【不祥事発覚!】かんぽ生命がどこまで調整しそうか、相場の原理原則(株式)を使って分析してみた

不祥事で話題のかんぽ生命について、分析してみました。

金こむチャンネル動画

分析内容については↓の動画をご視聴ください

チャンネル登録をよろしくお願いします!!

かんぽ生命(7181)の銘柄分析

顧客に不利な契約を結ばせる営業をしていたとするかんぽ生命の不祥事が発覚しました。
これを機に、顧客を第一に考えた商売の仕方を考えた方がいいですね。多分、社員の評価基準が、顧客に不利な契約を結ばせると高くなってしまう状況になっていたんでしょう。
社員のコンプライアンスが云々と語るよりも、この評価基準を変えないと、恐らくまた発生すると思います。

その点、私の場合は、ユーザーに使われなくなったら終わりというビジネスモデルなので、ユーザーに便利なように色々考えてツールを改良したり、有益な情報を提供したりとしていますので、超健全です。
しつこいラインの営業とかもしてません。
だから、安心してツイッターをフォローしてみて下さい。

ということでかんぽ生命ですが、ぶっちゃけ不祥事発覚の後、これを改めるとなると、かなり、費用などがかかるので、予想を超えて下げることも十分イメージできるんですよね。
あくまで目安ということでお願いします。

現在の株価の位置づけ的には、まだ下げの途中の段階ではありますが、揉み合いになるポイントに位置しています。
イメージ的には150~60円幅の揉み合いのあと、6:4で下抜けしてくると予想しています。

下抜け後の目標株価については、動画をご視聴ください。

かんぽ生命,テクニカル分析

[cc id=34485]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください