FXで勝つために

FXで裁量でなかなか勝てない。
高いEAを購入し、FXで運用してみたモノの、中々結果が出ない。

こう思われている方は多いはずです。




裁量やEAでなぜ勝てないのでしょうか?
今回は、このことについて、書いていきたいと思います。

FXで勝つためには、値動きの原理原則を知ることが重要

FXを始めてから間もない方が、値動きの原理原則というものを理解することはなかなか難しいかもしれません。
しかし、これを理解しないことには、FXで勝つことは難しいのです。

よく「初心者でも簡単に勝てる!」というセールストークの投資系教材を目にしますが、そんなに簡単には勝てるはずはありません。

少なくとも100%と謳っているものは、インチキだと思っています。

サイト管理人でさえ、朝早く起きてチャートを研究し、どこで仕掛け、どこで手仕舞うか作戦を立ててからでないと、正直、勝つことは難しいとさえ思っています。

それでは、FXや株式で見られるレートや株価の上下は、なぜ発生するのでしょうか?

オシレーター系のテクニカル指標が買いサインを出したから騰がるのでしょうか?

・・・違いますよね。

 

相場は色々な時間軸やレベル、資金量、取りえるリスクの違うトレーダーの99.9%が「お金を殖やす・資金を守る」目的で参加してます。

では、何故、その今のレートや株価で買えるか?

考えてみてください・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

それは、売っているトレーダーがいるからです。

 

瞬間瞬間の合意で、買いたいトレーダーのオーダーと売りたいトレーダーのオーダーが一致して、初めて売買が成立します。
だから、以前、仮想通貨で20億枚もの売買が0円で成立する事案がありましたが、これは、あり得ないことなのです。

 

0円で誰も売らないですよね?
それが20億枚ものボリュームで成立したというのは、裏で業者がインチキをしているのか、システム的な欠陥があるかのどちらかです。

 

話を元に戻すと、FXで勝つということの本質は、安く売ってくれる馬鹿や高く買ってくれる馬鹿を探すということです。
勿論、自分がその馬鹿になることもあります。

相場で行われているのは、トレーダー同士の騙し合いであり、ババ抜きみたいなものです。誰かの損が自分の利益になるというのが相場の本質なのです。

大衆はお金という実弾を持つと、途端に理性を失い、原始的な本能で行動をします。

その群集心理を統計した学問が、テクニカル分析であり、群集心理を読みながら仕掛けるポイント、手仕舞うポイントを瞬時にイメージできる脳が、相場脳です。
つまり、トレーダー自身が正しい方向の知識の蓄積と相場脳を賢くしていけば、FXや株で勝てるようになるということになります。

 

それでは、相場脳を効率的に賢くする方法について、書いていきたいと思います。

ファンダメンタルズ分析よりテクニカル分析という結論に至った経緯

サイト管理人が初心者だった頃、最初にトライしたのはテクニカル分析でした。

 

その理由は、テクニカル指標はサインが出たら売買するという非常に簡単で、なおかつ、楽して勝てると思ったからです。

 

後からチャートを見ると、何となくテクニカル指標の出すサイン通りにトレードをすれば、勝てるのではないかと思いました。
当時はMACDやストキャスティックス、RSIが出すサインが、神様の御宣託みたいに見えたりしましたからね。

 

そうです。何を隠そう当時のサイト管理人は、テクニカル分析=テクニカル指標というイメージを持っていました。

様々なテクニカル指標を訳も分からないまま組み合わせ、とにかくそのサインが多く重なれば信頼性が増し、勝率が高くなるだろうくらいの認識でした。

 

この記事を読まれている方も初心者の頃、同じような経験があるのではないでしょうか?

 

 

しかし、指標を増やせば増やすほど、エントリーの一貫性が難しくなり、また同時にその手法の検証も難しくなるため、結局、優位性があるかどうか分からずじまいでした。

 

FXで勝つためには、自分のトレードに自信を持つことが大切ですが、その自信を得るための検証に一貫性がなければ、いつまでたっても自信などつきません。

 

次にトライしたのがファンダメンタルズ分析です。

当時、サイト管理人の主戦場は株式投資でした。

四季報を目を皿のようにして読み、一応短期間で資金を2倍にするなどそれなりに結果が出ていました。

 

結果が出ると自信が湧くもので、業種別の平均PERやROE、理論株価などをくまなくチェックするようになっていました。

 

 

ある時、隠れ資産を持っている土地持ちの銘柄が人気化し、大きく値を上げました。
そこで、サイト管理人は昭和飛行機(7404)という銘柄に目を付けました。

 

当時の昭和飛行機の株価は1400円程度でしたが、過去、同じ様な含み資産銘柄のバブルが発生した2006年に、2550円まで値を飛ばした実績があり、なおかつ、当時はアベノミクスで大盛り上がりの状況でしたので、その株価を超えてくるだろうと期待していました。

 

「今買ったら、100万円くらい儲かるのでは?」
小躍りしながら、株を買ったのを覚えています。

 

ところが、その日を境にみるみる株価は下がっていき、あっという間に含み損が10万円を超えてしまいました。

負けを認めたくなかったサイト管理人は、3000株をナンピンして積み上げていきましたが、1000円台を割り、900円台を割った時にギブアップしてそれまで積み上げていた利益を全て吐き出しました。

 

 

結局、株式投資で資金を2倍に殖やせたのは、実力ではなくアベノミクスのおかげ。

もち続けてさえいれば誰でも勝てる相場だったということが、後で分かりました。

 

 

それから決算を期待した銘柄を買い、期待通りの好決算が出たのにまさかの大暴落で大損(笑)
1年で100倍のガンホーの株を高値掴みし、とどめを刺されました(笑)

 

たしかガンホーの決算は前年同期比75倍だったにもかかわらず、嘔吐するほど下げました。

 

 

そういった経緯もあって、ファンダメンタルズ分析は一切信用しなくなりました。

FXで勝つためには、テクニカル分析を勉強するのが効率的

FXで勝つためにファンダメンタルズ分析より、テクニカル分析が効率的だと考える根拠は何か?

 

それは分析内容と結果が明確に分かり、もし分析内容が間違っていたとしても、その原因を認識・修正することがファンダメンタルズ分析と比較して容易だからです。

 

そして、テクニカル分析の知識がある程度、整備されてくれば、目標レートや調整予測といった分析内容を数字で出すことも可能になります。

 

どの程度、予測することが可能になるのか?

 

当サイトで、「ドル円の値動き・シナリオ」という形で公開しています。もし、どれくらいの予想が可能になるか気になった方は「ドル円の値動き・シナリオ」をクリックしてください。

 

シナリオを作ることに興味を持たれた方は、サイト管理人が当時見ていたチャートの右側で、シナリオを立ててみることもできます。

サイト管理人が出したアウトプットもありますので「ドル円のチャートを見て、値動きを予測し、シナリオを作ってみよう」の記事で実践してみてください。

テクニカル分析では、数字で具体的な目標株価やレートを出すことは可能ですが、ファンダメンタルズ分析だとこうはいきません。

 

それは、ファンダメンタルズ要因の変化で市場がどう反応するのか、実は誰も分かっていないからです。

その証拠に、ファンダメンタルズ要因が変わる指標発表のたびに掲示板を覗くと・・・

 

「指標が良いのになぜ・・・」

「指標が悪いのになぜ・・・」

 

という内容の投稿を高い確率で目にします。

指標発表の内容を知らない時なら分かりますが、その内容を知った後でも動く方向すら予想することができないということが分かります。

FXで勝つために効率的なのは、テクニカル分析の方に分がありますよね。

FXで勝つためには、自分の性格を分析する

トレードには、2つの戦い方があります。

 

1つ目が裁量トレード
2つ目がシステムトレードです。

 

1つ目の裁量トレードとは、文字通り、売買の判断を「自己裁量」で行うトレードのことです。

 

勿論、優位性のあるロジックと、機械では判定できないような相場の雰囲気を鋭く感じ取れるトレーダーであれば、システムトレードと比較して、爆発的に資金を殖やすことも可能ですが、まず、その優位性のあるロジックがないといけません。

 

 

また、仮に優位性のあるロジックがあったとしても、そのロジックについて一貫性を持ち、ルールを守り抜くメンタルと感情のコントロール下にある資金管理が出来なければ、勝つことは難しいです。

FXで勝つためには、まず、優位性のあるロジックを獲得し、それを一貫性をもって実行することが重要です。

2つ目のシステムトレードとは、ある一定のロジックに基づき、機械的に売買をするトレードのことです。

 

トレード日誌などを付けていると、非常に優位性の高い法則に気付くことがあります。

しかし、知っていることとできることは別物で、どうしても人間は本能と戦わなければならないトレードになると、ロジック通りに動くことなど、ほとんどの人間が出来ません。

 

これを、人間的な欲望や恐怖を持たない機械で運用させ、ロジック通りにトレードを繰り返させることで、利益を積み上げていくというスタイルです。

 

どちらも、一長一短がありますが、自分自身がどちらのトレードスタイルに向いているかは、実践してみてからでないと分からないところはあります。

それを見極める前に初心者がヤマ勘でFXをやったら、資金を飛ばしてしまうのが関の山です。

まずは少額でトレードをしながら経験を積み、本能と戦うことの難しさを認識しながら、自己分析を進めていって下さい。

FXで勝つためには、シナリオを立てて戦うことが大切

自己分析が終わり、自分が裁量向けなのか自動売買向けなのか分かったところで、それぞれのトレードスタイルで勝負していって下さい。
しかし、ある程度、チャートに対する知識も身に付ける必要があります。

 

それが自動売買でトレードをするスタイルであってもです。

 

裁量トレーダーは当然ですが、システムトレーダーであっても「裁量」が必要な場面があります。
それは、どの場面でどのシステムを動かし、どのシステムを止めるか。

そういった判断がシステムトレードには必要だからです。

その判断を何で行うかといえば、「チャートを見る力」です。

今日の相場は、トレンド相場なのかレンジ相場なのか、上昇トレンドの可能性が高いのか、はたまた下降トレンドの可能性が高いのか。

大切な指標発表があるのなら、止めて一度ポジションを整理したほうがいいのか、そのままにするのか。

 

そういった判断が求められます。

シナリオについては、ザックリでもいいです。

裁量トレーダーの場合は、どこで仕掛け、どこで手仕舞うのか。

システムトレーダーの場合は、チャート全般を見て、レンジなのかトレンドなのかを見極め、その相場が得意なEAを動かしていく必要があります。

FXで勝つためには、システムに任せっきりにするのではなく、どういった相場に強いEAなのかを理解し、その相場が来たら稼働させるなどの裁量が必要です。

FXで勝つために・まとめ

いかがでしたでしょうか。
FXで勝つためには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析で比較した場合、テクニカル分析がより効率的に結果を出す近道になります。

それをチャートを見た瞬間に群集心理がわかる様な相場脳へと昇華させ、精度を高める。

裁量トレード向けかシステムトレード向けなのか、自己分析を実地のトレードを通じて行い、本能と戦うことの難しさを経験しながら答えを出していかなければなりません。

たとえシステムトレードであっても、チャート分析をする能力を磨いてシナリオを描く能力を向上させ、どういった相場になるのかを高い精度で予想できなければ、FXや株で継続して勝つことは難しいでしょう。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で