FXで環境認識をする方法について考えてみた

トレードで利益を上げていく為には、「環境認識」の精度を高めることが必要不可欠となります。
相場の環境認識さえ間違えなければ、どのポイントでエントリーしてもトレードで利益を得ることが出来ます。

上昇トレンドのアベノミクスがいい例ですよね。

環境認識で検索すると、どのページにも「長い時間軸のチャートを見ることが重要」と記載されていますが、今回はこの部分について掘り下げていきたいと思います。





環境認識の際、見るべき長い時間軸のチャート

長い時間軸のチャートといっても、単純に長ければいいという訳ではありません。

見るべき時間軸のチャートは、世界中のトレーダーが注目しているチャートです。

世界中のトレーダーが見ているチャートは、多くの相場の参加者を巻き込んでくれます。

相場の参加者が多くなれば、イレギュラーな市場心理のノイズが平滑化され、多くのトレーダーが売買を決心したサポートやレジスタンスを視覚的に浮き彫りにし、よりテクニカル分析の予想に近い動きになり、戦略的な戦い方を容易にしてくれます。

世界中のトレーダーが見ているチャートとは、簡単に考えればMT4に標準装備されている時間軸のチャートということになります。

トレードする時間軸にもよりますが、ここでは焦点を絞り、記事の内容としてスキャルピングから短期のスイングの時間軸で話を進めていきます。

エントリーを狙う時に15分足チャートを使っている場合は、日足⇒4時間足⇒15分足
エントリーを狙う時に5分足チャートを使っている場合は、日足⇒1時間足⇒5分足

が一般的な時間軸で環境認識をする流れになると思います。

環境認識はトレンド相場かトレンドレス相場かを見極めることが利益につながる

長い時間軸のチャートで、どの時間軸を見るのか分かりましたが、そのチャートの何を見るのかが重要になってきます。

環境認識というのは、上か下かのトレンド相場の判定をするだけではありません。
当然、レンジやチャートパターンの形成といったトレンドレス相場かどうか判定することも重要になります。

トレンド相場であれば、今、エリオット波動やチャネルラインのどういった局面にレートが位置し、どのくらいのリスクと利益が見込めるのか、トレンドレスのレンジ相場であれば、どの範囲のレンジなのか当時の状況でどのチャートパターンになる可能性が高いのかを認識することが利益につながる環境認識といえます。

トレンド相場は、重要なサポートやレジスタンスのブレイクやチャートパターンの完成がきっかけとなる

トレンド相場は、基本的には重要なサポートやレジスタンスのブレイク、チャートパターンの完成により、一方向に動こうとするエネルギーが生じて発生する場合がほとんどです。

当然、そのブレイクの動きの中には、騙しも頻繁に起こります。

この騙しを回避するためにフィルタを掛ける一般的な方法としては、押しや戻りでブレイクしたサポートやレジスタンスを再び跨がないか確認するという方法があります。

FX,環境認識,方法

確認の方法としては下の3つ。番号が若いほど勝率が低くなりますが、取れる値幅が大きくなります。
① 高値をつけたローソク足の安値更新
② 揉み合いの安値更新
③ 揉み合いのラインブレイク

水平線を4時間足の終値で上抜けたらロスカット、目標レートはレンジの値幅というイメージです。

<スポンサーリンク>



トレンド相場の転換の察知は、トレンドを支配している波動を見つける

トレンド相場を確認するためには、その動きが持合いやレンジではないことを否定する動きを確認することが必要になります。

そこで、トレンドを支配している波動を見つけるという考え方が登場します。

FX,環境認識,方法

上の画像は、下降トレンドから上昇トレンドになっていますが、トレンドを支配している波動は黄色い枠の波動でしょうか?赤色の枠の波動でしょうか?

色々な意見があると思いますが、個人的には黄色い枠の波動だと思います。

黄色い枠の波動の高値を終値で超えたため、下降トレンドの戻りの動きやレンジや持合いになる動きを否定されたと認識したトレーダーが、次のボリンジャーバンドのミドルライン付近の押し目を狙って入ったという見方です。

FX,環境認識,方法

勿論、赤色の枠も高値と安値の切り上がりが確認されたという事実から、トレンド転換の大きな徴候と捉えるという考え方もありだと思います。

多くのトレーダーがトレンドが転換したと認識し、反対側でポジションを持ったトレーダーが諦めて損切りの成り行き注文をオーダーしてくるのか。

その考え方から行けば、下の青色の枠の波動という方もいると思います。
FX,環境認識,方法

環境認識の精度を高めるためには、多くのトレーダーが「上昇トレンドになった」と認識するであろうポイント=トレンドを支配している波動を見極めることが重要です。

その中で、勝率を取るか値幅を取るかについては、最小公倍数の最適解を検証していく必要があるでしょう。

トレンドレス相場は、WかMの形ができるまで続く可能性が高い

相場の世界では、N字型で抜けることはほとんどありません。

裏を返せば、トレンドレスからのブレイクを狙う場合、WかMの形が出来上がるまで待ってからブレイクを狙わないと、負ける確率も高い上、取れる値幅も小さくなるため、非効率的です。

トレンドレスの見極め方としては、ローソク足の実体が上か下のどちらかで大体揃っていたら、トレンドレスの揉み合いになる可能性が高いです。

<上昇トレンド⇒トレンドレス⇒上昇トレンドの事例>
FX,環境認識,方法

<下降トレンド⇒トレンドレス⇒下降トレンドの事例>
FX,環境認識,方法

また、この性質を逆手にとって、レンジの下端か上端でポジションを取るという戦い方もあります。

戦い方としては、上昇トレンドの場合は、レンジの実体の安値に指値を置きながら、高値の終値ブレイクも同時に狙います。

FX,環境認識,方法
下降トレンド場合は、上昇トレンドの場合の逆になります。

FX,環境認識,方法

環境認識でトレンド相場と判定したら、エントリーする時間軸でタイミングを計る

上位時間軸でトレンド相場と判定したら、押し戻りを待ち、下位の時間軸でエントリータイミングを見極めます。
押し戻りの尺度としては、フィボナッチリトレイスメントRSIなどのテクニカル指標を活用します。
(RSIをマルチタイムフレームでモニターするインジケーターを数量限定で無料で配布しています。詳細はこちら

スマホなどでフィボナッチリトレイスメントが分からない場合は、目測で初動の値幅の0.4と0.6を掛けた押し目や戻り目を狙います。
例えば、上昇トレンドの押し目を狙う場合、113.000円から20PIPS初動で動いた時は、20×0.4=8、20×0.6=12なので、113.080か113.120辺りまで押してくるのを狙います。

RSIなどを活用する場合は、日足で環境認識し、上昇トレンドと判断した場合は、4時間足のRSIが50付近まで下げてくるのを待ってから入ると大怪我をしないでしょう。

あるいは、1/3~2/3押し目まで押してくるまで待ち、それから15分足や5分足などで高値と安値が切り上がるのを確認してから入る戦い方もあります。

FXで環境認識をする方法について考えてみた・まとめ

いかがでしょうか。
環境認識について、その方法やトレンドとトレンドレス相場の見極め方・戦い方について書いていきましたが、いくつか核心をついているところもあったと思います。

環境認識は、上位時間軸でトレンド相場かどうかだけでなく、トレンドレス相場も見極めていく事も重要。

トレンド相場は、重要なサポートやレジスタンスのブレイク、チャートパターンの完成によって一方向に動くエネルギーが放出される場合になる可能性が高い。
トレンドレス相場は、WやM型のチャートが完成するまで継続する可能性が高い。

この特性を踏まえつつ、エントリータイミングを下位の時間軸で計っていく。
エントリータイミングを計る場合は、フィボナッチリトレイスメントや上位時間軸のRSIなどの計数的な尺度を使うと大怪我を回避できる。

トレンド相場と判断される場合は、下位時間軸で高値と安値の切り上げや切り下げを確認してはいるのも良い。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で