P&F(ポイント&フィギュア)チャートとは?~分析方法の基礎理論


上記は日経平均の動きをP&Fチャートで表したものです。一般的に使われているようなろうそく足のチャートと異なり、P&Fチャートは〇と×で株価推移が表現されていることが分かります。今回はこのP&Fチャートの基礎理論のご紹介と実際の利用方法を解説していきたいと思います。




P&Fチャートの概要

P&Fチャートの概要について、次の項目で説明いたします。

① P&Fチャートとは?

P&Fチャートとは、あらかじめ決めた値幅以上に値上がりor値下がりした場合にチャートに×(値上がり)と〇(値下がり)を記載していくチャート理論のことです。

② P&Fチャートの特徴

P&Fチャートはあらかじめ決めた値幅以上に値上がりor値下がりした場合のみ記載していくため「時間」の概念がないチャートであるといえます。
一般的なチャートの場合、日足なら1日の値動きを週足なら1週間の値動きをチャートに記載していきます。しかしP&Fチャートの場合は時間を無視し、「幅値」があった日のみ記載していくため純粋に値動きの特徴だけを把握することが可能です。

③ P&Fチャートの具体例

実際にP&Fチャートはどのように作成していけばよいのでしょうか?

ⅰ 銘柄と幅値を決める
A銘柄が株価1,000円の場合、A銘柄が20円以上(2%)以上動いた日だけを記載していきます。
この幅値の設定は自分で行うことになります。一般的にP&Fチャートは大きな幅値が期待できる銘柄に投資するときに便利なチャートですので、値幅が少なすぎるとフェイクは発生しやすくなります。ですから2~3%の幅値で設定すると、リターン率の高い投資ポイントを探しやすくなるのでオススメです。

ⅱ A銘柄の値動きと具体例なP&Fチャートへの記載方法

A銘柄が20円以上(2%)以上動いた日だけを記載すると幅値を決めた場合。幅値が20円以下の場合はチャートに何も記載することはありません。

見てきたようにP&Fチャートは短期スイングなど大きな値動きが期待できる銘柄向きのテクニカル分析方法であるといえます。

<スポンサーリンク>



P&Fチャートを活用したパターン分析方法

ここでは実際にP&Fチャートを活用したパターン分析方法をご紹介していきたいと思います。

① 買いサイン

P&Fチャートからわかる買いサインをご紹介していきます。

ⅰ Wボトム
P&Fチャート,ダブルボトム

上記は典型的な買いサインであるWボトムです。P&Fチャートでも当然Wボトムは買いサインとして活用することができます。
この場合ネックラインを確実にブレイクした青の矢印のタイミングでポジションをとっていくことになります。

ⅱ レンジブレイク
P&Fチャート,レンジブレイク

強い買いサインであるレンジブレイクはP&Fチャートでも活用することができます。上記は下落トレンドのトレンドラインをブレイクした場合の値動きです。レンジブレイクとともに出来高を伴った強いかいが入っていることが分かります。
実際にポジションを取る場合は底値を狙わずに、トレンドラインをブレイクした青い矢印の場面でポジションをとることで低リスクで大きなリターンを得ることが可能です。

ⅲ 持合いの放れ
P&Fチャート,持ち合いの放れ

持合いの放れも強い買いサインといえます。この場合持合いを上抜けた青の矢印からポジションをとっていくことになります。
持合いで重要なことは「持合いの期間」です。上記は1998年~2013年と15年間も持合いが続いていたことが分かります。「持合いの期間=パワー」ですので、持合いのブレイク後、長いスパンで上昇トレンドが継続していることが分かります。

ⅳ 逆三尊
P&Fチャート,逆三尊

上記は典型的な逆三尊が描かれています。長期チャートで逆三尊が形成された場合非常に強い買いサインになります。こういった手法はP&Fチャートでも活用することができます。
実際にポジションを取る場合は緑の矢印(ネックライン)を超えたところでポジションを構築していくことになります。よって、青の矢印の場面でポジションを取りましょう。

② 売りサイン

ⅰ Wトップ
P&Fチャート,ダブルトップ

上記は典型的な売りサインであるWトップです。Wトップが出現した場合、(ネックライン:緑の矢印を割った場合)天井を形成した可能性が高いため、持ち高を利確していくことになります。
実際での利確はネックライン割れからの「戻り」である水色の矢印を狙って利確していくことになります。
またWトップ同様三尊天井が出現した場合も売りサインになります。

ⅱ トレンドブレイク
P&Fチャート,トレンドブレイク

上記のように長期で形成してきたトレンドラインが崩れた場合、トレンド転換=売りに目線をシフトしていくことになります。
実際のポジションはトレンドライン割れで利確(もしくは空売り)していくことになります。

P&F(ポイント&フィギュア)チャートとは?~分析方法の基礎理論・まとめ

今回はこのP&Fチャートの基礎理論のご紹介と実際の利用方法を解説してきました。P&Fチャートでも従来のテクニカル分析方法であるWトップやトレンドブレイクをそのまま活用することができます。
P&Fチャートの場合監視ポイントが非常に少ないため、比較的投資初心者でも簡単にP&Fチャートを作成することができます。
便利なP&Fチャートを利用して、低リスクで高いリターンをあげてみませんか。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で