2/7(金)~【大暴落】☆株の勉強☆イナゴタワー崩壊で希望が絶望?●●●どこまで落ちる?

イナゴタワー崩壊直前のホープについて分析をして見ました。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

分析する銘柄及びファンダメンタルズ

ホープのファンダメンタルズです。
ホープ,ファンダメンタルズ

テクニカル分析

RSI

RSIは、80%でしばらく揉み合っていましたが、ここにきて80を割り、現在53.81まで調整してきています。
現在の焦点は、50%が意識されてくるかどうかになっています。
ホープ,RSI

信用残

信用残は、過去の水準と比較して、買い残が高水準にあります。
また、時価総額で見ても、かなり高水準です。
気になるところは、浮動株に占める信用で買っている人の割合です。
浮動株は、ホープの株価を決める株となりますが、その65.5%も含み損を多く抱えた信用買いのトレーダーが握っています。
機関がちょっと空売りを仕掛けたら、追い証が発生してしまう状況かも知れませんね。
ホープ,信用残

チャート分析

信用残が非常に多くの割合を占めることから、決算はいいかもしれませんが、投げ売りが出る可能性が高いとみてます。
そのため、反応しそうな価格帯と下げ止まりそうな価格帯を分析しました。
トレードシナリオでは、脱出方法について解説をします。
ホープ,チャート分析

トレードシナリオ

脱出法の1つめは、1750円で反応した場合、テクニカル的な状況としては、2450辺りまで戻りがアル可能性があります。
ということで2450辺りが逃げるポイントということになります。
ホープ,トレードシナリオ
脱出法の2つめは、2000円で反応した場合、テクニカル的な状況としては、2600辺りまで戻りがアル可能性があります。
ということで2600辺りが逃げるポイントということになります。
ホープ,トレードシナリオ
買い方にとって最悪のシナリオは、1750~2000辺りで反応し、揉み合いになる状況です。
その場合、揉み合い下抜けする可能性が高いため、戻りが来ない可能性があります。
ホープ,トレードシナリオ







相場の原理原則に興味を持たれた方

為替・N225先物・商品先物

相場の原理原則EAは、MT4のプラットフォームで稼動します。

相場の原理原則EAとは

相場の原理原則EAは、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のEAです。(条件付き無料配布)
詳細はこちらをご覧下さい。

株式投資

相場の原理原則(株式)は、トレードステーションのプラットフォームで稼動します。

トレードステーションの口座開設をする

トレードステーションの口座開設がまだの方は、下のバナーをクリックして下さい。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】

相場の原理原則(株式)とは

相場の原理原則(株式)は、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のインジケーターです。
詳細はこちらをご覧下さい。




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。