FXで勝つために、明日から実践できる具体的な方法

FXで勝つために何をどうすればいいのだろう?
特にFX初心者の方は、何から手を付けていいのか分からないかもしれません。
今回は、自衛官からトレーダーに転身したサイト管理人なりの回答を書いていきたいと思います。




FXで勝つために、何故?トレードはメンタルが重要なのかを理解する

まず、掲示板とかでたまに見かけますが、FXは、手と手を取り合って皆で儲けるという世界ではありません。

自分が損をしている裏では、その損失が誰かの利益となり、逆に儲けた時は、その利益分、誰かが必ず損をしています

市場の世界では、相手を欺き、騙すことが上手なトレーダーか、欺きや騙しを看破できるトレーダーが勝ちます。
FX,勝つ

一生懸命稼いだお金の増減がリアルタイムに数字で飛び込んでくる欺きや騙しは、人間の欲望や恐怖という本能の部分に直接訴えるため、欲望や恐怖という人間の本能の部分を克服できない多くのトレーダーは、かなりの確率でこの欺きや騙しにかかり、資金を減らし、やがて退場します。

トレードでは、トレードルールを守る規律と、徹底したマネー・マネジメント、戦う手順が大切とされていますが、本能を克服するメンタル部分ができていないと、FXで勝つために重要なトレードルールやマネーマネジメントがまず崩壊してしまいます。

そのため、FXで勝つためのメンタルが重要となります。

FXで勝つためのメンタルを強化するために、小さい資金でトレードをして実地に経験を積む

FXで勝つためのメンタルは、本を読んだり、デモトレードなどで習得できるものではありません。
このFXで勝つためのメンタルの習得は、絶対に実地の経験が必要となります。

実地の経験を積むためには、資金を入れなくてはなりませんが、ここでマックスの資金を入れてしまうと、大負けをした時に取り返しがつかなくなってしまいます。
「私は大負けをしない」と思ったとしても、相場の世界で顔を出す欲望や恐怖を甘く見てはダメです。

相場の世界では、9割の初心者トレーダーが最初の1年目で退場を余儀なくされている事実があり、本能に勝つというのは想像よりもはるかに難しいことだと認識する必要があります。

ここはこの強大な敵をリスペクトし、失っても良いくらいの金額を口座に入金し、次のことを意識して戦ってみてください。

少額資金トレードで持ち帰るもの

1 FXで勝つために、この手順とトレードルールを守れば、資金が絶対に右肩上がりになるという自信を得る
2 FXで勝つために、自分自身の平常心が保て、トレードルールを堅実に執行できる適正なリスクを把握する

規律を守れないのは、本当にこのエントリーは正しいかったのか、あるいはエグジットポイントは適切なのかという「自信」がないからです。

テクニカル分析の知識や実地のトレードでしっかりと検証し、裏打ちされたデータを根拠として自信を深めていって下さい。

マネー・マネジメントは、実はサイト管理人は最も重要ではないかと思っている項目です。
人間は莫大な含み損を目の前にすると、平常心を失い、ルールを破る傾向が強くなります。

もしかしたら、小さい資金で運用するときも、何度か経験することがあるかもしれません。
人間というのは、欲望があります。

たとえば、勝率が非常に高く、期待値も優れた手法があったとして、それで何度か実際に勝って利益を得ると、ロットを大きくしたくなったりします。
しかし、勝率が高い手法というのは、大体、平均利益<<<<<<平均損失という状況になります。

こういった状況で損切りの場面に遭遇すると、多くのトレーダーは、勝率が高いはずなのにと焦り、中にはロスカットするべきポイントで出来なくなるトレーダーも出てきます。
そうなってしまえば、その優れているはずの期待値も失われてしまうことでしょう。

優れた手法を活かすためにも、このマネー・マネジメントというのは重要になってきます。

FXで勝つためには値動きをイメージし、エントリーからエグジットまでのシナリオ(物語)を完成させる

FX,勝つ
トレードというのは、お金という疑似兵士を使って戦う戦争です。

その疑似兵士は、貴方の命令一つで、鉄板で勝つ戦場に行ったり、無謀な戦場にも突撃をします。
もし、あなたがその兵士であったとして、危険な戦場に向かわなければならなくなった場合、作戦を立てて戦う指揮官と行き当たりばったりの野生の勘で戦う指揮官、どちらの指揮官に仕えたいでしょうか?

勿論、作戦を立てて戦う指揮官ですよね?
何故、貴方がそう考えるかといえば、危険な戦場では、作戦を立てて戦う指揮官の方が生き残る確率が高いと知っているからです。

さて、実際トレードをされている貴方自身はどうでしょうか?
野生の勘で戦う指揮官になっていませんか?
大切な兵士(お金)に行き当たりばったりで無謀な突撃を命令していないでしょうか?
それでは、兵士に申し訳がありません。

FX,勝つ

トレードで値動きをイメージするためには、上位時間軸の確率の高いトレンド方向やチャートパターン、サポートとレジスタンスの位置やその強度の評価、エリオット波動やフィボナッチリトレイスメントなどを事前に把握し、事前に予測します。(この予想については、こちらのメルマガで毎日配信)

この予測に基づき、決められた手順やトレードルールにより、仕掛けのトリガーを決め、手仕舞いするポイントを決めていきます。

戦闘(トレード)をする準備を整えたら、後は防御であれば、敵が戦場に訪れるのを待って戦機が来たら奇襲を仕掛け、攻撃であれば、戦う準備をしていないトレーダーを狙って各個撃破をして利益を奪う。

危険な戦場を少しでも鉄板で勝つ戦場に変えていくことに努力を集中していかなければなりません。

<スポンサーリンク>



FXで勝つため、人間の本能は変わらないが、期待値の高い戦い方の手順は変化することを理解する

ある程度のレベルに達しているテクニカル分析に基づいた値動き予測は、長い期間、人間の本能から起こす投資行動について先人たちが研究を重ね、統計をとった知識・技術であり、人間の原始的な本能の中身そのものが変化しない限り、その精度はほとんど変わることはありません

しかし、騙しを回避するフィルタの方法や、テクニカル指標で入るタイミングの周期などは、同じ方法やタイミングで行動を起こすトレーダーが多ければ、精度が落ちていくため、手法は期待値が大きく変わることがあります

投資の世界では、数年間にわたり勝率60%を超え、かつ期待値がプラスになる手法は非常に稀だとされていますし、同じ理由でEAも、数年間にわたり市場に通用し続けるモノは非常に少ないと言われています。

FXで勝つためには、まずは変化することがない相場の原理原則である人間の本能部分(テクニカル分析)を理解し、研究し、それから枝葉である戦い方の手順=手法を検証していくというイメージが大切です。

トレーダー自身が勉強し、バージョンアップをしていくことがFXで勝つためには不可欠です。

FXで勝つためには、出来る限り本能が出る場面を回避する

FXで勝つためには、本能の出る場面ではトレーダーを介せず、ある程度、自動化することが望ましいでしょう。

MT4などで標準装備されている※OCOやIFOなど、自動売買をしてくれる注文を駆使しない手はありません。


●OCOとは、ポジションを持った状態でS/LとT/Pのオーダー設定し、どちらか一方が成立した時点で片方のオーダーがキャンセルされる注文のことを指します。
●IFOとは、新規注文が成立した時点、つまり、ポジションを持った瞬間に、予め設定したS/LとT/Pをオーダーし、どちらかのオーダーが決済された時点で片方のオーダーがキャンセルされる注文のことを指します。

実際、エントリーよりもエグジットの方が人間の持つ本能の影響を受けやすく、ルールを破ることが常態化しやすい傾向があります。

自動化できるところは自動化して、あとはチャートを見ずにルール通りトレードを実行していける環境を作っていくことが大切です。

FXで勝つために、明日から実践できる具体的な方法・まとめ

いかがでしたでしょうか。
FXで勝つために、どうすればいいのか核心を突く部分もあったと思います。
FXで勝つためには、メンタルがトレードに及ぼす影響の大きさと重要性をしっかり理解し、トレードに必要なメンタルを強化するために、小さい資金で実地に経験を積む。

大切な資金を危険な市場にさらすのだから、行き当たりばったりの出たとこ勝負の野生の勘で戦うのではなく、テクニカル分析の根拠に基づいて値動きを予測し、そのアウトプットから、しっかりと作戦を立てていくことを継続的に実施していくこと。

その際、テクニカル分析の再現性は変化しないが、手法の期待値は変化することを理解し、基盤であるテクニカル分析をしっかりと理解し、研究し、それから手法について検証をすると言うイメージが大切。

本能との闘いを、避けられるところは教材やツールなどを使って回避し、安定的にFXで勝てるトレーダーを目指すことが重要です。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で