FXで勝つためには、勝ちトレードに徹するのではなく、ゲームに徹する

今日、ツイッターツイート銘柄で極楽湯(2340)のエントリーポイントとエグジットポイントをツイートしました。
極楽湯のツイート

Stock-Measureを活用する場合のサイトで設定し、推奨しているルールに70%トリガーというモノがありますが、これは、70%トリガーに株価が到達するまではストップを原則動かさないというものです。





勝ちトレード負けトレードではなく、いいトレード悪いトレードという考え方

さて、Stock-Measureを購入し、活用されている方の中には、ツイッターツイート銘柄に乗っかってエントリーされた方もいると思いますが、しっかりとこのルールを守ることが出来たでしょうか。

というのは、本日の極楽湯はふるい落とされる場面が非常に多くありました。

FX,勝ち方

800円~820円を往復する状況が何回かありましたが、ストップを動かすタイミングが早すぎれば、10ティック位しか取ることが出来ませんでした。
しかし、ここでルールを守り抜き、771円に到達するまでストップを動かさず、引けでエグジットをしていれば、771円と764円でエグジットが出来ました。

勿論、時には損をすることもあります。利益を確定したほうが良かったという場面も経験するでしょう。
ただ、大きなリスクを取ってトレードをしているのであれば、最後までリスクを取り切り、ルールに基づいてエグジットを継続していく方が、トータルで見れば確実に利益になります。

少なくとも、サイトで公開している数字を見れば、プラスの期待値を持っているツールであり、ルールであることを認識することが出来るはずです。

<スポンサーリンク>
当サイト経由で購入特典⇒超短期売買でほぼ鉄板で利ザヤを稼ぐ方法か取引記録ツールを進呈!!
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

ルールを整備するためには、損失を受け入れるという出発点から

Stock-Measureを使ってトレードされている方には、オリジナルのルールを整備されている方もいることと思います。
購入を検討されている方の質問で多いのが、『ザラバを見れないけど活用が出来るのか。』というものです。

私が言えるのは、メンタルのレベルがついていっていない方は、確実にザラバを見ない方が結果が出るということです。
何人かの購入者の方から、お礼のメールを頂いていますが、その中で、ザラバを見ない方がいいといった私の言葉の意味が分かりましたというモノがありました。

Stock-Measureを使って利益を積み上げるときに最も障害となるのがメンタルです。
ザラバ中、株価の動きを見ていると『ここまでが限界ではないか』『これ以上●●ではないか』という先入観に支配されます。

個人の相場観で勝てる人がいないとは言いませんが、ほとんど当たる人なんていません。
ザラバで板を見ていると、Stock-Measureのアウトプットに半信半疑になることもあると思います。しかし、ザラバを見ていなければ、数字だけで勝負することが出来るようになります。

ザラバで板やチャート、指標を見ていなければ、沢山の情報の雑音に惑わされることがなくなります。

ルールを守る=Stock-Measureの機能をフルに引き出せることに繋がります。

ルールを破る時というのは、勝ちたい(早く利益を確定させたい)ときや負けたくない(含み損に変わるのを恐れる)とき、大きな含み損を前にして損失を確定させたくない時です。

この本能のトレードの出発点は、損失を受け入れる心の準備ができていないことに帰結するのではないでしょうか。

損失を受け入れる心の準備を機械的に実施するために、ルールを整備し、この決められたルールに基づいたゲームに徹することが大切です。

勝ちトレードに徹するのではなく、ゲームに徹する・まとめ

トレードというゲームで利益を出すためには、損失を受け入れる心の準備と、利益が出た・出ないでトレードの優劣を判定するのではなく、いいトレード・悪いトレードでトレードを評価していくことが重要です。

ルールを守ったことで、本能に任せた方が利益になる場合も時にはあるかもしれませんが、トータルで利益になるかどうかという視点を持つことが大切です。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で