もう一度、改めて東海カーボンを分析してみた

SNSや掲示板で話題だったので、東海カーボンを再分析してみました。




金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

東海カーボン(5301)の銘柄分析

東海カーボンは、チャートの形的にヘッド&ショルダーに見えますが、月足ではペナント下抜け、週足ではウェッジのパターンになっているとみています。
ペナント下抜けであれば、482円付近まで下落することが予想されますが、週足でウェッジパターンが完成すれば、下抜け失敗で1644円付近までの戻し、ウェッジパターンが否定されれば、一旦756円まで下落してから482円を目指すのではないかとみています。

東海カーボン,テクニカル分析

相場の原理原則に興味を持たれた方

為替・N225先物・商品先物

相場の原理原則EAは、MT4のプラットフォームで稼動します。

相場の原理原則EAとは

相場の原理原則EAは、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のEAです。(条件付き無料配布)
詳細はこちらをご覧下さい。

株式投資

相場の原理原則(株式)は、トレードステーションのプラットフォームで稼動します。

トレードステーションの口座開設をする

トレードステーションの口座開設がまだの方は、下のバナーをクリックして下さい。
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【ブレイクアウトストラテジー】

相場の原理原則(株式)とは

相場の原理原則(株式)は、裁量トレーダーのトレードの作戦を支援する半裁量・半自動売買のインジケーターです。
詳細はこちらをご覧下さい。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で