士農工商について

サイトの読者層が私と同世代の人が多いということで、今回は『士農工商』について書きたいと思います。ちょっと相場に関係がない事ですが、骨休みということで。




変わっていた歴史の常識

サイト管理人世代が学んだ『歴史』でいわば常識のように、江戸時代に存在した身分制度という意味で教えられてきた『士農工商』ですが、これが実は誤りであり、そういった身分制度は江戸時代に存在しなかったという事実が明らかになったことをご存知でしょうか。

江戸時代当時の「士農工商」の認識について

『士農工商』は、中国から伝わって来た儒教の四字熟語として当時の概念で認知されていたものの、身分制度としては存在していなかったそうです。それでは、『士農工商』とはどういう意味だったのかといえば、士は知識人や役人のことを指し、農業に従事する人、工業に従事する人、商業に従事する人という職業又は市民全体を指す四字熟語であったようです。

江戸時代当時の身分制度について

それでは、江戸時代の身分制度はどうであったかといえば、豊臣秀吉の刀狩以来、兵農分離政策が強化され、曖昧であった武士と農民がはっきりと区別されるようになり、世襲制になりました。一応武士は支配階級として存在はしていたようですが、農工商の差は実はほとんどなく、百姓という言葉の意味は、農村地帯に住んでいる職人・商人を含めた全員を指した意味で使われていたそうです。

<スポンサーリンク>



当時の社会を回想してみる

村社会という文化・社会はあるものの、江戸時代の300年間は、学校で習ったような身分制度で差別されている社会ではなく、平和で比較的平等な世の中だったんだと想像ができます。
現在、学校でも『士農工商』という言葉は教科書からなくなっているそうです。

大きく変わった歴史教科書

今は、鎌倉幕府が「いい国作ろう」1192⇒「いい箱作ろう」1185になり、毛沢東がマオ・ツォートン、フランシスコ・ザビエルがシャビエル、世界一周のマゼランがマガリャンイスと訳が分からなくなるくらい変わっています。

子供の教科書を見るのが楽しみですね。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で