京都銀行を分析してみた

視聴者様からのご要望により、京都銀行を分析してみました。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

京都銀行(8369)の銘柄分析

今回は視聴者様からのご要望により、京都銀行(8639)を分析してみました。
チャートを引きで見ると、形的にはヘッド&ショルダーの形になっていましたが、出来高がヘッド&ショルダーの形とイメージが一致しないことと相場の原理原則(株式)がトレードステーション障害のために使えないため、精度を重視して小さく出来上がっているチャートパターンを使って分析をしていきました。

京都銀行,テクニカル分析

詳細は動画をご視聴下さい。

月ごとまとめて動画をダウンロードする

ゴゴジャンでダウンロードすることが出来ます。
初めての方はこちらをクリックして会員登録をして下さい。

動画内のパワーポイント資料を無料で受け取る方は下をクリック
ゴゴジャンの通常会員登録がお済みの方は、下のバナークリックで、金こむチャンネルのパワーポイント資料を無料で受け取れます。

相場の原理原則に興味を持たれた方

相場の原理原則は、トレードステーションのプラットフォームで稼動します。

トレードステーションの口座開設をする

トレードステーションの口座開設がまだの方は、下のバナーをクリックして下さい。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】

相場の原理原則(株式)とは

相場の原理原則(株式)は、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のインジケーターです。
詳細はこちらをご覧下さい。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で