またもやミサイル問題が勃発か?気になる日経相場をP&Fチャートで斬る!

2019年2月27日及び2月28日に行われた米朝首脳会談後、北朝鮮が廃棄を約束したミサイル発射場の再建を進めていると報道されるなど不穏な状況が続いています。日経は北のミサイルの標的とされやすい位置に存在するため、再度「ミサイル・ショック」が相場を襲うことが懸念されます。
今回は荒れる3月相場をファンダメンタルとP&Fチャートを使ったテクニカル分析両面から見ていきたいと思います。





1 3月第2週(SQ週)の日経平均の現状

3月第2週の日経平均は前日比マイナス430.45円である21,025円で引けました。一時21,000円を割り込む場面も見られましたが、21,000円を割ったことによるテクニカル・リバウンド狙いの買いも入らないまま引けたという印象です。
3月のSQ値21,348.40円を割り込んで引けたことから、SQのアノマリーである「引けでSQ値を割り込んだら売り」といったことも日経に買いが入らない要因といえます。
現状を見たところではとても買う気になれない相場状況といえるでしょう。

2 P&Fチャートから見る日経平均

ここではP&Fチャートを活用した日経平均分析を行っていきたいと思います。

① トレンドラインを活用したテクニカル分析

P&Fチャート,テクニカル分析

参考:日経平均P&Fチャート

日経平均のチャートにトレンドラインを引きます。現状「レンジ内」の動きであることがわかります。
ただし2点気になることがあります。
オレンジの1をご覧ください。レンジの天井を付けないところで株価が失速していることがわかります。こういった場合、一般的に「相場が弱い」と判断され売り原因になります。
次にオレンジの2をご覧ください。まだ若干下げ余地があることがお分かりいただけると思いますが、日数が経過するにつけトレンドラインの位置も上昇していきます。ポイントは直近安値18,948.58円付近でW底を作っていけるのかになると考えられます。

② チャート形状を活用したテクニカル分析

P&Fチャート,チャート形状

参考:日経平均P&Fチャート

<スポンサーリンク>



上記の赤い部分をご覧ください。こちら少し変形していますが(右側が高い)Wトップをつけています。24.129.34円―24,448.07円のWトップでネックラインが20,347.49円です。おおよその計算で4,000円幅のWトップといえます。
その後ネックラインを割ったことから日経平均は暴落し、直近安値18,948.58円をつけていますが、計算値的には16,000-17,000円(ネックラインの20,347-4,000円)のレンジまで落ちる可能性があるといえます。
ですから、今回の日経の上昇18,948.58円-20,993.07円はリバウンドである可能性が高いと考えられます。

見てきたように、P&Fチャートからみたテクニカル分析では日経は現状「買えない」という状況であることがお分かりいただけたと思います。

③ 投資における日経平均の目安

毎年のアノマリーですが、3月の権利日付近が直近の底になるケースが高いです。日経平均は現在4連続陰線とまさに「下げ初動」の段階です。ですから、優待目当てに株を購入する場合は権利日まで我慢しましょう。毎年恒例ですが、権利日当日にかっても問題を生じない銘柄が多いからです。
また、直近安値18,948.58円を割った場合底なし沼に突入します。ですから割れてしまった場合は安易な逆張りはやめておいたほうが無難です。
そのうえ、過去の統計から毎年為替がGW付近に暴落する傾向があります。日経平均はハイテク指数です。そのため為替に敏感に反応します。しばらくは様子見が一番の相場展開になると考えられます。

≪日経平均展望まとめ≫
・現在は下げ初動
・3月権利日付近が直近底の可能性が高い
・直近安値18,948.58円を割った場合底なし沼に突入
・為替がGW付近に暴落する傾向が高い
・買い転換は3月のSQ値21,348.40円を超えてから

3 ファンダメンタル分析

テクニカル投資家が「北のミサイルが怖い」は通常ありえません。特にミサイル問題が激化したころはテクニカルで買いサインが点灯した時期と重なっていました。しかし、日経はミサイルに過敏に反応し、特に個人投資家の多い新興市場は大きな打撃を受けることになりました。

このため、筆者はかなりの痛手を負う結果になりました。ですから今回は反省を込めて、北朝鮮の動きを気を付けて観察していきたいと思います。
現在は米朝首脳会談で「制裁」を全く解除できないまま帰国しています。おそらく北側は何らかの成果を期待していたと推測されます。現状北の経済状況は最悪です。早期に第3回の米朝首脳会談の場を設定するなどの「前向き」な進展が欲しい状況です。

また中国の2月貿易統計で輸出入が大きく落ち込み、世界経済減速への懸念されているとの相場解説も見られますが、世界経済はアメリカの独り勝ちの状況ですので、アメリカの数値が大きく下振れなければ問題ないと考えます。

今週は雇用統計が発表になりました。数値的に悪かったにもかかわらず前日比マイナス22.99ドルであり、また為替相場もほぼ影響を受けない状況ですので、相場参加者はあまり気にしていないといった感じではないでしょうか?

このようにファンダメンタルで気になる分野は「北朝鮮の動き」一択ということになるので、今後も注意していきましょう。

今回は日経平均の動きをP&Fチャートを分析して考察してきました。SQ通過から、さらに下へのバイアスがかかると予測されます。ポジション調整に気を付けながら相場に参加していきましょう。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で