【全固体電池関連銘柄】で上昇しそうな銘柄の目標株価や見通しについて、投資初心者にもわかりやすくテクニカル分析で解説してみた

最近よく耳にする「全固体電池」ですが、この関連銘柄の中で、値上がりをしそうな銘柄をピックアップし、テクニカル分析をしてみました。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

分析する3銘柄

全固体電池関連銘柄,上昇期待

旭化成(3407)の分析

旭化成のチャートを見ると、相場に一致または先行するという特性を持つRSIが、RSIで抜けなかったラインをブレイクし、レジスタンス突破を示唆する動きを見せています。
全固体電池関連銘柄,旭化成

また、信用残も信用買い残が過去の水準と比較しても整理されており、かつ、信用倍率・貸借倍率ともに1倍を切って売り長という状況になっています。
需給的には上に動きやすい状況になっていると言えます。
全固体電池関連銘柄,旭化成

目標株価は1450~1550辺りになるとみています。
全固体電池関連銘柄,旭化成

TDK(6762)の分析

TDKのチャートで、テクニカル指標から見ていきますと、RSIが買われすぎ水準の近くまで来ていることがわかります。
現在の数値が74.78ということで、まだ80までは少し余裕がありますが、そろそろ調整も意識される水準まで株価がきていることが分かります。
全固体電池関連銘柄,TDK

信用残から需給を見ていきますと、将来の売り圧力となる信用残は、過去の水準と比較しても、かなり整理されていることが確認できます。
また売り残が買い残を超え、貸借0.18倍、信用で0.61倍で売り長になっており、逆日歩も発生しいます。
全固体電池関連銘柄,TDK

チャートの形を見ると、黄色いゾーンの部分でダブルボトムを形成しているように見えます。
ダブルボトムから目標株価をアウトプットしますと、13000円辺りが目標株価になりそうなイメージです。
全固体電池関連銘柄,TDK

村田製作所(6981)の分析

全固定電池関連の本命と言うことで、村田製作所のチャートを見ていきますと、テクニカル指標のRSIは、70.21。
買われすぎ水準の80までは、まだ余裕があるので、もうひと伸びありそうな感じがします。
全固体電池関連銘柄,村田製作所

信用残から需給を見ていきますと、信用買い残の整理は進みましたが、過去の水準と比較すると普段より少し多いくらいの状況ですが、買い残と売り残が拮抗しており、株価が上昇してきている状況から心理的には売り方に余裕が無いように思います。
全固体電池関連銘柄,村田製作所

分厚い価格帯別出来高が構成され、エネルギーがある4500~6000のレンジをブレイクしたエネルギーから目標株価を算出すると、7500辺りが目標株価になっていきそうです。
全固体電池関連銘柄,村田製作所

相場の原理原則に興味を持たれた方

為替・N225先物・商品先物

相場の原理原則EAは、MT4のプラットフォームで稼動します。

相場の原理原則EAとは

相場の原理原則EAは、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のEAです。(条件付き無料配布)
詳細はこちらをご覧下さい。

株式投資

相場の原理原則(株式)は、トレードステーションのプラットフォームで稼動します。

トレードステーションの口座開設をする

トレードステーションの口座開設がまだの方は、下のバナーをクリックして下さい。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】

相場の原理原則(株式)とは

相場の原理原則(株式)は、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のインジケーターです。
詳細はこちらをご覧下さい。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で