FXの豆知識。ダブルボトムを形成する相場心理とは?

ダブルボトムは、見つけやすいチャートパターンです。そのため、多くのトレーダーが意識しています。
知っているようで理解していない方が多いダブルボトムですが、
「相場の心理」や「形成される理由」また「基礎知識」や「具体的な使い方」は、どうなっているのでしょうか?




そもそもダブルボトムとは?

ダブルボトムは、ローソク足を使ったチャートパターンです。基本的には「下落トレンドが終わるサイン」として意識され、ネックラインをブレイクすれば「下落トレンド終了」となり、反転下落した場合は「下落継続」の目安になります。

また、ダブルボトムを形成するときの「戻り高値」に水平線を引くことで、ネックラインになります。
そのため、ブレイクとは「戻り高値を上抜けすること」を意味するので、高値更新するほどの上昇の勢いがないと成立しません。

チャート上にダブルボトムが形成されているからといって、必ずしもブレイクするわけではなく、ネックラインで反転するケースもありますので、安易に買いエントリーしないようにしましょう。

ダブルボトムは3種類ある

ダブルボトムのネックラインは水平線になりますが、「2つの安値」はレート価格により、3種類に分けられます。
まず「安値を切り上げた場合」次に「安値が同レート価格だった場合」最後に「安値を切り下げた場合」で形が変わります。

ダブルボトムを形成する場合、安値同士を結んだラインが、安値切り上げは「/」となり、安値切り下げは「\」また、同レート価格は「―」となります。

どのラインであっても「ネックラインで反転・ブレイクするか」に注目が集まりますが、きれいな形のダブルボトムの方が、意識されている(より多くのトレーダーが気づく)ため、大きくレートが動く可能性があります。

ダブルボトム・安値を切り上げた場合の事例

ダブルボトム,市場心理

ダブルボトム・安値が同レート価格だった場合の事例

ダブルボトム,市場心理

ダブルボトム・安値を切り下げた場合の事例

ダブルボトム,市場心理

投資家の心理がチャートで読める?

ダブルボトムが形成される「過程」を考えることで、市場に参加している投資家(トレーダー)の心理がわかります。
まず下落トレンドが続いていると、このまま下落が加速するのか、レンジ相場になるか、反転上昇するかなど、様々な思惑があります。

具体的には、スクエア(ポジションを持っていない)状態で待機している人は、エントリーポイントを探しており、
すでに売りエントリーしている方は、どのラインで決済(利確)するか判断しています。
また、買いエントリーの含み損がある方は「ダブルボトムのネックラインをブレイクしなかったら」下落が続くと見通して損切りすることもあります。

このように、トレーダーごとに思惑がある中で「下落は続かない」や「ここで反転上昇させた方が値幅がある」

また「にわかの売りエントリーを損切りさせよう」や「レート価格が安すぎる」といった、上昇派の勢いが強いと「安値切り上げ型」のダブルボトムのように、安値更新することなくネックラインを越えて、反転上昇することがあります。

ネックラインを越えると「売りエントリーしていた方の利確=買い注文」や「下落が続くとみて、新規売りエントリーしていた方の損切り=買い注文」
また「ネックライン越えを待っていた新規の買い注文」があわさることで、下落トレンドが終了することになります。

ダブルボトムが形成される理由

相場参加者の様々な思惑により、ダブルボトムは形成されます。
基本的に「下落トレンドを終わらせたい」や「レート価格が安すぎる」と考えているトレーダーが多いほど、サポートラインが厚くなります。

例えば「いつ反転上昇するか」や「そろそろ底打ちか」また「安過ぎるから買いたい」や「売りポジションを利確したい」など、底値を支える要因が多いほど、サポートラインが厚くなり「安値更新することなく」反転上昇することになります。

また、大口のトレーダーや機関投資家が、大量の資金を投入して「チャートを描いている」こともあります。
ダブルボトムはFX初心者の方も知っているメジャーなテクニカルですので、チャート上に形成されると
「そろそろ底打ちか」や「買いエントリーの準備をしておこう」など、下落トレンドが終わるのでは?と意識する方が多くなり、下落の勢いが鈍くなることで、「反転上昇させる」ことがあります。

ダブルボトムと似たチャートパターン

ダブルボトムには「ダブルトップ」や「トリプルボトム・トップ」また「ヘッド&ショルダー」など、形が似ているチャートパターンがあります。それぞれに、どんな違いがあるのでしょうか?

ダブルトップとは?

ダブルトップとは「上昇トレンドが終わるサイン」として意識される、ローソク足テクニカルです。
ダブルボトムは「安値圏」に出現しますが、ダブルトップは反対に「高値圏」で形成されます。

使い方はダブルトップと同じですが、「押し安値」にネックラインを引くことになります。
ネックラインを「ブレイク・反転するか」によって、反転下落あるいは、上昇トレンド継続をはかる目安になります。

また、ダブルボトムは「W」の形になり、ダブルトップは「M」の形になります。

ダブルトップについて、詳細が書かれた記事はこちら

トリプルボトム(トップ)とは?

トリプルボトムは、下落トレンドの「2つの戻り高値」がネックラインになり、「下落トレンドの終わり」の目安になります。
ダブルボトムは「1つの戻り高値」に水平線を引きますが、トリプルボトムは2つの戻り高値を結んでネックラインとします。

基本的には、ダブルボトムを形成中に「ここでブレイクしたら下落トレンドが終わる」タイミングで上抜けできなかった場合、「ダブルボトム形成が失敗した」と判断され、そこから安値をつけようと再度下落したが、底値も固い(サポートが厚い)ため、再びネックラインをブレイクするために上昇することで、トリプルボトムになります。

つまり、ダブルボトムよりも「上昇・下落の往復」が1つ多いことになります。
トリプルトップも同じ考え方で「上昇トレンドの終わり」をはかる目安として使用できます。

ヘッド&ショルダーとは違う?

有名なローソク足テクニカルの「ヘッド&ショルダー」と同じだと思っている方がいますが、違いがあります。
ヘッド&ショルダーは「山型の真ん中が最高値」の必要がありますが、トリプルトップは決まりがありません。

どちらも似た形なので、見分けづらいこともありますが、ヘッド&ショルダーの方が形成される条件が厳しい特徴があり、
少し形が崩れる(真ん中が最高値ではなくなる)と、トリプルトップとして意識されます。

そのため、形成する条件が厳しいヘッド&ショルダーの方が、トレードチャンス(エントリーポイント)として意識される方が多くなります。

逆ヘッド&ショルダーについて、詳細が書かれた記事はこちら

ポンド円の値動き

この有料記事は、アフィリエイター登録で安くなります。

ポンド円のシナリオは、アフィリエイト報酬を70%に設定しています。
1記事400円⇒280円返ってきます!
この機会にアフィリエイター登録はいかがですか。(バナーをクリックしてください。)

優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!

FX投資情報コミュニティfx-on.com

ダブルボトムの使い方

ダブルボトムは、ネックラインで「反転」あるいは「ブレイク」するかによって、売りと買いの双方で使えます。
ブレイクするなら「底打ちのサイン」なので上昇、反転するなら「ダブルボトムの形成失敗」なので下落の目安になります。

また、チャート上に形成されたダブルボトムが、きれいで見やすいほど「意識している/見つける」方が多く、値幅(ボラティリティ)が期待できるため、トレードチャンスになります。

それでは、具体的にどんな使い方があるのかみていきましょう。

フィボナッチとあわせて使う

ダブルボトムを使ったトレード手法は「フィボナッチリトレースメント」と相性が良いため、積極的に取り入れてみましょう。
フィボナッチは「23.6%」「38.2%」「50%」「61.8%」を意識するトレード手法です。

ダブルボトムとあわせて使う場合は、最安値と戻り高値を「0%」と「100%」に設定して、フィボナッチのどのライン(23.8%・38.2%・50%・61.8%)で、反転あるいは上昇するかをはかる目安になります。

例えば、ドル/円のチャート上にダブルボトムが形成されたとします。
為替レートの価格は、最安値が「111.845」戻り高値が「112.672」の場合、フィボナッチでみた反転(レジスタンス)ラインは、23.8%が「112.042」38.2%は「112.165」50%は「112.255」61.8%は「112.358」となります。

また、フィボナッチは「このラインを下抜けたらダブルボトム形成が失敗になる」と、反転(サポート)ラインにより予測でき、レート価格の底打ちが終わっていないと判断する材料になります。

ダブルボトムは、ネックラインで反転あるいはブレイク(上昇)することで方向感が決まりますが、フィボナッチとあわせることで、より明確に「このラインを抜けたら相場が動く」というタイミングを把握することができます。

ダブルボトム,市場心理

トレード手法①買いエントリー

ダブルボトムで買いエントリーする場合は、ネックラインをブレイクするのを待ちかまえて、順張りする手法があります。
あるいは、これ以上レート価格が下がるのは行きすぎていると判断し、底値付近で逆張りの買いエントリーすることもできます。

逆張りの場合は、「これからダブルボトムを形成するであろう」という見込みがないと、意味のない逆張りになってしまいます。
そのため下落トレンドの強弱、サポートラインの強度、中長期でみた相場の方向性を把握する必要があります。

また、ネックラインをブレイクすることで「底打ち」を確認するまでは、リスクが高い傾向がありますので、
堅実にトレードしたい方は「しっかりとネックラインを越えた」ことを確認してから、順張り(押し目買い)するようにしましょう。

トレード手法②売りエントリー

ダブルボトムで売りエントリーする場合は、フィボナッチの戻しラインを下抜けたタイミングで売りエントリーすることになります。
とくに意識されるのは、最安値と戻り高値を「0%」と「100%」とした場合の「50%」と「61.8%」のレート価格です。

このラインを下抜けると「ダブルボトムの形成が失敗した」と判断され、安値更新に向けて下落が強まる可能性があります。
ダブルボトムの形成が失敗すると、「上昇を見込んでいた買い注文」の反対売買(損切り)によって、急落することもあります。

トレードチャンスではありますが、値動きが荒くなるリスクもありますので、エントリータイミングを待つようにしましょう。

まとめ

ダブルボトムを形成する相場心理の「理由」や「基礎知識」また「チャートの読み方」や「ダブルボトムを使ったトレード手法」
について解説しました。チャート上にダブルボトムが形成されると、トレーダーが意識することで、セオリー通りの値動きになることがあります。

FX初心者の方は、ダマシに注意しながらトレードの質を高めるために、エントリー&決済の目安として利用してみましょう。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で