【防災関連銘柄】のテクニカル分析を、投資初心者にも分かりやすく解説してみた

今回は、株探で話題になっていました「防災関連銘柄」について、投資初心者の方でもわかりやすく分析をしていきたいと思います。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

分析する3銘柄

アジア航測(9233)の分析

アジア航測は、災害時は被災地の航空写真などを撮影し、2次被害の防止・局限、地理の空間データを活用した建設コンサルタントを実施する会社です。
需給は標準的な水準ですが、テクニカル指標のRSIが、トレンドライン突破を暗示する様にレジスタンスを抜けてきています。
アジア航測,信用残

アジア航測,RSI

チャートの形を見ていきますと、パターン的には「当初目標」の辺りまで上昇してくる可能性が高そうな感じです。
当初目標に到達後のイメージは、1000円のレジスタンス突破をトライしてくる可能性があります。
もし、1000円のレジスタンスラインを突破し、その後、1000円がサポートとして機能することが確認されれば、テクニカル的には1400円まで上昇することが予想されますが、その手前の1300円付近に分厚い価格帯別出来高のゾーンが控えており、その辺りでは売り圧力が高くなることが予想されます。
アジア航測,目標株価

オオバ(9765)の分析

オオバは、東京電力の関連会社と協業し、電線の地中化を推進する会社です。
千葉などで問題となった大規模停電を防ぐ効果が期待されています。
需給的には信用買い残がよく整理され、上値が軽い状況になっています。
オオバ,信用買い残

チャートの形は、揉み合いを直近で2回、揉み合いをブレイクしています。
そのことから、850円辺りまで上昇していく可能性が高いとみています。
オオバ,目標株価

いであ(9768)の分析

いであは、少し前に話題になった「早期がん診断に繋がる」技術と、CCTVカメラを用いて、水位の状況を監視するシステムを有しています。
需給は標準的ですが、テクニカル指標のRSIは、買われすぎ水準まで到達しており、テクニカル的な目標株価もオーバーしているため、そろそろ調整してくることが予想されます。

調整予想ポイントは、1700円のサポートを割らなければ、1700~1900辺りで揉み合いになるイメージです。
1700円のサポートを割ってきた場合は、1/3押し目1682、1/2押し目1590、2/3押し目1498辺りになりそうです。

相場の原理原則に興味を持たれた方

為替・N225先物・商品先物

相場の原理原則EAは、MT4のプラットフォームで稼動します。

相場の原理原則EAとは

相場の原理原則EAは、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のEAです。(条件付き無料配布)
詳細はこちらをご覧下さい。

株式投資

相場の原理原則(株式)は、トレードステーションのプラットフォームで稼動します。

トレードステーションの口座開設をする

トレードステーションの口座開設がまだの方は、下のバナーをクリックして下さい。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】

相場の原理原則(株式)とは

相場の原理原則(株式)は、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のインジケーターです。
詳細はこちらをご覧下さい。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で