裁量トレードで勝てない理由

裁量トレードとは、売買判断をトレーダー自身の裁量で行うトレードのことです。
株やFXなどの相場の世界でやっていくことを志す場合、最初は裁量トレーダーとしてやっていこうと誰しもが思うと思います。

自分自身の能力一本でのし上がる可能性を見出せる裁量トレードは、初心者が1年以内に姿を消す確率が90%といわれる厳しい世界であると同時に、参入者が後を絶たない非常に魅力的な世界でもあります。




裁量トレーダーは誰にでもなれるが、勝てるのはごく一部

裁量トレード,勝てない
プロ野球選手のような身体能力と運動神経、お医者さんのような専門的な知識と技術などの持ち合わせがなくても、誰でも証券会社に口座を開設して入金をすれば裁量トレーダーになることができます。
車を運転するのにも免許が必要なのに、裁量トレーダーにはそれが必要ありません。

実質、裁量トレーダーになるのに参入障壁はないというのが現実です。

裁量トレーダーは、成功すれば、その報酬は莫大なものになりますが、同時に失敗している人が大多数であるということを忘れてはなりません。

訓練を受けていない裁量トレーダーが蔓延る市場

裁量トレード,勝てない
裁量トレーダーになるための参入障壁が低いと先ほど述べました。
これが何を表すかといえば、市場というのは訓練を受けていない裁量トレーダーが多数を占めるということです。

訓練を受けていないトレーダーは、連勝をすると調子に乗り、含み損が増えるとパニックを起こし、最後は理性を失った状態で大きなロットを入れ、大敗⇒退場します。
一方、訓練を受けているトレーダーは、相場の原理原則、チャートの原理をしっかりと学んでから市場に参入し、その知識をトレードに生かします。

訓練を受けていないトレーダーが多数を占める市場⇒人間の本能がチャート上に反映される⇒よりテクニカル分析通りの動きになる・・・ということです。
テクニカル分析がなんとなく敷居が高いと避けて通っていませんか?

訓練を受けているから勝てる訳ではありませんが、よりトレードで成功する可能性が高いのではないでしょうか。

多くの裁量トレーダーは勝率が高い手法を重視し、生き残り、勝ち続ける裁量トレーダーは損失を管理する技術を重視する

裁量トレード,勝てない
何故、多くの裁量トレーダーに勝率が高い手法が好まれるのかといえば、理由は簡単で「本能」に優しいからです。
販売されているEAで人気があるのは、ほとんどが高勝率タイプのEAであることからも分かるでしょう。

ただ、忘れてはいけないのは、勝率が高くなるに比例して損大利小になるということです。

利益1:損失9なら勝率9割くらいはいきます。
勝率9割なら、トレーダーの感覚的には「ほとんど勝っている」という状態だと思います。

ここでほとんど勝つからと調子に乗ってロットを大きく上げたりすると、恐らく、途端に勝てなくなるかもしれません。
理由は、期待値がプラスとされる勝率9割のトレードルールを守れなくなるからです。

ロットを上げて、もし、負ける場面に遭遇したらどうなるでしょう?
損切りするべき場面で、果たして損切りできるでしょうか?

多分、無理でしょう。
「何で勝率9割なのに、よりによってこんな時に負けるターンが来るんだ!」
こんなことを心の中で叫んでいる姿が目に浮かびませんか?

次にやらかすと想像できるのは、鉄板のコツコツドカンあるあるです。
含み損の建て玉を救出しようとナンピンをしようとしていませんか?
あるいは、この負け分を取り返そうとより大きなロットでトレードをしようとしていませんか?

一度、マウスやスマホから手を離し、次の言葉を繰り返してみてください。
「損失をコントロールし、資金を守ることが出来れば、市場で再び取り返していけるチャンスはある。」
冷静になれましたか?

どんなに訓練された優れたトレーダーであっても、トレードから感情を完全に排除することは難しいとされています。

だからこそ、この損失を管理する技術は、裁量トレーダーにとって勝ち残るために必須の技術だと考えます。

<スポンサーリンク>



裁量で勝てないトレーダーは、事前の準備を怠る

裁量トレード,勝てない

恐らく、トレードの世界に入りたいと思う一番の理由は、「楽をして稼ぎたい」という考え方がどこかにあるのではないかと思います。

確かに会社勤めの時の様に人間関係に悩まされたりすることはありません。
仕事のプレッシャーや束縛などからは解放されるでしょう。

会社を退職しトレーダーになるということは、裁量トレーダーという「仕事」に就職をするということです。仕事ということで敢えて例えるのであれば、トレーダーは料理人の仕事に似ています。

毎日、市場でチャートの目利きをし、そのチャートから発信される情報という食材を仕入れ、トレードプランという仕込みをしていきます。
修行中は、チャートの目利きの精度が低く、情報の捉え方、仕込みが上手くいかないもしれませんが、慣れてくるにつれ精度が増し、準備の質が上がっていきます。

準備の質が上がれば、あとは食材にあったトレードルールという調理法、レシピという規律に従って料理する。ここで初めてトレーダーとしての腕次第を見せられるということです。
料理がおいしければ、贔屓にする常連客が増え、徐々に仕事が軌道に乗っていくでしょう。

トレーダーという仕事で利益を得ていくということは、これを毎日繰り返していかなければならないを意味します。
決して楽ではありません。
(目利きと食材の仕入れはこちらでやっています。)

どれか1つでも怠れば、結果として資金を減らしてしまいます。

どんな仕事も、楽をしてお金を得られるものはありません

裁量トレーダーがチャートから最低限受け取るべき情報

裁量トレーダーは、一種の職人です。というより、職人でなければなりません。

腕の良い職人は、チャートから発信される情報を見て、どういう戦い方をすれば確率が高いのか、豊富な経験と知識をもって手際よくトレードをするプランを組み立てていきます。

チャートからどんな情報を受け取ればいいかといえば、サイト管理人の意見としては、次の5項目が最低受け取るべきものだと考えています。

1 トレンドの方向性
2 論理的に適切な仕掛けるタイミング(仕掛けるレート)
3 論理的に適切な仕掛ける方法(逆指値、逆張り、終値ブレイク)
4 リスクと現実的な利益目標値
5 損切を決心するポイント

職人に近づいていく為、これらの分析した内容を紙か何かに書き出し、後で振り返ってフィードバックさせていくことも重要です。

事前に分析した内容に基づいて仕掛け、トレードルールに従って手仕舞う

事前に描いたストーリー通りに動けば、ホールド
事前に描いたストーリーと違えば、ロスカットをする。

これは実際は簡単ではありません。
お金という実弾を伴ったトレードを行う場合、リアルに含み損が増えたり、含み益が減ったり、含み益から含み損になったりする状況に直面します。

事前に描いたストーリーというのは、建て玉を持っていない中立な状況で行った分析です。
ですから、仕掛けた後、ポジションを持った後に感じる願望や恐怖の混じった分析とは格段に精度が違います。このことは理解をしていて下さい。

ポジションを持ったらチャートを見たくなるのが裁量トレーダーの性ですが、チャートを見続けてしまうと、願望や恐怖といったメンタルのノイズにやられてしまう確率が上がります。

ここで登場するのが、トレードルールです。

ポジションを持った後は、トレードルールに従うことに集中する。

この際、利益の大小・損失の大小は関係なく、トレードルールに従ったかどうかでトレードが成功したかどうか評価していくという考え方が大切です。

裁量トレーダーが直面する不調期の脱出法

裁量トレード,勝てない
チャートがある程度読めるようになり自信がついてくると、トレーダーは市場のリアルな動きではなく、チャートを分析した内容が頭から離れなくなって、相場に先入観を持ってしまうことがあります。

それが上手くいってトレードが利益につながることもありますが、「先入観」が損切り判断を鈍らせたり、「先入観」によって仕掛けるべきポイントで仕掛けられなかったりと、トレードの大きな弊害になることもあります。

こうして先入観と実際の相場の動きに違和感を感じてくると、今度は迷いや疑念が生じはじめてしまいます。

ここまでくると、自分自身の分析やトレード・ルールに自信を失って、トレードの規律が守れなくなる状況になっているかもしれません。不調期到来というわけです。

こういう場合、どうすればいいのか。
経験則的には、まずはロットを落とし、自分の相場観ではなく市場の動きについていくという本来の戦い方に立ち返ることが、不調期脱出の近道になります。

不調期なのに、わざわざ通常ロットで戦う必要はありません。
自分の相場観に曇りが出ているのであれば、実際の市場の動きについていくという考え方が合理的です。

裁量トレードで勝てない理由・まとめ

いかがでしたでしょうか。
裁量トレーダーが勝てない理由について分析し、裁量トレーダーが勝つために必要な内容を簡単にまとめて記事にしましたが、いくつか核心をついてる部分もあったと思います。

裁量トレードは、誰でも参入できるが勝てるトレーダーはごく一部である。
リスクが高く難しい裁量トレーダーという職業で利益を継続的に得ていく為には、まず相場の原理原則、チャートの原理をしっかりと学んでから市場に参入し、その知識をトレードに生かしていかなければならない。

学んだ知識をトレードに生かすためには、事前の準備と規律に従う事、そして、上手に負ける戦い方が重要である。
これらについては、普段のトレードからフィードバックし、その精度を高めていかなければならない。

このことが勝てない裁量トレーダーから継続的に市場から利益を上げることが出来る裁量トレーダーに変わることができる方法であると考える。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で