資金管理と最大許容リスク

資金管理は、相場で生き残っていくために絶対に避けて通れない技術です。
この技術を習得できなければ、相場では生き残っていくことは不可能でしょう。

今回は、資金管理について述べていきます。





1トレード当たりの最大許容リスク

資金管理について、トレードに賭けるリスクとして一般的に理想とされているのは、1トレード当たり資金比にして2%といわれています。
これは、例えばリスクに晒していいトレードに使える資金が100万円あった場合、1トレードで失える資金は、最大で2万円以下ということです。

10万円で2000円・・・
1万円で200円・・・

思ったより少ないですよね?

しかし、今、リスク・リワードで勝負するというトレードにチャレンジをしているからには、できる限り、リスクを小さくし、学びの期間を入れることが重要になります。

トレードを学習する上で、学習曲線を意識する

リスク・リワードで勝負し、トータルでプラスを狙うトレードの場合、基本的には勝率は50%前後になります。

そう考えると、リスクをできる限り小さくすることは、生き残ることに直結します。

下の表は、一般的に人間があることを学び、成果を出すための成長曲線です。

トレードを実践する中で、トライ&エラーを繰り返しながら、最初は失敗や成功などから学びを得て、成果が出るまでの期間を意識することが重要です。

今は結果を出すための準備期間。

自分の【理想とのギャップ】に苦しくなることもあるかもしれませんが、進んでいれば、必ず結果はついてきます。

私自身もそうでした。

焦りは禁物!準備期間をしっかり取って土台を作る

どんなトレーダーにも、学びの期間はあります。

トレードで勝つようになるための準備期間です。

その過程で、大きなリスクを賭け、決定的な敗戦を喫してしまうと、立ち直るまでに相当のパフォーマンスを上げなくてはならなくなります。

下の表は、失った資金を取り戻す場合に必要なリターンを表したモノです。

大きなリターンを狙う場合、理性が効いたトレードができなくなる可能性が高くなります。

まずは、土台を作っていって下さい。

リターン=成果は後からついてきます。




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。