RSIを使いこなして、裁量トレードを極めていこう

インジケーター信奉者は結構いますが、実は私自身はあまり信用していません。
私の株やFXの値動きを予想する動画を視聴されている方の中にたまに驚かれる方もいますが、私が使用しているチャート内には移動平均線もなければ、ボリンジャーバンドや一目均衡表などもなく、わずかにRSIが表示されている程度になっています。(最近、ストキャスティックスを入れただけです。)




<動画のチャート分析の状況>
RSI,マルチタイムフレーム

逆を言うと、これだけインジケーターを信用していない私ですら、RSIはインジケーターとして信頼性が高いと考えています。

RSIの使い方

その信頼性の高いRSIですが、どんな風に使われているかといえば、一般的には、買われすぎと売られすぎを判定する指標として使われています。

テクニカル分析の補助ツールとして使用されるテクニカル指標には、買われすぎ売られすぎを知らせるオシレーター系の指標と、トレンドの方向性を知らせるトレンドフォロー系の指標がありますが、RSIは前者の部類に属します。

オシレーター系はレンジ相場に強いとされる一方、トレンド相場には早すぎる買われすぎや売られすぎのサインを発報します。
トレンドフォロー系はトレンド相場に強いとされる一方、レンジ相場では買いサイン・売りサインが騙しを連発します。

RSIは万能に使える

一般的にRSIは買われすぎ水準、売られすぎ水準について、計数的な尺度をもって把握することが出来る優れたテクニカル指標であり、実際、多くの方がその使い方をしています。
その精度は、トレンド相場では危険なタイミングで買われすぎ売られすぎのサインを発報してしまうストキャスティックスよりも数段優れているといえます。

しかし、私はRSIをトレンドを把握する指標としても使用しています。

それは、RSIには次の特徴を有しているからです。

1 トレンドの状況を表す
2 相場に一致または先行する

1の特徴を簡単に説明をしますと、RSIは上昇トレンド時は50~70の間を往来し、70~80に近づくと上昇が止まって調整が始まり、50に近づくと調整が終わって反発をします。
下降トレンド時は30~50を往来し、30~20に近づくと下落が止まって調整が始まり、50に近づくと調整が終わって反落をします。

2の特徴は、RSIはまれに相場のブレイクする方向を暗示することがあります。
下の画像は、RSIの先行性の特徴が出ている画像です。
RSI,先行性

基本的にRSIは、相場の一致してトレンドラインを維持したり、株価やレートの上下動に連動をしますが、時折、実際の値動きとRSIが乖離するダイバージェンス状態が現出します。
このダイバージェンス状態は、世界中のトレーダーが注目しており、強力なサインとして高い確度を有しています。

つまり、RSIはそれ一つでレンジ相場にもトレンド相場にも対応できる優れたテクニカル指標といえると思います。

私が思っていても、実例を見ないと納得されない方がいると思いますので、実例を挙げてみましょう。

RSIのトレンド判定ですが、4時間足のRSIでトレンドを把握。4時間足のRSIが50以上+15分足のRSIが70到達で上昇トレンド判定、4時間足のRSIが50以下+15分足のRSIが30到達で下降トレンド判定という前提です。

<スポンサーリンク>



<RSIでトレンド把握をした事例>

RSI,マルチタイムフレーム

<トレンドフォロー系の指標・単純移動平均(5・20)でトレンド把握をした事例>

RSI,マルチタイムフレーム

これは決して単純移動平均の周期をわざわざ辻褄が合うようにしたわけではありません。
トレンド相場が苦手とされるオシレーター系のRSIの方が、騙しが少なくトレンドを捉えているのが分かると思います。

皆様もご自身のチャートで確認をしてみてください。

RSIをマルチタイムフレームで把握するインジケーターを無料配布

RSIをマルチタイムフレーム(複数の時間軸)で把握するのは、実際、複数のPCモニターがない限り難しいところがあります。
しかし、先ほどの「RSIでトレンド把握をした事例」の下の画像のように、1つのチャートで把握できれば便利ですよね?

当サイトでは、無料でマルチタイムフレームでRSIを把握するインジケーター(MT4専用)を配布しています。
興味のある方は、こちらで配布していますので、ダウンロードしてみてください。

このインジケーターは、サイト管理人が開発者に依頼し、しっかり料金を支払って作成していただいたモノです。
RSI,マルチタイムフレーム
プログラムをコーディングしたソースコードがないとこうした表示は出ません。

何故?無料で配布をするのか・・・

それは、当サイトの主力商品の一つに「相場の原理原則EA」があり、このEAも条件付きで無料配布していますが、裁量トレーダーの方が勝たないと成り立たないビジネスモデルであるためです。

そして、優位性のあることはドンドン情報発信し、裁量トレーダーのためになるサイトとしてブランドを確立していくためにやっています。

できれば、参加しているランキングのバナー(知名度向上のため)を押していただけると、またこういったインジケーターを作成することが可能になりますのでうれしいです。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で