RSIの使い方について

RSIとはどんな指標か

RSIはオシレーター系の代表的な指標で、一定期間から割り出した相場の相対的な強さ、相場の勢いを数値で表した指標です。





どういう特徴があるのか

株価の値動きに一致もしくは先行する特徴があり、他のオシレーター系の指標と同様、ボックス圏で力を発揮するものの、強いトレンドの相場では早すぎる『買われすぎ』『売られすぎ』シグナルを出してしまう欠点があります。

RSIは、どのように使用するのか

RSIはパーセンテージで表され、0~100の間で数値が変化します。買いシグナルは20~30、売りシグナルは70~80とされていますが、安全な使い方としては、買う場合はいったんボトムをつけて上昇し、20~30を超えたら買い。売る場合はいったんトップをつけて下落し、70~80を割ったら売るやり方が手堅いです。

また、RSIはチャートと同様にトレンドライン、サポート、レジスタンスを引くことが出来ます。これはチャートのトレンドライン、サポート、レジスタンスといったものと同じ高い信頼性があり、先行性があるという特徴から、株価の値動きの近未来を予測する特徴もあるのでサイト管理人は重宝しています。

RSIの具体的な使用例

RSIは、オシレーター系でありながら、トレンドの方向性について見極めるテクニカル指標としても優秀で、世界中のトレーダーから重宝されています。
見極め方としては、50%ラインより上で推移するトレンドが上昇トレンド、50%より下で推移するトレンドが下降トレンドとされ、実際にRSIの動きもそういう動きになることが多いです。

そのため、上昇トレンド中の50%付近は、サポート的な使われ方を、下降トレンド中の50%付近は、レジスタンス的な使われ方をします。

レンジ相場の場合、30%か70%のポイントに来るまで待つ場合があります。

<RSIの動きの一例>
RSI,使い方

RSIを活用したトレンド相場の場合の使い方

【買いの場合】
RSIが50~70%で推移している場合、50%のポイントで逆張りで買い。
【売りの場合】
RSIが30~50%で推移している場合、50%のポイントで逆張りで売り。

RSIを活用したレンジ相場の場合の使い方

【買いの場合】
●RSIが売られすぎ圏内20~30を脱した時
●RSIが50%水準の上で止まっている時
●RSIが50%ラインを超えた時
【売りの場合】
●RSIが買われすぎ圏内70~80を脱した時
●RSIが50%水準の下で止まっている時
●RSIが50%ラインを割った時

 
<スポンサーリンク>

使えるねっと

値動きと乖離したダイバージェンス

稀にRSIの動きと株価の動きが乖離するダイバージェンスが発生するときがあります。例えば、『株価が安値を更新しているときにRSIが上昇をしている』もしくは、『株価が高値を更新しているときにRSIが下落している。』状況の場合、これは強力なサインであり、相場が反転するというシグナルです。こういった兆候を見つけた場合は、RSIが傾いている方向に仕掛けていきましょう。

RSIの最強サインであるダイバージェンスを検知するインジケーターを、無料で配布しています。

RSIについて、動画説明

RSIを使ったチャートの一例

RSI,使い方

RSIについてのまとめ

RSIは為替や株価の値動きに先行するという特徴があり、とても有用性の高い指標の一つです。
この指標の使い方をマスターして勝てる投資家になっていきましょう。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で