逆日歩とは?逆日歩が発生する仕組みや日数の計算方法について、詳しく記事にしてみた

逆日歩について、詳しく、わかりやすく解説をします。

空売りは、自分が持っていない株を証券金融会社などから株券を借りてきて売る手法です。割高と判断される株を売りから入って目論見通り下がれば利益が出ますが、目論見が外れて騰がった場合は損失となります。

そして、空売りが1倍を大きく下回ると、逆日歩という思わぬ損失が発生する場合があります。

逆日歩とは

制度信用を使って空売りをする際、信用買いよりも信用売りが多い売り長の状況で、空売りをするための株券の調達が困難になった場合に、発生する売り方が支払うコストのことです。

空売りについて

空売りは証券会社に信用取引口座を開設していると実施することが出来ます。
信用取引とは、手持ち資金で株を売買する現物取引と違い、証券会社からお金若しくは株券を借りて、手持ち資金以上(約3倍)の取引ができる投資のことを指します。

信用取引には、一般信用と制度信用の2種類あります。
一般信用の特徴は、期限が無期限であり、制度信用と比較して金利がやや高く、証券会社が独自に金利を設定したり、空売りできる銘柄を設定しています。
制度信用の特徴は、期限が6ヶ月であり、一般信用と比較して金利がやや低いです。証券金融会社が金利や貸借銘柄を決めているため、証券会社ごとの銘柄の違いはありません。

信用買いは、証券会社からお金を【融資】してもらって、株券を買います。
信用売りは、証券会社若しくは証券金融会社から、株券を【貸株】してもらって、株券を売ります。

逆日歩は誰が支払い、誰が受け取るのか

逆日歩は、制度信用のみに発生する制度で、制度信用売りで入っている売り方は【逆日歩】を支払い、制度信用で入っている買い方は【逆日歩】を受け取ります。
現物株を保有している投資家や一般信用で買っている買い方は逆日歩を受け取ることが出来ません。また、一般信用の売り方は逆日歩を支払うことはありません。

逆日歩の仕組み

①通常時は、空売りの所要は証券会社内で処理できる状態です。

②しかし、徐々に空売りをする投資家が増えてくると、証券会社内で処理が出来なくなるため、証券金融会社から株券を調達してきます。

③さらに空売りする投資家が増えてしまうと、今度は証券金融会社も追いつかなくなり、証券金融会社は機関投資家から調達をしてきます。
この際、入札が行われ、この入札額でかかったコストが逆日歩となります。

逆日歩の日数の計算方法

逆日歩の日数の計算については、2019年7月16日(火)の約定分より、受渡日が従来の3営業日から2営業日に短縮されています。
逆日歩の日数計算については、次の3つの原則があります。
1 受渡日は2営業日後
2 受渡日が逆日歩の日数の基準
3 受渡日は土日祝日は行われない

デイトレード(日計り取引)では逆日歩は発生しない

受渡日が逆日歩の日数計算の基準となるため、逆日歩は発生しません。

月曜日に空売りし、1日持ち越した場合の事例

受渡日が1日のため、逆日歩は1日分発生します。

水曜日に空売りをし、1日持ち越した場合の事例

受渡が土日祝日では行われないため、逆日歩は3日分発生

逆日歩の最高料率

逆日歩の最高料率一覧表です。

逆日歩の倍率適用

逆日歩が倍率適用される場合の状況です。

逆日歩の動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください