勝ち組のマインドと負け組のマインドの違いについて

勝ち組は相場の世界では10%以下だと云われています。

そのわずか10%しか生き残れないという日常生活で言えば「エリート集団」にならなければなりません。

10分の1という数字。

この数字は、普段の日常生活で感じる割合として、かなり少ない数字ではないでしょうか。

例えば
志望校の倍率が10倍だったら、、、
5年生存率が10%の病気に罹ったら、、、
野球でチャンスにバッターボックスに立つのが打率1割の投手だったら、、、

こんな場面に出くわして、お金を賭けてみろと言われたとしたら、おそらく、読者の皆さんのほとんどの方はこんな割の悪い賭けにあまり参加したくないと思うはずです。

しかし、トレードになるとこの成功率の低いエリートに、ほとんど全員の人が「自分は入ることができる。」とアンケートで答えるそうです。

サイト管理人もその一人でした。

今回は、サイト管理人自身が経験した泥沼の連敗の中で、500万円というクソ高い授業料を支払ってようやく得ることのできた勝ち組マインドと負け組マインドの違いについて、書いていきたいと思います。





負け組マインドは、思い込みをする

負け組の代表的なマインドは、「思い込み」です。おそらく、読者の皆さんもこういった経験はないでしょうか?

「もうこれ以上は、下(騰)がらないだろう。」と思い込み、ナンピンをした。

所謂、天底を当てるトレードです。あるいは、「PERが割安だから、これ以上下がらないだろう」というファンダメンタルズ要因のみが根拠でエントリーをしたなどです。

勝ち組マインド,負け組マインド,相場

株価は人気投票ではありますが、「適正株価」というのは実は存在しません

PERが900倍でも1000円を超える評価を受ける銘柄もあれば、PERが10倍でも800円くらいでウロウロしている銘柄もあります。

それは、株価に最も影響を与えるものが群集心理であって、ファンダメンタルズ要因ではないという証左です。

もっと言えば、ファンダメンタルズ要因の重要な変化を事前に知ることは、インサイダー取引でもない限りほとんどの投資家ができません。

個人投資家が得る情報は一番古いのだということを認識する必要があります。あなたの知った情報は、既に先回りして買っているインサイダーの買い方が売りをぶつけようと待ち構えているはずです。

また、あなたと同じスタートライン上にいる個人投資家が株を買っている目的は「儲ける」ために買っていることを忘れてはいけません

あなたが今その瞬間に買っている銘柄は、画面の向こう側で同じく「儲ける」ことを目的とした個人投資家が割高だと思って売っているから買えるのです。

個人の都合は市場は聞いてくれません。

テクニカル分析という統計の世界では、群集心理は、チャートパターンや指標で図画や数値で現れてきます。

勝つためには一つの部分を取り上げて「思い込む」のではなく、ファンダメンタルズ要因やテクニカル的な視点からエントリータイミングを見極めることが重要です。

負け組のマインドは、オーバートレードをする

負け組のトレーダーの特徴として、自分の賭けられるリスク以上のリスクを賭けてトレードをすることと、大したチャンスでもないのに、エントリーをしたがる「ポジポジ病」を疾患していることです。

勝ち組マインド,負け組マインド,相場

トレードは絶対がありません。不確定なところにエッジ(優位性)を見出し、確率は5分5分と割り切ってリスク・リワードがいい時にのみエントリーしなくてはいけません。

デイトレードの迷信に「沢山トレードをして利益を積み重ねる」というものがありますが、これで、初めてトレードをする人は本当に勝てるのでしょうか?

トレードで利益を積み重ねる方法は2つです。
大きなロットで小さいティック数を稼ぐか、小さいロットで大きいティック数を稼ぐかです。初めての人は、小さいロットで小さいティック数を稼いでいるのではないでしょうか。

その方法では、アルゴリズムが圧倒的な優位性を占め、きっと小さい利益で獲っている利益平均よりも、格段に大きい平均損失が積み重なり、資金曲線が右肩下がりで負けているケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。

負け組マインドは、負けたがらない

サイト管理人が大きく負けたのは、おかしく聞こえるかもしれませんが「負けられなかった」からです。

負ける準備ができていない状態でトレードを繰り返していました。

「ロスカットをするラインを絶対に動かさないこと。」

理論では分かっているものの、LCラインに株価が近づくと動かしたりしてしまいました。

勝ち組マインド,負け組マインド,相場

何故最初に決めたLCで損切をすることができないのでしょうか?

これもよく聞くことですが、本能が負けを認めたがらないからです。

本能のトレードをするとどうなるかといえば、ほとんどの場合で損大利小のトレードになります。

ナンピンなんかをしてしまった場合は、負けが決定的な敗北になる可能性もあります。サイト管理人が大きく負けたのはこのパターンでした。

負け組のマインドはポジションにとって都合のいい情報にすがり、都合の悪い情報はシャットアウトする

サイト管理人が資金を失った原因は、自分で分析をした結果、負けを認めるべきところで負けを認めなかったこと。天底を当てようとする「思い込み」。

そして、ポジポジ病や負けた資金を取り返すために、より大きなロットを賭けたリベンジトレードやオーバートレードが原因だと分かりました。

そこで、オーバートレードを克服するために始めたのがYahoo!ファイナンス掲示板で投稿することでした。

もともとサイト管理人はテクニカル分析をかなり勉強してから市場の世界に参入していました。

あとは、メンタル的なモノだけが課題だったので、Yahoo!ファイナンス掲示板は、群集心理を勉強するうえでかなりタメになりました。

そこで気が付いたことは、負け組のマインドは自分のポジションにとって都合の悪い情報はシャットアウトするということです。

サイト管理人がどれだけチャートや指標、価格帯別出来高の事実を突きつけても、頑として否定されましたが、理詰めで論破されることはありませんでした。

すべて既知の情報を延々と希望的観測で反論するのみでした。

勝ち組マインド,負け組マインド,相場

<スポンサーリンク>
当サイト経由で購入特典⇒超短期売買でほぼ鉄板で利ザヤを稼ぐ方法か取引記録ツールを進呈!!
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

それでは、勝ち組のマインドになるためにはどうすればいいのでしょうか?

単純に考えれば、これらの負け組のマインドと真逆の行動をとることですが、次は具体的に勝ち組トレーダーたちが取る勝ち組のマインドについて、解説をしていきます。

勝ち組のマインドは事実のみを受け入れ、市場に逆らわない

最近のことですが、富士フィルム(4901)が重要なレジスタンスにかかり、下がる可能性が高いとテクニカル分析をして目標株価を定めました。

勿論、テクニカル的に落ちるとされる最小目標値が目標株価でしたが、当初は目論見通り下がっていき4300~4400円辺りまで落ちるだろうと思っていました。

ところが、最近の株価上昇でネックラインを越えていきました。

以前のサイト管理人であれば、負け組マインドになって思い込み、重要なサポート割れというチャートパターンに固執してナンピンし、大きくヤラレテいたでしょう

しかし、空売りポジションを取ってからでも自分のポジションにとって不利な可能性を見つけていました。

それは、重要なサポートを割った時の出来高が少なかったことを見て取って「騙し下げの可能性も否定できない。」と読んで、自分のポジションと同値撤退できるようにストップを置いていました。

チャートパターンだけでなく、サポートをブレイクした時の出来高や指標の状況を見て、多角的な視点でリスクとリワードを分析することができました。

勝ち組のマインドは自分のポジションにとって不利な情報も事実として受け入れ、目論見が外れたのなら、撤退できるようになったことが大きなことだと思っています。

勝ち組のマインドは、トレードを選んでチャンスを待つ

サイト管理人が一番気を付けていることは、トレードの質です。適当なエントリーはせず、手数はかなり少ないと思っています。

監視銘柄も2~3銘柄ですが、徹底的に銘柄を分析して市場に臨んでいます。

勝ち組トレーダーと負け組トレーダーの違いは、このチャンスを待つ姿勢と、エントリー後にちょこまかと小細工せず、どっしりとリスクを取るという行動です。

利益の減少にビビッて早すぎる利食いをしたりするようなことは無駄であると知っているから、リスクを取るべき時にしっかりと取ります。

トレードをすること=リスクを取るということを理解しているため、リスクを受け入れる準備をしています。

これは、本能に逆らうきつい行動であり、勝ち組トレーダーになるために必要なマインドでもあります。

勝ち組のマインドは、負ける準備をしてトレードに臨む

サイト管理人がツイッターでつぶやく時に最初に利益目標ではなく、LCを入れるのは、この負ける準備が大切だと認識しているからです。

そして、勝率にまったくこだわっていません。逆に利大損小を目指すのであれば、勝率5割を切ることはショウガナイことだと思っています。

勝ち組トレーダーのマインドは、負けもトレードの一部であると割り切っていることです

負けを恐れてリスクを取れず、利益を伸ばせないよりも、負けを積極的に受け入れて利益を伸ばす方が最終的に利益が残るという確信と自信を持っています。

それは、多くの敗戦と高い授業料で得た教訓であり、勝ち組のマインドになるために最も習得することが困難なマインドでもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

勝ち組と負け組の違いについて、当初負け組の持つ特徴を挙げ、続いて勝ち組の持つ特徴を列挙していきましたが、核心を突いた部分もあったと思います。

負け組にならないためには、本能に逆らうことを実行できるマインドが必要ですが、その実行できるマインドを身に着けるためには、その手法に対する圧倒的な自信と知識が必要です。

勝ち組のマインド習得は、本能に逆らうことであり、困難なことではありますが、これを習得していくことの価値は高いものであるでしょう。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で