デイトレードで勝つための具体的な方法

デイトレードで勝てない人の考え方の特徴

相場に勝てない人の考え方に、こういった特徴があります。

1「この指標とこの指標が買いサイン出して、この条件が整ったときにエントリーするようにしよう」

2「勝率が90%以上の手法を使っているのに、下がるはずがない。下げている市場がおかしい。」

3「ここまで下がったから、もうこれ以上下がらないだろう。」





1~3は、デイトレードで勝てない人の代表的な考え方です。

1は色々なフィルタを掛け過ぎて、エントリーやエグジットのトリガーが複雑になってしまうタイプ

2は不確実な市場に「確実性」や「勝率」を求める、所謂【聖杯】を探してしまうタイプ

3はトレンドに逆らって天底を当てにいってしまったり、「思い込み」でエントリーをしてしまうトレーダーの典型です。

こういった考え方もっているという自覚があるトレーダーは、まず株式市場は、トレーダーの望みや希望など聞いてくれないことを理解しなくてはなりません。

逆をいえば、勝てるトレーダーは、エントリーやエグジットのトリガーはシンプルで、相場は不確実性であると認識して上手に負けるべきポイントで負けることができ、トレンドに逆らわず、思い込みをしないトレーダーだということが言えるでしょう。

デイトレードで勝つためには、デイトレードはお金という実弾を使った戦場だと理解する

絶対に騰がる株がここにあります。皆さんはどうしますか?
買いますよね?みんながみんな絶対に騰がると思っている株を安く売ってくる人はいません。しかし、それこそ買いたい人が全員、その株を買ってしまったら、あとは売る人しか残っていないわけです。

すると、今度は買ってくれる人がいなくなる。売る人が大勢いるのに、買う人がいない。買い方の余力が尽きた時がこの時です。

少しオーバーな話をしているかもしれませんが、空売りをしたら儲けられる要素も、実は『絶対騰がる株』に群がった群集心理の中にあります。

『絶対騰がる株』のはずだった銘柄は、逆ピラミッド型の価格帯別出来高とパニック売りが起きる要素満載のチャートパターンが出来上がり、買い方が高値掴みをしたのではないかと疑心暗鬼になりはじめ、掲示板で買い煽りを始めます。

こんな話を聞いたことはありませんか?『街中にいる靴磨きまでもが株の話をしだしたら、相場の終わりは近い。』

こういう状況が生起した時、オオカミトレーダーが空売りのポジションを取ります。
相手が弱っているところを突く。群集心理が買い方と売り方のどちらに心理的・資金的に余裕がないかを分析して。

空売りをする売り方にとって、投げ売りをしてくれる買い方は、これ以上にない『味方』であり、同じポジションを持つ売り方が増えてしまうと、レベルの低い売り方が、小さい利益で成買いを入れて下落速度を弱めてしまいます。

ここまで来るとイメージが浮かぶと思いますが、ファンダメンタルズ要因は、きっかけとしてはありかもしれませんが、株価を形成する要素としては極めてフワッとした根拠でしかありません。最も株価に影響を及ぼすものは、投資家・投機家たちの心の中であり、市場心理・群集心理です。

今や株式市場の1日の売買代金の30%近くが、デイトレーダーをはじめとする超短期の投機的な性格を持つ資金で動いているとされています。売り方の心理、買い方の心理とそれぞれのエントリーしているポイントを熟知しなければなりません。

デイトレードで勝つためには、様々な資金力、情報、レベル、思惑、考え方を持っている『儲けたい』と思っているトレーダーを騙し、出し抜き、そして、手数料を差し引いた利益を積み上げていかなければなりません。

メンタル・資金・知識・技術で弱い部分を克服できないトレーダーが資金を奪われていく。市場は戦場です。

デイトレード,勝つ

デイトレードで勝つためには、知識とメンタルはバランスをとりつつレベルアップさせる

★テクニカル分析について深い知識を持っている。

★ファンダメンタルズ分析で、この商品の潜在的可能性を知っていて、理論的には業績が●倍になることが期待できる。

★この指標の周期を●にして、この指標とこの条件が整ったときにエントリーすれば、勝率は65%だ。

など優れた知識や手法を持っていても、メンタルのレベルがそのレベルに追いついていないと、結局は本能のトレードを繰り返す結果となり、損大利小が常態化して市場の勝者となることは出来ません

デイトレード,勝ち方

メンタルを鍛えるためにはどうすればいいのでしょうか?
そのためには、まず、本能と戦うことの難しさと本能という敵の強大さを理解することから始めなければなりません。

増減する含み益や含み損を、実際の取引で体感し、決められたルールに基づき、トレードを執行するということの難しさです。
そのルールを実行していく中で、連敗することもあれば、ルール通りに実行してかえって儲けることが出来なかった場面にも何度も遭遇するわけです。

皆さんはルールはどうしていますか?
きっとルールは知識や手法が基礎となって作られているでしょう。
しかし、ルールを簡単に破ってしまうメンタル・規律では、せっかくの優れた知識や優位性のあるノウハウ・手法も無駄になってしまいます。

【メンタルを身に着けるためには】
当サイトの記事『勝ち組マインドと負け組マインドの違い』を参照してください。

【今装備されているメンタルで、本能に打ち勝つために講じる対策】
デイトレードをするときに絶対必要!メンタルの安定について』を参照してください。

デイトレードで勝つためには、トレードを記録し、面倒くさくても毎日見直しを実行する

デイトレードを『簡単だ』『楽をしている』と言っている人に、1年間デイトレードをさせてみてください。間違いなく大損をするでしょう。

デイトレードは絶対に『簡単』でも『楽』でもありません。
特に初心者の場合は、正しい方向を向いているのかどうかわからない状態のまま、市場に授業料を支払い、実地にトレードを学んでいかなければなりません。

しかし、デイトレードの場合、初心者にありがちな間違った認識でデイトレードは手数が必要だという迷信が蔓延しているため、1日に何100もトレードをする人が多いです。そうなると、トレードを見直すだけで膨大な作業になり、継続していくためには毎日非常に多くの作業量が必要です。

デイトレード,勝つ方法

デイトレードに参入してくる初心者のトレーダーの1年生存率が10%未満なのは、こういった無駄に多い手数のためにトレードを見直す作業が困難になり、デイトレードを始めるときに謳い文句として聞かされていた、、『デイトレードは短期間に多くの経験を積み重ねることが出来るから学習曲線が上がる。』といったメリットが消え間違った考え方・手法を繰り返した結果ではないでしょうか。

デイトレード初心者が考えることは、まず生き残ること。そして、生き残っている間に取引を記録してノウハウを蓄積し、自信をつけてから本格的に開始する方が大きな損失や含み損を抱えて身動きが取れなくなるような事態にならなくて済むでしょう。

デイトレードで勝つためには、画面の向こう側の人間を意識する

想像をしてみてください。画面の向こう側で対峙している相手は、何年も相場で飯を食い、膨大な資金と最新の装備、専門のアナリストを揃えた機関投資家などが画面の向こう側にいて、資金力や知識・メンタルのレベルの低いトレーダーの資金を奪おうと虎視眈々と狙っているかもしれません。

デイトレード,勝てる

勿論、対峙するトレーダーの中には初心者もいます。
ポジションも買いポジションを取るトレーダーもいれば、売りポジションを取るトレーダーもいます。時間軸もデイトレード、スイング、ポジション、中期、長期と本当に様々です。

画面の向こう側では、資金、知識、技術、ノウハウ、ポジション、時間軸、取りうるリスクが違うトレーダーが、騙し、騙され、脅し、脅されをしながらお金を奪うために戦っているんです。

野球で喩えればメジャーリーガーから草野球レベルの選手まで、玉石混交のレベルのトレーダーが交わるまさしくバトルロイヤルです。

こんな中でデイトレードで勝つためには、どのレベルを上げていくべきでしょうか?
メンタルでしょうか?
知識でしょうか?
技術でしょうか?

もうお分かりかと思いますが、答えは全部です。
どのレベルが足りなくても、相場の世界では弱い者とみなされ、たちまち資金を奪われていきます。

市場で繰り広げられる騙しや脅しに対抗するルールとそれに屈せずルールを守り抜くメンタル、確かな知識に基づく利益やリスクの見積もり、トレードの技術やノウハウの全てのレベルが高くないとデイトレードで勝ち続けることは難しいと言えるでしょう。

サイト管理人の場合は、画面の向こう側のトレーダーに少しでも差をつけるため、監視銘柄を絞り、トレードする銘柄のトレード戦略をシナリオにして、トリガーと目標株価、ロスカットをイメージしてデイトレードに臨んでいます。

反対ポジションの行動をイメージする具体的な方法はこちら

デイトレードで勝つための具体的な方法まとめ

いかがでしたでしょうか。デイトレードで勝つためには、負けている時の考え方を改め、市場は戦場であることを理解して、標準装備であるメンタル・知識・技術のレベルを同時並行で向上させていく。

実地のトレードを記録してノウハウを蓄積し、画面の向こう側の相手を出し抜けるような準備を入念に実行する。
まとめるとざっとこんな感じです。

勝てるトレーダーの道のりは遠いですが、頑張っていきましょう。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で