2020年6月1日スタート!50万円チャレンジ!! ~2020年6月8日(月)の結果~

今日は息子の面倒を見なければならない月曜日ということで、ほぼPCの前に立てないため、事前に仕掛けと手仕舞いのポイントを決め、それを楽天証券のマーケットスピード2による自動売買で執行させていく形を取りました。







本日のトレード概要

昨日、先着10名限定500円でトレード戦略を販売をしましたが、ほぼその通りに実行しました。
トレード戦略については、こちら(500円で販売中)

実は先日から空売りで持ち越していた東京海上(8766)が、米国株価が大幅に上昇したということで、大幅GUが予想される状況でした。

案の定、寄り付きから強い状態だったので、日足の高値においていたロスカットにかかるのが確実な情勢で、大きな損失からのスタートになることがわかっていました。

そのため、とりあえず他のスイングで持ち越している含み益の乗っている銘柄を決済して、損益を相殺していく形にしました。

新規にポジションを取る銘柄については、3銘柄でトレード戦略を立てていましたが、
その中で、1つの銘柄が想定外のGUで寄りついたため、この銘柄を外し、
残り2銘柄で勝負ということになりました。

その残り2銘柄は、そーせい(4565)とGNI(2160)です。
そーせいは、早々に約定通知が来ましたが、いつの間にか損切りが執行されていたというくらい、あっという間に損切りになりました。

この時点で、朝からいきなり1万円クラスの損切りが2回・・・
月曜日から、ちょっと厳しいスタートとなりました。

作戦通りにいったら、天底を捉えたGNI

今日はGNIだけで勝てた感じです。
見ての通り、ほぼ天底を捉えて仕掛けから手仕舞いまで執行することができました。

実現損益

+6,109円

まとめ

利大損小のトレードであれば、1勝1敗でも利益が残るといういい見本を示せたのかと思います。

トレードで使用しているツール

相場の原理原則(株式)⇒2020年8月7日にサービス停止になるトレードステーションのツールです。月額5000円でレンタル中

Stock-Measure⇒非売品
これについては、新バージョンを開発中です。
新バージョンが出るまで、マーケットスピード2でトレードをします。




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。