トレードで継続的に勝つ為に必要なこと

裁量トレードで株式投資をやってみたいけど・・・

「どこで手仕舞っていいのかが分からない。」
「利を伸ばすのが難しい。」と感じている方は多いと思います。

そういった方こそ、この記事を読んでください。

トレードで継続的に勝つ為には、考え方が重要

「利を伸ばすこと」
トレードで継続的に勝っていく為には、利が乗ったトレードを、伸ばしていく知識と技術が必要です。
「この波はどこまで伸び、どこで降りるのが最適か?」
これのみに焦点を絞り、徹底的に研究してきました。

本題に入る前に、トレードで継続的に勝つ為の3つ考え方をしっかり理解してください。

トレードで継続的に勝つ為には、リスクを恐れる考え方よりもリスクを受け入れる考え方が必要

相場の世界で利を大きく伸ばしていくためには、損切りやストップの幅も大きく取らなければなりません。
何故ならリスクを恐れてストップを浅くすれば、たちまち相場のノイズでストップが刈られ、負けなくてもいいトレードで負けてしまうからです。

リスクを恐れると言うことは、つまりランダムやノイズで勝負することを意味します。
それでは、結局パチンコやスロットと同じギャンブルと変わらないですよね?

上がるか下がるかは、確率は1/2です。

その中で、リスク・リワードと勝率のバランスから期待値を割り出し、必然的に勝つという考え方が重要になります。

トレードで継続的に勝つ為には、ルールに従い、ルールに則って市場に任せ、利を伸ばす考え方が必要

損切りやストップの幅を大きく取れば、当然、含み益だった建玉が含み損に変化したり、含み益が大きく目減りしたりすることもあります。

そして、その中には、それなりに大きな含み益だったトレードが、損切りで終わってしまうことも出てくるでしょう。
これを完全に防ぐ方法は、結論から言えばありません

損失をしっかりとコントロールし、利益はルールに則って市場に任せ、決められたポイントまで利が伸びなければ、「負けを認める」という割り切りが必要です。

トレードで継続的に勝つ為には、目標値を追求する握力と最後の1円までと欲張らないバランスの考え方が必要

市場はランダムに動いているように見えますが、実はある程度の法則性をもって動くことが多いです。
特に初動に多くの市場参加者が入るなどして大きな出来高を伴った場合は、この法則性で動く確率が高くなります。

利益の最大化を狙うためには、この法則性を使わない手はないわけですが、当然、相場の値動きの中には騙しがあったり、イレギュラーが起こって法則通りに動かないこともしばしば起こります。

ここで重要となってくるのが柔軟さです。
市場には法則性があるからと頑なに目標値を追求しても、目標値を決めるのは法則性でも裁量トレーダーでもなく、市場であることを忘れてはいけません。

法則性という知恵を使って、リスクに見合った適正な目標を追求しつつも、市場が出した回答に逆らわず付いていくというバランス感覚が重要です。

トレードは、人間が考える常識は通用しない

トレードは皆さんが考える常識は一切通用しません。

「買うのは安くなってから」
「できるだけ高いところで空売りをしたい」

間違っていないかもしれませんが、何を持って「安い」のか、どうしてその水準が「高い」のか・・・
その尺度を明確に持っていない知識の装備で、この感覚でトレードをするのは危険です。

市場心理を考えてトレードしているか?

ここに一例を出してみますので、その当時のトレーダーの心理を考えてみてください。

●貴方はある銘柄で買いを狙っています。
●ある銘柄をAとします。
●Aは大きな陽線で引けましたが、貴方は買うタイミングがなく買えませんでした。
●次の日、Aは少し安く寄りついてから、前日の安値を割ってきました。

この時点で貴方は買いますか?
「買うのは安くなってから」の感覚なら「買い」でしょう。

しかし、一歩下がって市場心理を考えると、大きな陽線の安値を割ってくるということは、前日「買い」で入って、まだ手仕舞ってないトレーダーは全員含み損になってしまっています。
この状況で、含み損を抱えてしまったトレーダーの心理はどうでしょう?

「しまった。高値掴みをさせられたかもしれない。」
「少しでも戻したら売りたい。」
「頼む!買値まで戻ってきてくれ!」

多分、こんな感じで早くAを手放したい気持ちになっているでしょう。

●少しでも戻したら売られる=上値は重くて限定的
●安値を更新すれば、含み損を抱えて余裕のない買い方の損切り売りが出る。

さて、この市場心理が背景にある環境で、買ってくるトレーダーが有利でしょうか?空売りを仕掛けてくるトレーダーが有利でしょうか?

この状況を要約すると上値は限定的で、安値を更新すれば、下に株価が走る
当然、圧倒的に空売りを仕掛ける方が有利になります。

市場心理を統計を取って体系化した知識が相場の原理原則

トレードで継続的に勝ち続けていくためには、市場心理をイメージしておくと勝ちやすいのはご理解頂けたかと思います。
株価やレートを決めるのは、その銘柄の価値や通貨の価値、通貨ペアの相関関係ではありません。 ズバリ市場心理です。

しかし、市場心理の有用性を理解したところで、チャートを見ながら市場心理を一つ一つ分析し、箇条書きにして文章で書き出すのは、かなり大変です。

ここで、
「こういう場面では市場心理がこう働くことが多かった。」
「過去、この形がチャート上に現れたとき、市場心理がこうなった。」

など、市場心理の統計を取って体系化した相場の原理原則を使いこなすことが出来るようになれば、株価やレートの値動きなどを至短時間でイメージしていくことが可能になります。

トレードで継続的に勝つ為に、相場の原理原則を知ることが重要

「トレードで継続的に勝つ為には、考え方が重要」の中で市場の値動きには法則性があると書きました。
市場の値動きに法則性があるということと株価やレートを決めるのは市場心理であることは密接に関係しています。

つまり、相場の原理原則を学ぶこと=市場の値動きの法則性を理解することに繋がります。

チャートパターンやフィボナッチリトレイスメント、サポートやレジスタンス、チャネルライン及びエリオット波動理論など、市場の値動きの法則性や相場の原理原則を理解する上で重要な知識となりますので、勉強していく必要があります。

「値動きの尺度に自信がない。」「ついルールを破ってしまう。」を対策する

下の画像は、相場の原理原則(株式)というツールを使用し、目標値をチャート上にアウトプットしている状況です。

<エリオット波動の事例>
トレード,勝ち方

<チャートパターンの事例>
裁量トレード,勝ち方

この相場の原理原則(株式)は、簡単なUI操作で「エリオット波動の起点」や「チャートパターン」を形成している部分をツールに認識させることで、尺度に自信がなくても目標株価を視覚的に把握することが可能です。

エリオット波動の波動認識やフィボナッチ比率の計算、チャートパターンの目標値の算出などの手間を省き、「エリオット波動の起点」と「チャートパターン」の認識のみに焦点を絞ることが出来ます。
(これすらも面倒という方は、完全無裁量の自動売買の方がいいと思います。)

また、このツールでエントリーすれば、予め設定したトレードルールに従い、チャートを見なくても自動でエグジットをしてくれます。

チャートを見るとついルールを破ってしまう方も、ルールを守りやすくなります。

高精度の目標値設定と到達状況に合わせて適度な深さを保ち移動するストップ

人間の本能として、目の前に確実な得られる利益がぶら下がっていれば、すぐに利益確定をしたくなる心理が働きます。
しかし、それを繰り返してしまうとトレードの収支は確実にマイナスになります。

どうすればいいのかといえば、ある程度利益が伸びるまでは最初に決めた損切りの逆指値を動かさないことが重要です。

この相場の原理原則(株式)は、建値~目標値までの値幅が遠い時はストップを動かさず、目標値に近づくにつれて、自動で現値とストップの距離を縮めていきます。

そして、建値~目標値までの到達度が90%に達した時点でストップを一気に現値付近にもっていき、できる限り利を伸ばす環境を自動で醸成します。

フラッグやペナントの目標値にも対応

フラッグやペナントのチャートパターンを目視で認識できれば、目標値をUIを使って軽易にアウトプットすることが可能です。

フラッグやペナントを認識させる方法

1 まずフラッグやペナントの形になっている範囲を、ローソク足の実体ベースで当たりをつけます。

2 「CHART PATTERN」ボタンを押下後、下図の様にローソク足の実体ベースで上端か下端が分かるポイントで左クリックを押し、「●」をプロットします。

3 続いて同じくローソク足の実体ベースで上端か下端が分かる対角線上に左クリックを押し、「●」をプロットすれば、目標値が出ます。

<フラッグ>
フラッグ,株式

<ペナント>
ペナント,株式

相場の原理原則を購入するには

1 マネックス証券とトレードステーションの口座を開設

トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【トレンドフォローストラテジー】
トレードステーション選んでもらえる3点タイアップキャンペーン【トレンドフォローストラテジー】

2 商品を購入する

トレードステーション

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Yahoo!ファイナンス掲示板に投稿している人のサイト(テクニカル分析)
Average rating:  
 0 reviews