【量子コンピューター】の概要と、関連銘柄で上昇しそうな銘柄を投資初心者にも分かりやすく解説してみた。

今回は今話題の【量子コンピューター】ということで、いつもよりも、少しだけファンダメンタルズ分析に力を入れてみました。
しかし、メインはテクニカル分析です。ファンダメンタルズ分析では、どこで仕掛け、どこまで上昇が期待できるか、分かりませんから。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

量子コンピューターの概要

従来のコンピューターと量子コンピューターの違い
従来のコンピューターと量子コンピューターの違い

従来のコンピューターと量子コンピューターの違い

量子コンピューター,実用化

分析する3銘柄

量子コンピューター関連銘柄

NTT(9432)の分析

NTTは、需給的に売り長の状態になっていますが、直近の5500のレジスタンスは、今まで簡単に上抜けたことが無く、調整してくることが予想されます。
テクニカル的に5500円をブレイクしてくれば、6750~7000円辺りまで上昇してくることが見込まれるので、できれば、5000円辺りで入れるとリスク・リワード的にも1:1.75~2.0の掛け率で戦えるので、この辺りで入りたいですね。
量子コンピューター関連銘柄,NTT

JSR(4185)の分析

JSRは、既にダブルボトムが完成し、2300円に向けて上昇して行っている状況です。
テクニカル指標も、RSIに勢いがあり、需給的にも売り残が積み上がっているため、そのまま目標株価まで到達する可能性もあります。
ダブルボトムの目標株価2300円に到達し、そのまま月足の終値で2100円を超えてきた場合、テクニカル的には700円分の値幅のエネルギーが、2100円に加算されることが予想されます。
量子コンピューター関連銘柄,JSR

YKT(2693)の分析

YKTは、テクニカル的な上昇エネルギーが、なくなっている状況です。
そのため、恐らく、ここから調整が入ってくることが予想されます。

調整予想値をフィボナッチ・リトレイスメントで算出すると、1/3押し目が515、1/2押し目が478、2/3押し目が441辺りが有力な反応しそうな価格帯ということになります。
量子コンピューター関連銘柄,YKT

この予想を可能にしているインジケーター

この右のインジケーターは相場の原理原則インジケーターです。
詳細は、こちらまで




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。