相場の原理原則(株式)の使い方

相場の原理原則(株式)の使い方について、説明をいたします。

まずは相場の原理原則(株式)をお使い頂くための準備を始めましょう

相場の原理原則(株式)は、月足、週足、日足、1時間足、15分足、5分足、1分足とどの足でアウトプットしても、エリオット波動やチャートパターンの目標株価を高い精度でアウトプットすることが可能です。

この相場の原理原則(株式)をお使い頂くために、次の3つのステップを踏んでいって下さい。

ステップ1
相場の原理原則(株式)を使用するために、まずはプラットフォームを用意しよう!


相場の原理原則(株式)を稼動させるには、マネックス証券の口座開設トレードステーションのプラットフォームが必要になります。

マネックス証券の口座開設後、トレードステーションをマネックス証券のサイトからダウンロードします。ダウンロードの方法についてはこちら

ステップ2
相場の原理原則(株式)を使用するために、トレードステーションに相場の原理原則(株式)をインポートしよう

続いて、トレードステーションに相場の原理原則(株式)を組み込んでいく必要があります。
組み込む方法については、こちらを参照にして下さい。

ステップ3
相場の原理原則を立ち上げよう

1 トレーディングアプリをクリックします。

2 チャートが立ち上がっていればどれでもいいのですが、ここではチャート分析をクリックします。

3 挿入>インジケーターで左クリックをします。

4 相場の原理原則を選択し、「OK」を左クリックします。

5 相場の原理原則(株式)がチャート画面の左側に表示されれば完了です。

それでは、いよいよ相場の原理原則(株式)の使い方にはいります

<UIの全体図>

まずはUIの機能から説明をします。
※画像をクリックしたら、説明の部分が拡大します。

「BUY」、「SELL」、「数量」

システムトレード,裁量トレード
システムトレード,裁量トレード
システムトレード,裁量トレード

「ELLIOT WAVE」、「CHART PATTERN」

システムトレード,裁量トレード
半自動売買

各種仕掛けボタン

半自動売買
半自動売買
半自動売買
半自動売買,裁量トレード
半自動売買,裁量トレード
半自動売買,裁量トレード

各種手仕舞いボタン

半自動売買,裁量トレード
半自動売買,裁量トレード
半自動売買,裁量トレード

エリオット波動の起点を決める基本系

相場の原理原則(株式)を使ってエリオット波動をアウトプットするためには、基本系をしっかりとマスターして下さい。
その他、事例についてもありますので、ご確認下さい。

エリオット波動第1波を検出する基本形

エリオット波動の出し方の動画

エリオット波動第1波を検出する基本、応用、その他の事例


応用、その他につきましては、こちらを参照にして下さい。

チャートパターンの出し方

相場の原理原則(株式)の仕掛け・手仕舞いルール

相場の原理原則(株式)で実施されるトレードルールについてご説明いたします。

エリオット波動の仕掛けルール

1 上昇トレンドの場合は第1波高値を超えて、下降トレンドの場合は第1波安値を割ってからのエントリーは出来ません。
2 両建ては出来ません。

エリオット波動の手仕舞いルール

◆建値~第3波目標株価までの値幅×0.7(以下、70%トリガーという。)で部分決済(100株の場合は行わない。300株の場合は100株実施)
◆70%トリガー到達で、建値~70%トリガーの中間地点にストップを移動
◆建値~第3波目標株価までの値幅×0.9でストップを10SMA(単純移動平均線)に移動
◆第3波目標株価で全決済(第3波のみ自動で手仕舞いを実施します。)

チャートパターンの仕掛けルール

両建ては出来ません。

チャートパターンの手仕舞いルール

◆建値~チャートパターンの目標株価までの値幅×0.5で部分決済(100株の場合は行わない。300株の場合は100株実施)
◆建値~チャートパターンの目標株価までの値幅×0.5でブレイクイーブンにストップを移動
◆チャートパターンの目標株価で決済

相場の原理原則(株式)は月額5000円でレンタル中

相場の原理原則(株式)を、ゴゴジャンにて月額5000円でレンタル中です。

お問い合わせ等

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で