4月の為替相場状況~P&Fチャートからの分析

年末年始からの暴落劇から一転し、平和なレンジ相場を形成中のドル円相場。今後相場はどのように動いていくのでしょうか?

今回は分析精度の高いP&Fチャートを活用して4月相場の分析をしていきたいと思います。

 

ドル円をめぐるファンダメンタル的な状況

109.707-112.136と平和なレンジ相場を演じているドル円ですが、ファンダメンタル的な懸念が2つあります。

 

米朝首脳会談

2月に不調に終わった米朝首脳会談。2019年4月11日の米韓首脳会談でアメリカのトランプ大統領が「朝鮮労働党委員長との3回目の米朝首脳会談があり得る」とコメントしています。

この米朝首脳会談が順調に進めば問題ないのですが、会談放棄や再度「不合意」といった事態になると、為替相場が荒れる要因になりかねないので注意が必要です。

 

トランプ米大統領の米連邦準備理事会(FRB)に対する利下げ要求

2019年4月5日トランプ大統領がFRBに対し利下げを要求する旨のコメントを出しています。現在のドル円相場が「突っ込み買い」で安定している理由はドルが高利回り通貨であるからです。

度重なる利下げ要求や、まさかのFRBの利下げ受け入れといった事態になった場合、ドル円は円高方向に舵を向けかねません。

 

見てきたようにドル円相場のキーマンはトランプ大統領であるといえます。ニュースなどでしっかりとトランプ大統領の言動をチェックしていきましょう。

ドル円のテクニカル分析~P&Fチャート

P&Fチャート

参考:ドル円日足P&Fチャート

 

通常のチャートでは「レンジ」に表示されるドル円の日足チャートですが、P&Fチャートでは全く別の顔です。下値がきれいに切りあがっている、上昇トレンド相場になっていることがわかります。

ドル円の攻略方法

前回ドル円のトレードを公開しましたが、買いに入った理由はP&Fチャートのトレンドライン(下値付近)に来たからという理由でした。その後見事に利益を上げることに成功したわけですが、そのくらいP&Fチャートでの相場分析は精密だといえます。

今回も上記の切りあがっているトレンドラインを中心に攻略するのが王道であるといえます。

トレンドラインを主軸にし、トレンドライン付近で買いを入れます。その際にトレンドライン割れ=上昇トレンド崩壊ですので、ロスカット値(逆指値)を一緒に入れてしまいましょう。逆指値を入れることで、損失を最小限に抑えることができます。

トレンドライン付近で購入した場合、そのまま上昇してくれれば問題ありませんが、逆指値にかかった場合は即ショートポジションに転換します。こうすることで、損失以上の利益を出すことができます。

 

ドル円の長期的展望

P&F

参考:ドル円週足P&Fチャート

 

ここでは少しスパンを長めに設定してドル円を見ていきましょう。

2015年にドル円は三尊天井(売りサイン)を付けて下落に転じています。その後はペナントを形成していることがわかります。上記のチャートを見ると一目瞭然ですが、はっきり言っていつペナント放れからのトレンドが出てもおかしくないポイントに差し掛かっています。

この状態から「レンジ」に移行する可能性もありますが、チャート形状から、何かのタイミング次第で円安にトレンド転換する可能性が高いと推測されます。

 

ドル円展望

現在あまり大きく動く気配のないドル円相場。基本は109.707-112.136のレンジ相場です。しっかりとレンジの値をチェックしておきましょう。

またP&Fチャートではレンジよりも早く売買サインが点灯すると考えられます。その場合は臨機応変にトレンドラインを基軸にしたトレードを行っていきましょう。

 

ユーロ円のテクニカル分析~P&Fチャート

ポイント&フィギュアチャート

参考:ユーロ円週足P&Fチャート

 

ユーロ円は週足がわかりやすくなっています。ユーロ円もドル円同様三尊天井⇒ペナント形成をしていることがわかります。しかしよく上のチャートをご覧ください!「下値ブレイクしてませんか?」

ユーロ円はドル円と違って勢いがよいためこういった「誤差」が出やすい通貨ペアなのではっきりと断言はできませんが、注意していきましょう。

ここでは下手な逆張りはせず様子見が一番です。

 

豪ドル円のテクニカル分析~P&Fチャート

ポイント&フィギュア

参考:豪ドル円週足P&Fチャート

 

豪ドル円も週足がわかりやすくなっています。豪ドル円の場合、ドル円とは少し違った動きをしていることがわかります。

Wトップからきれいな下降トレンドを形成しています。そしてこの下降トレンドが続くのか否かは、ここでWボトムを形成することができるのかにかかっています。

逆張りなら77.5以下は丁寧に拾っていく展開ですが、ここではネックラインである89.144を超えたのを確認してからでも遅くないと思います。ネックラインを越えた場合、長期的に豪ドルは100円以上を目指す展開になるからです。

 まとめ

今回はP&Fチャートを使って為替の展望を考えてきました。週足から見た場合、大きなトレンドの転換点に差し掛かっていることがお分かりいただけたと思います。

こういう大きなターニングポイントでは、ポジションを放置したままにすると退場になってしまいます。資金管理にも注意して相場に取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください