顔を出す甘えを捨てる。

これが最も自分自身の気持ちとモチベーションを高め、同時に最短で効率的に成果を上げる結果になるのではないでしょうか?

<スポンサーリンク>



投資の勉強やノウハウ系の教材は言い値で決まる

この表題を見て、購入者側の皆様はどう感じるでしょうか?
今まで、高い教材=良い教材というイメージを持っていたと思います。

私は販売者側に回ったので分かりますが、はっきり言えば、価格と教材の優劣は比例しません。
ちなみに私が発行している「ドル円の値動きのシナリオ」は月額500円ですが、正確性に関して言えば、この何十倍も上の料金設定になっているメルマガを凌駕していると思っています。

世の中に出回るほぼ全ての情報商材は、再現性や情報の中身を開示していません。
しかし、この資料は先出しです。

再現性、正確性、情報の中身、、、見ての通りです。

優れた教材は、そのうち、すぐに知れ渡るでしょう。
優位性を確保するためには、知れ渡ってからでは遅いのではないでしょうか?

こんな感じの方に多いのは、教材を購入したらゴールではなく、スタート

教材を購入する人で特に多いのが「教材を購入するのがゴール」という人です。
しかし、この方式であれば、教材購入ゴールが発生し得ません。

「資料に目を通し、自分なりのアウトプットをまとめ、動画を視聴して腹に落とし込む」
この流れが出来上がるため、セミナー等に参加する時のように受動的にならず、しかも、自分のペースで勉強することが出来るため、恐ろしく効率的に勉強した成果が出ます。

人間は、支払った分の元を取ろうとするはずです。
学生の頃の経験で言えば、勉強の成果は全て「やる気」で決まります。

元を取ろうという決心も動員し、本気で勉強にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

投資の勉強のため、資料の定期的提供を受ける

購入後、1ヶ月間、動画でご視聴頂いているパワーポイント資料の資料がメールに直に届きます。
動画を見る前に、自分自身で分析し、その後、動画を視聴して頂くと、一気に分析能力が向上すると思います。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で