どこまで下がる? オンコリスの調整予測を出してみた

前回、驚異的な精度で的中した調整予測ですが、今回もStock-Measureなどのツールを使って調整予測のアウトプットを出してみました。




オンコリス(4588)の銘柄分析

分析内容については↓の動画をご視聴ください

大きな出来高を伴って値が動きましたが、信用買い残があまり整理されませんでした。
過去のオンコリスの買い残を見ると、信用買い残が150万株くらいまで落ちないと上値が重いかもしれません。
しかし、テクニカル指標のRSIは、週足・日足ともにそろそろ反発する暗示を出し、サポートやフィボナッチリトレイスメントなどを見ても、これまでのように一気に大きく下に動くことはなさそうな感じがします。

月ごとまとめて動画をダウンロードする

ゴゴジャンでダウンロードすることが出来ます。
初めての方はこちらをクリックして会員登録をして下さい。

動画内のパワーポイント資料を無料で受け取る方は下をクリック
ゴゴジャンの通常会員登録がお済みの方は、下のバナークリックで、金こむチャンネルのパワーポイント資料を無料で受け取れます。

相場の原理原則に興味を持たれた方

相場の原理原則は、トレードステーションのプラットフォームで稼動します。

トレードステーションの口座開設をする

トレードステーションの口座開設がまだの方は、下のバナーをクリックして下さい。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】

相場の原理原則(株式)とは

相場の原理原則(株式)は、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のインジケーターです。
詳細はこちらをご覧下さい。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で