FXを初心者から始めたら、いくら必要か

FXを初心者から始めるには、最初に投入する資金は、全額溶かしてしまうだろうという前提で、投入資金を決めた方がいいです。
よく書店で平積みになっている「初心者から1億円」的な物語は、ないとは言いませんが、ほとんど用意されていないというのが現実です。




FX初心者は、軌道に乗るまでは少額でトレードをし、市場に授業料を支払う心構えが必要

FX初心者から1億円まで一度も退場することなく到達するトレーダーは、ほんの一握りです。
商売と同じで、初心者が最初から上手く立ち回れるようにするためには、ある程度軌道に乗るまで赤字が続く覚悟が必要です。

初心者のうちは、きっと、あらゆる失敗を経験するでしょう。
その失敗から、弱点を洗い出し、分析し、弱点を克服する対策をしなければなりません。

FX初心者は、小さい失敗から学び自分のトレードの問題点を把握する

トレードは商売と似ています。
商売は、最初にまとまった初期投資が必要なので、それなりの覚悟をもって臨みますが、トレードは、そういった覚悟がない方が多い気がします。

商売で上手くいく人は、大体、事前にコンサルティング等でノウハウを吸収したり、マーケティングや広告、従業員(特に幹部)の教育に力を入れます。
つまり、多くのお金を儲けるために、多くの時間やお金を使っています。

ただ、トレードは商売と違う点があります。
それは、最初に小さい失敗ができるチャンスがあるということです。

商売は店舗を設置した後、たとえば立地に問題があることに気がついたら目も当てられません。
店舗を撤去するにも百万円単位でお金がかかりますからね。
赤字で資金に余裕がない上に、商売を止めたらまたお金がかかる。
まさに進むも地獄、退くのも地獄です。

しかし、トレードの場合は、自分のトレードにどんな問題があるのか、少額トレードで実地をもって知ることが出来ます。

結論、FX初心者が最初に口座を入金するのはいくら位が適正か?

FX初心者が最初に口座に入金する額は、少額でなくなっても困らないものの、しかし、溶かしてしまったら悔しくて勉強をしようと決心する額が望ましいです。

FX初心者は、相場の勉強をするのならテクニカル分析が効率的

テクニカル分析で値動きを予測することは可能ですが、ファンダメンタルズ分析で値動きを予測することはできません。
それは、どんなベテラン・アナリストでも同じだと思います。

「●●だから、ドルが買われた。」
「●●だから、材料出尽くしでドルが売られた。」

よく聞くフレーズですよね?
アナリストがもっともらしくレポートを出していますが、それすらも同じファンダメンタルズの条件で上がる場合と下がる場合の両方用意していると言われています(笑)

騰がるか下がるかも分からないのですから、当然、どのような値動きをするのかなんて絶対分かりません。
もし心配なら、重要指標が発表される時にはトレードをしなければいいんです。

FX初心者がテクニカル分析について、それなりのレベルまで知識を得ようとする場合、いくら位が必要か?

お勧めはパンローリング社の書籍ですが、新しい物だと1冊3000~5000円位必要です。
それなりにしますよね?

新刊にこだわらなければ、中身は変わらないので、中古でもいいと思います。
中古2~3冊で5000~6000円ってところでしょうか。

テクニカル分析について、詳しく勉強したいという方は、こちらでサイト管理人レビュー付きで推奨書籍を紹介していますので、参考になれば。

 
<スポンサーリンク>

使えるねっと

FX初心者は、回り道をしたくなければノウハウを購入するのも選択肢

FX初心者が弱点を分析し、トレードの問題点が見えて来たら、勉強しなければならない方向性が見えてくると思います。

市場に授業料を支払いながら、弱点を分析し、勉強し、検証して仮説を立ててトライ&エラー・・・
サイト管理人自身、この過程で思ったのが、勉強するにもノウハウがいるな・・・って正直思いました(笑)

それなら、先に私と同じような経験をしているトレーダーのノウハウを購入すれば早かったなと、今、振り返ってみるとそう思えます。

「回り道をしたくない・・・」
「市場に授業料をいつまで支払えばいいのだろう・・・」

だけど、投資系のノウハウは怪しいからお金を払いたくない(笑)
「儲かるノウハウを無料で手に入れたい。」 私自身もそうですが、実際、こういう発想の方はトレーダーに限らずに多いです。

よく考えてください。
自分が一生懸命、市場に授業料を支払いながら研究・検証し獲得したノウハウを無料で他人に渡しますかという話です。
そのノウハウを得るまでに溶かす資金と時間を考えると、資金効率よく手っ取り早く利益を出せるようになる可能性が高いです。

FX初心者がすぐ勝てる可能性が高いのは、自動売買

FXは、株式投資の教材と比較して、ノウハウは安いと思います。
教材の価格は、株式投資はノウハウ系のPDFで3~5万円位するのに対し、FXは2~3万円もあれば、ノウハウ系のPDFは勿論、EAと呼ばれる自動売買するツールのほとんどを買えたりします。

理由は、FXの場合、MT4という自動売買に便利なプログラム言語を有するプラットフォームが広く普及していることが大きいのでしょう。
株式投資の場合、世界的に普及したプラットフォームのトレードステーションがあるのはマネックス証券しかなく、ほとんど普及しませんでした。

そのため、株で自動売買するシステムトレードは、FXと比較してかなり高額です。
その多くはライセンス料で運営されていて、大体相場的には1~5万円くらい月額で必要です。

株式投資の場合、自動売買をするためには、ある程度の資金力がないと利益を出すことが難しいといえます。

FXは、初期投資を掛けず自動売買ソフトを使用する方法もある

FXの場合、初期投資を掛けずにEAを使用することも可能です。
ゲムトレードというサイトに登録すれば、EAを入金額によって月に1つ~無制限まで使用することが可能です。

出典:ゲムトレード URL:https://www.gem-trade.jp/howtouse_user.php

EAの問題点は、ずっと通用し続ける事が非常に難しいという点が挙げられますが、このゲムトレードのサービスを使えば、初期投資を掛けずに今の相場に適合しているEAに乗り換えて使用することも可能です。

ただ、どうしても自動売買に抵抗があるというか裁量トレードをしていきたいという初心者トレーダーもいるでしょう。
それであるのなら、当サイトの相場の原理原則EAが選択肢に上がるでしょう。

この相場の原理原則EAは、裁量トレードと自動売買を融合させたEAで、XMに口座を登録&入金&同意書送付で、ゲムトレードと同じく無料で使用することが出来ます。
ロジックがブラックボックスのEAより、エリオット波動やチャートパターンを勉強しながら裁量で戦いたいというトレーダーならドンピシャの仕様になっています。

このEAを使えば、FX初心者がベテラントレーダー並の尺度を持ってトレードに臨むということも可能です。(トレンド判定やメンタルはユーザー持ち)

裁量でトレード戦略を決めて、仕掛けるトリガーを決めたら、トレンドラインや水平線のUIを引き、エグジット方法を選択すれば、後は自動売買を実施してくれます。

相場の原理原則の詳細については、こちらです。

FXを初心者から始めたら、いくら必要か・まとめ

いかがでしたでしょうか。
FXを初心者から始めたら、いくら必要かについて書いていきましたが、核心を突くところもあったと思います。
FXを初心者から始める場合、最初に口座に入金する金額は、少額でなくなっても困らないものの、しかし、溶かしてしまったら悔しくて勉強をしようと決心する額を入金し、初心者の時にやらかすであろう失敗に備える。

自分自身のトレードの問題点の洗い出し、勉強する方向性が見えて来たら、勉強や検証を実施する。
勉強は特にテクニカル分析を重視し、テクニカル分析の知識の習得には最低5000~6000円必要。

回り道をしたくなければ、他人からノウハウを購入することも選択肢に入れる。

どうしても初期費用がないのであれば、ゲムトレードや当サイトの無料EAを活用する。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で