押し目買いと戻り売りについて

FXや株式投資をしていたらよく聞く「押し目買いが入った.」

動いた時に慌ててジャンピングキャッチするより、押し目を待った方がいいと分かってるけど、その尺度がよくわからない。

今回はそんな方に、押し目買いと戻り売りについて解説していきます。

<スポンサーリンク>


押し目買いと戻り売りをメカニズムについて

「トレンドをフォローするにはどうすればいいんだろう」と思われる投資家の方は多いと思います。
トレードをしている場合、価格の動きに振り回されていては損が膨らむばかりです。

今回は、トレンド相場時に天井で買い注文(底で売り注文)を出さないようにする方法、すなわち「押し目買い」と「戻り売り」について解説していきます。

押し目買いと戻り売りとは

投資の最もポピュラーな戦略として「上昇相場で、いったん下がりきったところで買い注文を出す」というものと「下降相場で、いったん上がりきったところで売り注文を出す」というものがあります。

これらをそれぞれ「押し目買い」「戻り売り」と言います。

「押し目買い」のポイントは?

押し目買いのポイントの見つけ方を解説します。
まず、大前提として押し目買いは上昇トレンドの場合のみ出現しますので、チャートが上昇相場であるかを確認します。

押し目買い,戻り売り

上図のように、安値を切り上げて高値を更新していれば上昇相場だと言えます。
次に、上昇相場が下降し始めたことが確認出来なければなりません。上昇相場で一時的な下げが出始めたときは、押し目買いのチャンスが迫っていることになります。

押し目買い,戻り売り

しばらくすると、上図のように、ある地点で下降相場が反転し、再び上昇相場へと戻ります。
このポイントが「押し目買い」のポイントになります。

「戻り売り」のポイントは?

戻り売りのポイントの見つけ方を解説します。
まず、大前提として戻り売りは下降トレンドの場合のみ出現しますので、チャートが下降相場であるかを確認します。

押し目買い,戻り売り

上図のように、高値を切り上げて安値を更新していれば下降相場だと言えます。
次に、下降相場が上昇し始めたことが確認出来なければなりません。下降相場で一時的な下げが出始めたときは、戻り売りのチャンスが迫っていることになります。

押し目買い,戻り売り

しばらくすると、上図のように、ある地点で上昇相場が反転し、再び下降相場へと戻ります。
このポイントが「戻り売り」のポイントになります。

以上が、上昇相場・下降相場での押し目買い・戻り売りポイントとなります。

では、これらのポイントをどのように見つけるのでしょうか?

押し目買い・戻り売りポイントはインジケーターのひとつ「フィボナッチリトレースメント」を使って見つけることが出来ます。

<スポンサーリンク>

使えるねっと

フィボナッチとは

「フィボナッチ」は、一種の数列のことなのですが、自然界のありとあらゆるものにこの「フィボナッチ」になっていることが多いという、非常に不思議な数列です。

実際にひまわりの種の並び方やイナズマのギザギザ、銀河系の巨大な渦までもがフィボナッチ数列と見事に一致しています。

相場の世界でもこの「フィボナッチ」という数が非常に意識されており、押し目買い・戻り売りポイントを見つけるのにもフィボナッチが利用されます。

この「フィボナッチ」と、もうひとつあるものを組み合わせると非常に有効に使うことが出来ます。

フィボナッチとレジサポラインで押し目買いポイントを見つける

まず、上昇トレンドにおけるフィボナッチの使い方を説明します。使い方は簡単で、まず「上昇相場→一時的な下降」となっているチャートにて「直近の高値と最安値とをフィボナッチでリトレースする」という方法になります。(フィボナッチリトレイスメントで自動売買する無料EAはこちら)

押し目買い,戻り売り

イメージは上図のようなものです。

ここで重要なのが、フィボナッチの数字「50.0%」と「61.8%」のポイントです。
ここが、いわゆる「押し目買いポイント」となる可能性が高いです。

フィボナッチの「50.0%」と「61.8%」は、ほとんどのチャートツールではデフォルトで表示されるようになっています。
さて、ここでもう一つ重要なのが「フィボナッチの数字だけを押し目買いポイントの根拠にしない」ことです。

「50.0%」と「61.8%」は非常に重要な数字にはなるのですが、これだけでは買い注文の動機づけとしてはやや弱いです。

押し目買いポイントを見つけるもう一つの条件が「「50.0%」か「61.8%」に、サポートラインが引ける」というものがあります。

水平線ラインが引けるポイントに、フィボナッチの「50.0%」か「61.8%」があれば、そこは強力な押し目買いポイントになります。

注文方法は、押し目買いポイントを上記の方法で見つけた時点で、同値で逆指値注文を出してください。

押し目買いが起こる市場心理

では、押し目買いポイントが起こる市場心理とはどのようなものなのでしょうか。順を追って説明していきます

① 上昇相場

押し目買い,戻り売り

安値を切り上げて高値を更新して進行している相場が上昇相場です。この場合、明らかに買いが優勢の状態であることが分かります。
逆張りで売り注文を出すトレーダーも多少いますが、それ以上に買いが優勢なため上昇相場は形成され続けます。

② 押し目買いポイントの形成

さて、上昇相場は永遠に続くことはありません。ある時点で上げ止まりが起こります。

押し目買い,戻り売り

逆張りトレーダーによる売りや、買いポジションを保有しているトレーダーの利益確定売りにより一時的な下降相場が形成されます。

③ 押し目買い

市場参加者は逆張りトレーダー、順張りトレーダーだけではありません。もうひとつ「市場を傍観している、チャンスを待っているトレーダー」の存在を忘れてはいけません。

上昇相場で上げが一服、一時的な下げが入っていることを確認した傍観者は「今が買いのチャンスだ。トレンドに乗れるぞ」という心理が働き、買い注文を出します。

押し目買い,戻り売り

これにより、結果的に「押し目買いポイント」というものが形成され、再び上昇相場へと戻っていきます。

これが「押し目買いポイント」が出現する裏側にある市場心理です。チャートを形成する市場心理は蔑ろにされがちですが、このようにしっかりと読み取ればその地点でエントリーをする強い根拠となる場合があります。しっかりと理解してください。

押し目買いと戻り売りについて・まとめ

以上、押し目買い・戻り売りポイントを見つける方法と、チャートが形成される裏にある市場心理の解説でした。

押し目買い・戻り売りトレードにおいて重要なのは「フィボナッチリトレースメントと水平線と併用して、ポイントを見つけること」ですが、「それらが形成される市場心理をしっかり理解すること」も同様に大切なことです。

相場を動かすのは市場参加者だという事を決して忘れないようにしてください。

クオリティの高い記事を書くためのモチベーションになります。クリックをお願いいたします↓

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 無料EA派へ
にほんブログ村



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で