【株式投資】11月20日~ 注目銘柄 トレックス・セミコンダクター、曙ブレーキ工業、TOWAを株の初心者にもわかりやすくテクニカル分析で解説(トレイダーズHD,テラスカイ,OATアグリオ,いであ等)

11月19日に大きく値下がりをしたトレックス・セミコンダクター、曙ブレーキ工業、TOWAですが、いい押し目になったかも知れません。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

分析する3銘柄

※トレックス・セミコンダクターは、貸借銘柄ではなく一般信用銘柄でした。訂正してお詫びします。

トレックス・セミコンダクター(6616)の分析

トレックス・セミコンダクターは、信用買い残がよく整理され、上に動きやすい状況になっています。
トレックス・セミコンダクター,信用残
目標株価は、1600~1700辺りになるとみていますが、そこから揉み合いになって上抜け出来れば、2400円辺りまでテクニカル的な尺度で上昇するエネルギーが得られることになります。
ただ、2000円付近に価格帯別出来高の厚いゾーンが控えていますので、恐らくその辺りで一旦止められて揉み合いになるというイメージです。
その揉み合いを上抜けできれば、2400辺りまで上昇しそうです。
トレックス・セミコンダクター,見通し

曙ブレーキ工業(7238)の分析

曙ブレーキ工業は、信用買い残は標準より少し少ない状況です。そこそこ上値は軽い感じでしょう。
曙ブレーキ工業,信用残
目標株価は、レジスタンス突破のエネルギーが300円付近、エリオット波動のエネルギーが、下の<エリオット波動>画像右上のTPの右横の数字391辺りまで来る可能性があります。
<レジスタンス突破>
曙ブレーキ工業,見通し
<エリオット波動>
曙ブレーキ工業,見通し

TOWA(6315)の分析

TOWAは、信用買い残の整理が進み、かつ、売り残が積み上がって売り長の状況になっています。需給的には上方向に動きやすい条件が揃っていると言えます。
TOWA,信用残
目標株価は、ダブルボトムが完成していますので、その目標株価を出していきますと、大体1400~1550辺りがターゲットになってきそうです。
TOWA,見通し

相場の原理原則に興味を持たれた方

為替・N225先物・商品先物

相場の原理原則EAは、MT4のプラットフォームで稼動します。

相場の原理原則EAとは

相場の原理原則EAは、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のEAです。(条件付き無料配布)
詳細はこちらをご覧下さい。

株式投資

相場の原理原則(株式)は、トレードステーションのプラットフォームで稼動します。

トレードステーションの口座開設をする

トレードステーションの口座開設がまだの方は、下のバナーをクリックして下さい。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】

相場の原理原則(株式)とは

相場の原理原則(株式)は、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のインジケーターです。
詳細はこちらをご覧下さい。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で