【韓国の後ろ盾】みずほ銀行を分析してみました。【ソフトバンクと一蓮托生】

今話題のある意味韓国関連の銘柄、みずほ銀行を分析してみました。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

みずほ銀行(8411)の銘柄分析

みずほ銀行につきましては、強いサインと弱いサインが同時に出ています。
強いサインは、貸借や信用倍率などの需給です。
貸借倍率は0.54倍、信用倍率は1.67倍ということで、逆日歩こそありませんが、売り長の状況です。
また、信用残の買い残がかなり整理されている反面、売り残は上昇傾向にあります。

需給については上値は軽いという状況です。

弱いサインは、テクニカル指標です。
日足のRSIは80を突破し、十字線を形成しています。
テクニカル指標的には、調整が意識される水準ですので、この十字線を下抜け突破してくると、160円辺りまでジワジワ下落していきそうなイメージがあります。

詳細は動画をご視聴ください。

エリオット波動とチャートパターンの目標値を表示するインジケーター

MT4のチャート上に、高い精度の目標値を表示します。
リスク・リワードをリアルタイムで表示するインジケーターが特典としてついてくるから、
質の高いトレードが自然と身につきます。

ドル円の値動きのシナリオより抜粋




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。