FX-Measure15M パラメーター説明

FX-Measure15Mを使われるユーザーの方に参考にして頂ければと思い、この記事では、デフォルト・パラメータでのバックテスト結果を掲載していきます。





パラメーターの意味

FX-Measure15M のパラメーター

MagicNumberMT4にEAから命令を出す時に必要な命令の番号。
誤動作を防ぐため、他のEAと被らないようにして下さい
Fixlots発注ロット数(MoneyManageがfalse時)
MoneyManage複利運用するかどうか
RiskRate複利運用時のリスク計数
MAFirstPeriod()エリオット波動を検出するMA周期
()=BUYはロング、Sellはショート
UseBBFilter第1波検出フィルタにボリンジャーバンドを使用するか。
BBPeriodボリンジャーバンドの期間
UseMACDFilter第1波検出フィルタにMACDを使用するか。
MACDShortPeriodMACDの期間(ショート)
MACDLongPeriodMACDの期間(ロング)
MACDSignalMACDのシグナルの期間
UseMAFilter第1波検出フィルタにMAを使用するか
MAShortPeriodMAの期間(ショート)
MALongPeriodMAの期間(ロング)
UseSTCFilter第1波検出フィルタにストキャスティックスを使用するか
STCKPeriodストキャスティックス%Kの周期
STCDPeriodストキャスティックス%Dの周期
STCSlowストキャスティックス・スローの周期
Wave3RecogRate()第3波が確定する目標レート達成率
()=BUYはロング、Sellはショート
BreakEvenRate9ロジック9のトレードをブレイクイーブンにするタイミング。
目標レートまでの値幅の(X)%到達時、ブレイクイーブン
EntryLevelエントリーする押し戻り水準 1/2か2/3
TargetRateForward第1波にS/Lを移動させる目標レートまでの到達率
TrailStartForwardトレイリングストップがスタートする目標レートまでの値幅
StopLoss最大ロスカット幅
UseWeekEndClose週末決済をするかどうか
WeekEndCloseTime日本時間の土曜日の決済時刻
AutoTimeSetフォワード時:True、バックテスト時:false
ServerTimeGMTサーバーの時間とGMTの時差
UseMailエントリーをメールで伝達します。設定要領はこちら

ロジックの説明

1 PIVOTラインを活用してトレンドを判定
2 「MAFirstPeriod()」で指定したMA周期で第1波の候補となる波動を検出
3 それぞれのテクニカル指標で第1波候補にフィルタを掛け、第1波を検出⇒第1波検出後、パラメーター「EntryLevel」で指定したポイントで逆張りエントリー。
4 「FX-Measure15M Ver.3.0(安定型)」は、第1波の起点にロスカット
5 「FX-Measure15M Ver.3.1(高勝率型)」は、エントリーポイントからパラメーターで指定した「StopLoss」×PIPSの所にロスカット
6 エグジットポイントまで、設定したエグジットルールにより、エグジットをします。

パラメーターの設定変更要領

パラメーターの設定変更要領はこちら





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で