平成最後にアンジェスを超分析してみた件

FX→株式の分析に切り替えるきっかけとなったアンジェスを、平成最後の銘柄としてできるだけ詳細に分析してみました。

アンジェス(4563)の銘柄分析

分析内容については↓の動画をご視聴ください

(本動画の資料を400円で販売中 詳細はこちら

アンジェス(4563)のテクニカル分析の内容

アンジェス(4563)を平成最後の分析銘柄として選択したわけですが、この銘柄は著名トレーダーのウルフ村田さんが、ゴールデンウィーク明けに何かあることを匂わせる情報発信をしていた銘柄です。

一応、当方でもエリオット波動とフィボナッチ比率などを駆使して目標株価を出してみましたが、もし、このまま第1波高値(1350)を超えるという条件であれば、2000~2100前後というアウトプットがでています。
勿論、これ以上、下押し(782以下)した場合は、この数字が変わってきます。

買い方にとってはうれしい情報ではありますが、リスクやマイナス要因もしっかり抑えておく必要があります。
株式投資は、絶対に上がるという相場は存在しません。

まず、信用買い残が1670万株以上と今までのレベルから見ても、かなり高水準に積み上がっています。
月足のテクニカル指標も決して良い感じではありません。

利益確定だけでなく、どこで損切り撤退をしていくかというシナリオも考えておくことが大事だと思います。

[cc id=34485]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください