【池袋暴走事故】飯塚被告が罪を認めてはいけない理由【真相考察】③~ネットの憶測、メディアの印象操作~

憶測やダブルスタンダードに満ちたネット情報

ネットでは、いろいろな情報が出回っていますが、その多くが憶測だということが、池袋暴走事故を調べていくうち認識しました。

普段、マスメディアの情報は嘘ばかりだと認識しているのにも関わらず、自分が信じたい情報は信じてしまう傾向にあるように思います。

しかし、一度立ち止まって、理論立てて考えていくと、そのロジックがあり得なかったり、逆の立場の視点に立つと、見え方が変わったりします。

その例を紹介します。

ネットで噂の黒服の男

私は根拠のない憶測のみの陰謀論が大嫌いですが、池袋暴走事故でよく登場するのが【黒服の男】です。

陰謀論者が言うには、飯塚被告が影響力を駆使して検察や警察の黒服の男に圧力をかけて逮捕を免れている・・・ということらしいですが、飯塚被告は30年近く前に通産省を定年退官をした高級官僚です。

恐らく、今の通産省のトップは、飯塚被告が退官する頃に入省してきたくらいだと思います。

ペーペーと退官間近のトップにそんなに接点があるのでしょうか?

あったとしても、直接仕事を教わったりとかではなく、あいさつを交わす程度くらいではと思います。

逆に省庁間の垣根を越えて影響力を及ぼさせるほどの人物であるならば、相当人望の厚い人物だということになります。

そんな人望に厚い高いカリスマ性を持った人間が、責任逃れや保身のために走り回っているという矛盾に満ちたロジックを、皆さんどう思いますか?

それをいうのなら、社外監査役に検察トップや警視庁のトップのOBがずらっと並んで縦のラインで接影響力が及び、かつ天下り先として深い関係のあるトヨタ自動車を守る側だったと考えるほうが、バイアスに満ちたゴミのような陰謀論より説得力がある感じがしますが、どうでしょうか?

社外監査役~のソース:週刊文春「トヨタと検察・警察の密接な関係

車の欠陥なんかどうでもいいから、とにかく飯塚被告は人●●しだというロジック

とある書き込みに、私がデータをもって車の欠陥の可能性もあるとコメントしたとき、返信にこういった趣旨のものがありました。

飯塚被告は2人も死亡させたのだから、人殺し。車の欠陥とかは関係ない。

もしかしたら、この記事を読まれている方も、こういった考え方の方がいるのかもしれません。

まず、日本の法律から言えば、裁判で刑が確定していないうちは、【無実の推定】が適用されるので、犯罪者ではありません

そして、人殺し=殺人罪という認識ですが、

殺人罪において殺人とは、「殺意をもって、自然の始期に先立って、他人の生命を断絶すること」です。

引用・抜粋:刑事事件弁護士ナビ 「殺人罪とは|構成要件と量刑を解説

ネットの世界になると、元警察官の方にも、「人殺し」という言葉で罵倒されていた方がいましたが、池袋暴走事故は交通事故です。

2019年の交通事故による死者は3215人

年々減ってはいますが、事故を起こしてしまった運転手の多くは、善良な一般市民です。

引用:交通事故による2019年の死者数、前年から317人減少して3215人に

もし、ネット民のいうところのロジック、人を死傷させたら「人殺し」なら、これらの交通事故を起こしてしまった加害者は、全員【人殺し】ということになります。

しかし、ネット民は、とある事件で事故を起こし、2人を死傷させてしまった交通事故の加害者を【人殺し】と呼びません。

そのとある事件とは、東名高速夫婦死亡事故です。

この事件では、石橋和歩がパーキングエリアで駐車位置を注意されたことに腹を立て、被害者夫婦の乗る車に煽り運転を繰り返した後、東名高速道路上で停車させ、
被害者男性につかみかかって車から引き摺り出そうとしたところ、後続の大型トレーラーが追突。夫婦2人が死亡するという事故でした。

この事故で2人を死なせてしまった後続の大型トレーラーの運転手は、自動車運転過失致死傷容疑で書類送検されましたが、不起訴処分となりました。

もし、池袋暴走事故の事故原因が車の欠陥であるのなら、車の欠陥=石橋和歩、後続の大型トレーラーの運転手=飯塚被告という図式と考えられます。

飯塚被告は2人も死亡させたのだから、人殺し。車の欠陥とかは関係ない。」がダブルスタンダードではない一貫性ある価値観なら、「石橋和歩は関係ない。後続の大型トレーラーの運転手こそが【人殺し】だ。」という価値観と同じです。

こう視点・前提を変えると、この考え方がおかしいことに気付くと思います。

要するに池袋暴走事故を見て飯塚被告を叩いている人は、マスメディアの印象操作にやられているか、そうでなければ、真相はどうでもよく、ただむかつくから叩いているということになります。

こんなレベルの低いことをしていて、松永さん母娘は浮かばれるのでしょうか?

 

法治国家を叫びながら、冤罪を強要し、法治国家を否定するネット世論の矛盾

ツイッターを見ると、飯塚被告が罪を認めず、無罪を主張したのを叩いている人が多くいました。

被害者の松永さんも「否認している状態で謝罪されても」「遺族に向き合って罪を認めて欲しい」という発言をされていましたが、この発言は冤罪を助長する発言であり、適切でないと思います。

もし、飯塚被告の証言が事実だった場合、飯塚被告に嘘をついてでも罪を認めろと言っているのと同じになります。

大切な人を亡くされた被害者の心情を考えると気持ちは理解できますが、目的が公に掲げている「池袋暴走事故がなぜ起きたのか、これから加害者・被害者・遺族を出さないためにどうするか」ではなく、「飯塚被告をなんでもいいから、できるだけ重い罪で罰したい」に変わっているように感じました。

しかし、松永さんと同じ遺族の立場になった場合を想像すると、私でもフェアな気持ちを持つことは至難の業だとも思います。

その中でまともな感覚を持った方もいたのでご紹介します。

感情論に立っている方は、この文章をよく読んでください。

遺族は仕方がないと思いますが、感情論に走っている方の多くが、冤罪の可能性を全く考えず、人が死んでもおかしくないくらいの言葉の武器で攻撃しています。

もし、池袋暴走事故の原因が、車の欠陥だったらどうするのでしょうか?

もし、取り返しのつかないことが起きたら、あなたの言葉が直接の原因ではなかった(冤罪)としても、被害者に対し、誠意を見せますか?

冤罪でも罪を認めて謝罪しろというのは、そういうことです。

「私の投稿が原因で、取り返しのつかないことになりました。」

「暴行致●罪で自首します。」

「賠償金と慰謝料を払わせてください。」と。

あなたが感情に任せて言っていることは、この理屈と同じことを言っている可能性があります。

トヨタブーでトヨタ自動車の不都合な事実を報道しないマスメディア

参考記事◆【池袋暴走事故】「プリウス」の欠陥疑惑が報道されない“トヨタブー”を暴露! 飯塚幸三の上級国民問題以上の陰謀か!?

マスメディアは、大スポンサー・トヨタ自動車の都合の悪い情報を報道できません。

 

今日、ここまでの記事で読んだ情報を皆さんは知っていましたか?

恐らくほとんどの方が知らない情報だったと思います。

ネットでは、マスメディアが飯塚被告を擁護しているような投稿を見かけますが、この情報を知らない+飯塚被告の悪い情報はやたらと詳しい時点で、マスメディアは偏った情報を流しているといえます。

私程度でも調べれば出てくる情報なので、取材のプロであるマスメディアが調べられないわけありません。

それどころか、高齢者が、さも高確率で交通事故をひき起こしているかのような嘘をばらまいています。

高齢者の事故の実態はマスメディアの報道で受ける印象と乖離

高齢者の交通事故について、正確な情報を知っておかなければなりません。

前提条件が間違っていると、その対策のピントがずれてしまうからです。

ここで、高齢者の事故の状況を、計数的な数字で見ていきたいと思います。

結論を言えば、80歳よりも10代、20代の方が事故を起こしやすい傾向があるというデータが出ています。

マスメディアの情報を妄信している方は、「えっ?」と思うでしょうが、これが事実です。

根拠:高齢運転者による交通事故の実態

上のグラフは、免許保有者10万人当たりの交通事故件数です。

10代が突出して多く、続いて20代、そして、80歳以上と続いています。

この事故から高齢者の免許返納が叫ばれるようになりましたが、このことに触れたいと思います。

池袋暴走事故は、事実を伝えないマスメディアが招いた

高齢者の免許返納の議論の前提は、『高齢者は事故を起こす確率が高い』という前提からだと思いますが、マスメディアが嘘を伝えているので前提が間違っています
確率で論じるのなら、返納すべきは10代~20代ということになります。

高齢者の事故が増えたと感じるのは、単純に高齢者の数が10年前と比較して2倍になったからです。(根拠:高齢運転者による交通事故の実態

それでは、踏み間違い対策はどうでしょうか。

高齢者は、確かに踏み間違いが多いですが、多くは駐車場で発生しています。

その原因は、姿勢や視線の変化や、ギアチェンジ、ハンドル操作、アクセルとブレーキ操作が短時間で絡み合うからだと推測されています。
(根拠:イタルダインフォメーション

それならば、駐車場に入場する際は、券の発行方式ではなくて車番認証にしたり、高齢者専用の駐車スペースなどを設置して、少ない操作で駐車できるようにするなどの工夫を社会で取り組んでいく方が、建設的ではないでしょうか?

なんでも危険だからと規制していったら、どんどん息苦しくなり、社会の活力が失われていくと考えます。

真実を伝えるというマスコミの本分を忘れ、大スポンサーのトヨタ自動車に忖度し、飯塚被告の情報はセンセーショナルに伝えて視聴率やPVで金儲けをするマスメディアこそ、こういった不幸な事故の連鎖が続いている根源な気がしてなりません

もし、原三信病院事故の時、もっとプリウスの暴走の可能性についてマスメディアが事実を報道していたら・・・

もし、レクサス暴走事故の時、結論ありきの実況見分が行われたことについてマスメディアが事実を報道していたら・・・

しっかりと原因究明や不正の温床となる天下りの規制がなされて池袋暴走事故自体がなかったかもしれません。否、なかったでしょう。

【池袋暴走事故】飯塚被告が罪を認めてはいけない理由【真相考察】②~警察の「車は異常なし」が信用できない理由~

【池袋暴走事故】飯塚被告が罪を認めてはいけない理由【真相考察】④~事故原因考察~

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください