FXを始める前に知っておきたい様々なメリットやデメリット!FXに失敗しないためのやり方とは?

これからFXを始めるにあたって、いきなり予備知識もなく始めるのは絶対に避けましょう。予備知識がない人ほど失敗しやすく、取り返しがつかないことになりかねません。

FXに失敗しないためには、何よりも基礎知識や予備知識などを知ってやり方を覚えることが何よりも重要です。





初心者がFXを始める際には何を知るべきなのか、メリットやデメリットなど様々な知識を前持って知っておくだけでも失敗するリスクを下げることに繋がります。

それでは、FXを始める前に知っておきたいメリットやデメリットなどの様々な知識、FXのやり方についてご説明しましょう。

やり方を知る前に、そもそもFXとは何かを知ろう

そもそもFXとはどんなものなのか知らない人も多いかもしれません。FXと聞くと「株のようなもの」だと答える人もいますが、その認識は間違っています。

FXの意味を正しく知ることで、FXについて入り込みやすくなります。

それでは、やり方を知る前にFXとはどんなものなのかご説明しましょう。

FXはお金に対する投資

FX,やり方
一見するとFXはギャンブルのように思われるかもしれませんが、実際は違います。FXとは日本語で『外国為替証拠金取引』と呼び、外国の通貨を売買することで利益を出すことを目指すものです。

このFXの仕組みを簡単に説明すると、『日本のお金を外国の通貨に両替し、後で両替した外国の通貨を日本のお金に変える』というものです。
つまり、両替した外国の通貨の価値が上がったところで日本のお金に変えれば、価値が上がった分だけ利益を得ることができるという仕組みになっています。

日本のお金に変えた時に発生した利益は『為替差益』と呼ばれ、FXを行う最大の目的は為替差益を狙うことにあります。

一番分かりやすいのは、外国の通貨の価値が上がるか下がるかを予想し、いかにして価値が上がった瞬間に日本のお金に変換するかどうかにかかっていることです。

外国の通貨の価値が上がったところで日本円に変えれば利益になり、価値が下がった時に日本円に変えてしまうと損益になってしまいます。

この仕組みを理解し始めてくると、何だかギャンブル感覚でFXを始めるような気になってくるかもしれません。

しかし、FXは決してギャンブル要素が根底にあるようなものではありません。FXはある意味外国の通貨に対する投資であり、資産運用の一つとなるものなのでギャンブル感覚で挑戦するのはNGです。

FXはお金の取り合いに勝った人が利益を得られる

FX,やり方

FXの仕組みが分かったところで、次にどうすれば利益になるのかをご説明します。

先ほどご説明したように、FXで利益を出すためには日本円を外貨に両替し、価値が上がった時に再び日本円に両替することで利益を得ることができます。

たとえば日本円をアメリカのドルに両替するとします。この場合、1ドルが90円の時にアメリカのドルに両替し、後に1ドルが120円になった時に日本円に両替すると、その差額の30円が為替差益になります。

1ドルにつき30円なのでこれだけだと少ないように感じられるかもしれませんが、これが10ドルだと300円、100ドルで3000円、1000ドルで3万円に到達します。これがもしも1万ドルを両替していた場合、30万円もの為替差益を得ることができるでしょう。

ただし、もしも1ドル90ドルで日本円を両替した場合、逆に1ドルが80円になった時に日本円に両替すると、その差額の10円が損益になってしまいます。

この場合だと1ドルにつき10円の損益になるため、1万ドルを両替していたなら10万円もの損益となります。

このようにFXは大きく利益を得ることができれば損益を出してしまうことがあるので、価値が上がった時の引き際や価値が下がった時の損切りという決断が迫られることになるでしょう。

なお、この時に得られるお金を出しているのは、世界中でFXの取引を行っている人達です。
FXで利益を得られるのは世界中の人達がお金を出し合っているからであり、いつでも自分が利益を得られるようにお金を引っ張り合っているようなものです。

価値が上がった瞬間に両替して利益を出すことができれば、取り合っていたお金を自分がゲットできます。反対に価値が下がってしまうということは他の人にお金を引っ張り込まれてしまったことになるでしょう。

FXはいかに価値が上がることが予想される通貨に両替し、取引を行う他の人が出したお金を引っ張り込むかが重要なやり方です。

様々なメリットがあるFXとは?

FXには様々な投資方法にはない様々なメリットがあります。

FXなら稼げるという理由が分かるメリットが満載なので、やり方を知る前に是非ともどんなメリットがあるのか知っておきましょう。それでは、FXの様々なメリットについてご説明しましょう。

FXは、要所要所で手数料がかからず、かかったとしても非常に安い

FX,やり方
FXの大きなメリットは、何といっても手数料が安いということです。もし手数料がかかったとしても非常に安いばかりか、基本的に手数料がかからないので利益を出す際の障害になることがほとんどありません。

そもそもFXは金融商品の一つですが、その他のメジャーな金融商品として外貨預金というのがあります。この外貨預金も多くの人に活用されているものの、手数料の高さがネックだと言われており、要所要所で手数料を請求されてしまいます。

手数料が高いだけならまだしも、外貨に両替する時や再び日本円に両替する際にも手数料が発生するため、取引を繰り返すうちに手数料がかかるのがもったいないと感じることでしょう。

その点でいえばFXでは基本的に手数料が無料ですし、もし手数料がかかった場合でも外貨預金の10分の1程度の手数料しかかかりません。手数料は利益に直接関係するといっても過言ではないので、利益に影響しにくいFXは運用するのに役立ちます。

FXは少ない資金からでもしっかり利益が出せる

FX,やり方
FXではレバレッジという仕組みを活用することで、少ない自己資金から利益が出せるというメリットがあります。

レバレッジとは自分の資金を担保にすることでさらに大きな金額を動かせるというもので、レバレッジを駆使して上手く利益を得ることができればかなり稼ぐことができます。

元々FXは法改正されるまで一部の投資家しか利用することができませんでした。しかし、法改正によって外貨取引が自由化されたことにより、少ない自己資金からでも参加できるようになったのです。

この敷居の低さは誰でも手軽に参加できるようにするためのものであり、実質的にやり方さえ覚えれば誰でも高額な利益を出すことができると言えるでしょう。

ちなみにどのくらいの資金で取引ができるのかというと、国内のFX業者で取引する場合だと最大25倍まで取引できます。
つまり、250万円用意しなければ取引できないようなことも、たった10万円の資金で取引を行うことができるのです。

他の金融商品でもレバレッジを利用することができますが、その場合だとせいぜい3倍程度が限界です。経秋金額の取引をする時は当然ながらリスクがありますが、それでもFXなら少ない自己資金で取引ができるのは大きなメリットです。

FXは、24時間いつでも取引ができる

FX,やり方
他の金融商品の場合だと取引を行う時間帯が決められていたりするので、いつでも好きな時間帯に取引ができるわけではありません。

ライフスタイルの違いがあるように、限られた取引時間の中にリアルタイムで取引ができる人は限られてしまうでしょう。

ですが、FXは24時間いつでも取引を行うことができるので、取引時間に縛られることがありません。
日中働いているサラリーマンでもシフト制で平日に休みを取っている人でも、夜中でしか取引できない人でも、時間を問わず誰でも取引ができます。

FXの市場は時間帯によって大きく為替レートが動く時間帯があるので、下手に動くと損失を負ってしまう可能性があります。

そのリスクを避けるために時間帯をずらすなど、24時間取引ができることによって様々な戦略が考えられるでしょう。

FXなら買うだけでなく、売りから利益を出すこともできる

通常、一般的な金融商品の取引を行う場合だと買いからでしか取引することができません。しかし、FXであれば買いだけでなく売りから利益を出すことができます。

売りから入る取引は一般的に『ショート』と呼ばれており、このショートを行うことで取引が始められます。

売りから入るということはまだ何も通貨を持っていない状態で、取引を行うことになるでしょう。

まだ何も持っていないゼロの状態からどうやって利益を出すのかというと、最初に取引を始める前に利用しているFX業者から通貨を借り、それを売ることで利益を出します。

通常は日本円を外貨に両替することになりますが、ショートの場合は持っている日本円を元手にFX業者から借りた通貨を利用して取引することになります。

借りた外貨はきちんと利益を出した上で同額の外貨を返すことになりますが、返した金額以上に利益を出していれば、その分が自分の利益になるのです。

この仕組みを簡単に説明すると、1ドルが100円の時にFX業者から100ドルを借ります。
100ドルは1万円に相当するので、これを元手に取引を開始します。ここでポイントなのは、買いの時とは違い、逆に価値が下がるのを待つというやり方です。

ここでもしも1ドル100円の時に100ドルを売った後で外貨の価値が1ドル90円にまで下がった場合、100ドルは9000円になります。

ここでFX業者に借りた100ドルを返したとしても当初借りた1万円だったお金を9000円にして返すことになるので、同じ100ドルでも1000円の利益を得ることができるでしょう。

この具体例は同じ100ドルでも価値が下がったことによって出た利益を得ることが目標になります。

ここで間違えやすいのは、買いの時は価値が上がった時に両替することで利益を出しますが、ショートの時に同じことをやってしまうとFX業者に返す金額が割高になってしまい、損をしてしまうやりかたになってしまいます。

失敗例を挙げると、1ドル100円の時に100ドルを売った後で外貨の価値が1ドル110円にまで上がった場合、100ドルは1万1000円になります。

ここでFX業者に借りた100ドルを返したとしても当初借りた1万円だったお金を1万1000円にして返すことになるので、同じ100ドルでも1000円の損失を被ることになるのです。

買いの時は価値が上がるのを待ち、売りの時は価値が下がるのを待つという仕組みだと覚えておけば、あまり失敗することはないかもしれません。

ただ、こうした買いと売りの両方から利益を出せるのはFXならではのメリットだと言えるでしょう。

<スポンサーリンク>



FXは、株式のようにストップ高とストップ安に左右されない

FX,やり方
株式投資などを始める時に気を付けなければならないのが、ストップ高とストップ安です。これは値幅制限と言われており、株価の急激な暴騰や暴落を防ぐための措置です。

このストップ高とストップ安は各取引所が1日に取引できる株価に制限をかけるため、ストップ高とストップ安を迎えると取引ができなくなってしまいます。

本来であれば大きな利益を得ることができる状態なのに、取引ができないままでは買いも損切りもできないため、取引が再開されるまで何もできません。

しかし、FXでは取引所を介した取引を行わないため、いつになったら取引が開始されるのかどうかやストップ高とストップ安による影響を全く受けません。

突然取引できない状態になったら誰でも不安に思いますが、そのような不安要素がない状態で取引ができるのは安心に繋がります。

FXは不正が限りなく発生しにくい

FX,やり方

他の金融商品の場合、インサイダー取引などを初めとする不正が行われやすく、その影響を受けやすいという懸念を抱えています。

しかし、FXは世界中で取引が行われる最大大手の金融市場なので、限りなく不正が発生しにくいメリットがあります。

不正が発生する可能性がある金融商品を扱っているとなれば、本当に取引をしてて大丈夫なのかと心配になる人もいるでしょう。
FXならそのような心配がないので、安心して取引に集中することができます。

様々なデメリットがあるFXとは?

FXには様々なメリットがありますが、利用する上でのデメリットがあります。確かに魅力的なメリットが多くあるとはいえ、初心者がやり方を知る前にデメリットをより理解しておかないと大きな損失に繋がる恐れがあるでしょう。

それでは、初心者が知っておきたいFXのデメリットについてご説明しましょう。

必ずしも利益に繋がるとは限らないという最大のリスクを背負う

投資による資産運用の宿命というべき最大のリスクが、いかに安心して取引できるFXであっても必ずしも利益を出すことができるとは限らないということです。

資産運用をしている以上、所持している資産以上に損失を被るのだけは何としても避けたいでしょう。

しかし、FXは利益を得ることができれば大きな損失になってしまうことも十分にあります。一般的に考えられるリスクは主に4種類あるので、その4種類のリスクについてご説明しましょう。

・為替変動リスク

一般的なリスクとして挙げられるのが、為替変動による損失のリスクです。為替レートは常に変動しており、そこに参加している全員がレートを見張っている状態だと言って良いでしょう。

買いならレートが上がった時に両替することで利益になり、下がれば損益になります。逆にショートならレートが下がった時に両替することで利益になり、上がれば損益となるでしょう。

さらにFXは24時間いつでも取引ができるので、止まることなく為替レートが変動しています。自分が思ったようにレートが変動しなければ、その時点で損失となってしまうので注意が必要です。

・インターネットを介した取引のリスク

FXは主にインターネットを介して取引を行うため、もしインターネットが使用できない状態になってしまうと損失に繋がるリスクがあります。
電波障害やデバイスの電池切れ、操作ミス、利用しているFX業者のサーバーのトラブルなど、こういったリスクは常に発生する可能性があります。

もしこれらのトラブルが発生した場合、トラブルが生じている間は取引が行えなくなるので、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性がある上に損失になってしまうことも珍しくありません。

常にこういったトラブルが生じる可能性があることを念頭に入れて取引を行うようにしなければならないでしょう。

・倒産によるリスク

確かにFXは利益を得やすいですが、取引を行うために資産を預けていたFX業者が倒産する可能性があるというリスクがあります。
資産を預けているFX業者が倒産してしまうと、預けてあった資産が戻ってこないケースがあるかもしれません。

こうなると預けていた資産を全額返金してほしいと思いますが、業者側は既に倒産していることから資金を返還することができず、泣き寝入りをすることになる恐れがあるでしょう。

これは全額信託保全という制度によって全額返還されないケースは圧倒的に減りました。

しかし、それでも完全になくなったわけではないので少なくとも倒産する恐れがないFX業者を探す必要性があるでしょう。

・需要と供給の違いによるリスク

様々な通貨を売り買いする時に知っておきたいのが、これから扱おうとしている通貨に需要と供給のバランスがあるかどうかです。

FXにおいて利益を出すためには、その通貨に需要と供給がなければなりません。

ドルを初めとするメジャーな通貨であれば世界中の人が取り扱っているので何の問題もなく取引できますが、マイナーな通貨はそうはいきません。

マイナーな通貨を取り扱おうとしても、誰かがその通貨を売っていなければ買うこともできませんし、流動性が低くてまともな利益に繋がらない可能性があります。

メジャーな通貨ほど利益が得られることを考えれば、初心者が安易にマイナーな通貨に手を出すのは止めた方が良さそうです。

国内FX業者よりも海外FX業者の方が良い?

FX,やり方
さて、FXのメリットやデメリットについて分かったところで、次は国内FX業者が良いのか、それとも海外FX業者の方が良いのかについてです。

国内FX業者の方が信用できそうなイメージがありますが、利益を優先するなら海外FX業者の方が良いとされています。

それでは、FXの初心者でも国内FX業者より海外FX業者の方が良いという理由についてご説明しましょう。

最大レバレッジが雲泥の差

国内FX業者の最大レバレッジは25倍です。それだけでも十分なやり方がありますが、海外FX業者の場合だと最大レバレッジは基本的に数百倍を超えています。

ある海外FX業者は最大800倍ものレバレッジで取引が開始できるため、国内FX業者よりも圧倒的に少ない自己資金で取引ができます。

最大レバレッジの差はそのままスタートで差をつけることになり、より大きな利益を得ることに繋がるでしょう。国内FX業者ではできない取引が、海外FX業者ではいとも簡単にできてしまうのが大きな違いとなっています。

追証のシステムがない

国内FX業者では一つのリスクとして、災害や地政学的事件などが発生したことによって急激な為替相場の変動が起こる可能性があります。

為替相場の変動が起きてしまうと、現在所有している口座の資産がマイナスになってしまうこともあるでしょう。

その時に国内FX業者は、資産がマイナスになった分だけ費用を請求する追証という制度を利用してきます。
ただでさえ資産がマイナスになっているのに、その上でマイナス分を請求されると経済的に厳しくなりかねません。

しかし、海外FX業者は追証制度がありません。
追証制度がないということは、もしも急激な為替相場の変動があったとしても、担保にしている費用以上にお金を請求されることは一切ありません。

追証はゼロカット制度とも呼ばれていますが、この制度が採用されていないことによって必要以上の損失を防ぐことができるでしょう。

国内FX業者はDD取引、海外FX業者はNDD取引がというやり方がある

DD取引とはFX業者を介した取引方法であり、NDD取引はFX業者を介さない取引方法です。

誰でも取引を行う際に心配になるのが、透明性が高い取引ができるかどうかです。元々はインターバンクという大元と取引を行って利益を得ますが、DD取引の場合はインターバンクではなくFX業者と取引しているようなものでしょう。

DD取引はFX業者を介している以上、投資家に利益が出ればFX業者が損をすることになり、投資家が損失を負えばFX業者が儲かる仕組みになっています。

しかもFX業者を介した取引により、何らかの不正が働いているのではないかという、投資家にとってのデメリットが発生することになりかねません。

しかし、海外FX業者が主に行っているNDD取引はFX業者を介さないので、直接インターバンクと取引することができます。
間にFX業者が入ることによる心配をせずに取引ができるため、透明性が高い取引ができるのが海外FX業者ならではのメリットです。

※これらのメリットを享受し、大きく資金を殖やされた方もいます。
FX,やり方FX,やり方FX,やり方

FXの初心者が覚えておきたいMT4の使い方

MT4とはメタトレーダー4と呼ばれる、高機能FX取引ツールであり、無料で活用できる優れものです。世界中で活用されており、日本語対応はもちろんFXの自動売買も可能など、様々な高機能が搭載されています。

それでは、FXの初心者が覚えておきたいMT4の基本的な使い方についてご説明しましょう。

海外FX業者のウェブサイトからダウンロード

まずはMT4を使用するために口座開設を行った海外FX業者のウェブサイトからMT4をダウンロードします。無料でダウンロードできる他、スマホなどからもダウンロードできるので、外出先でも取引を行うことができるのがメリットです。

馴染みがなく、様々な機能が搭載されているMT4を使いこなすのは難しそうに感じられるかもしれませんが、全ての機能を覚える必要性はありません。

海外FX業者のMT4をダウンロードする⇒
MT4プラットフォーム(PC用)
Android MT4取引プラットフォーム

まずはMT4にログイン

FXを始めようにもログインしなければ始まらないので、MT4のログインのやり方を解説しましょう。ダウンロードしてインストールしたMT4を開きます。MT4を起動したら左上のファイル→取引口座にログインをクリックします。

するとログインするための入力画面が出てくるので、ここでログインIDとパスワード、サーバーの情報を入力してログインをクリックすれば、ようやくログインできます。

なお、ログイン情報を忘れてしまった場合は、口座開設を行った際に登録したメールアドレス宛にログイン情報が記載されたメールが自動受信されているはずなので、それを確認しましょう。

メールに記載されたログインIDとサーバー、そして自分で決めたパスワードを入力するだけでログインできます。

MT4の画面の見方について

FXの初心者がMT4を操作する上で最低限覚えておきたいのは、以下の通りです。

・メニューバー

メニューバーは画面左上のファイルから右端のヘルプまで表示されているバーや、その下に表示されている様々なマークのことを指します。

ここでは別の口座にログインしたり、チャートを拡大・縮小したり、時間足を変更するといった操作が行えます。

・気配値表示

気配値表示はMT4の画面の左側にある表示で、FXの通貨ペアや自分が扱う通貨などが表示されています。

気配値表示に表示されている通貨をダブルクリックすると取引が麺を表示させることが可能であり、そこで買いか売りかを決めるやり方も可能です。

・ナビゲーター

ナビゲーターは気配値表示の真下に表示されているもので、ここでは口座やインディケータ、エキスパートアドバイザ、スクリプトの4つの項目があります。口座をクリックすると、今までにログインした履歴を確認することができます。

そこでIDをダブルクリックすることで、すぐにクリックした口座にログインできます。インディケータはチャートにおいて様々な分析を行う指標ツールであり、チャートに適用させることで分析を開始します。

エキスパートアドバイザは自動売買プログラムを起動させるための項目です。スクリプトは先ほどの3種類の項目に比べて使用する機会が少ないでしょう。スクリプトの役目は一度だけプログラムを実行するのに利用されます。

・ターミナル

ターミナルはMT4の画面の一番下に表示されている場所で、最も良く使用します。ターミナルの取引のタブをクリックすると、現在の口座の残高や取引しているポジションの一覧が表示されます。

ここを確認すれば口座の残高がいつでも確認できるので、取引の際に役立ちます。口座の履歴も確認できるため、確定申告などの際に活用されるでしょう。

・チャート

そして重要なチャートは画面中央部分に表示されているグラフのようなもので、自分が利用している通貨の動きを確認できます。

なお、新しくチャートを表示させるやり方は、左上のファイル→新規チャートをクリックします。

次に好きな通貨ペアを選択すれば、洗濯した通貨のチャートが表示されるようになります。

FXの通貨の新規注文と決済を行うやり方

新規注文を行うやり方は、まず注文したいチャートを選択してツールバーに表示されている新規注文をクリックします。
チャートを右クリックして、注文発注から新規注文という方法でも注文することができます。

新規注文をクリックするとオーダーの発注の画面が表示されるので、通貨ペア欄が取引する通貨になっているか確認したら、その真下にある数量に取引するロット数を入力しましょう。

ロット数を入力したら、今の価格で注文するなら成行注文を、価格を指定して注文するなら成行種別を指値、もしくは逆指値注文に選択して、価格を指定して注文します。

決済方法は主にワンクリック決済か、注文の発注画面から決済を行う方法が主流です。

ワンクリック決済を行うなら、ターミナルの取引タブをチェックして決済したいポジションの列の一番右側にある×をクリックしましょう。

最初の1回目は注意事項が表示されますが、2回目以降はそのまま即時決済されます。
そして発注画面から決済を行う場合、先ほどと同じようにターミナルの取引タブをチェックし、決済したいポジションの欄をダブルクリックすることで発注画面が表示されます。

そこで成行決済をクリックすれば、決済が完了します。

FXの初心者でも上手いやり方で利益を得たいなら、テクニカル分析を勉強することが重要

FXの初心者が上手く利益を出すためには、テクニカル分析をしっかりと勉強することが重要です。
テクニカル分析とは自分が取引しているチャートの分析を行うことを指します。

投資というのは他の投資家との心理戦のようなものなので、テクニカル分析とは云わば相手の心理状態を分析して値動きを予想するやり方だと言えるでしょう。

一般的なテクニカル分析のやり方は、以下の通りです。
<テクニカル分析の基本>
ダウ理論
エリオット波動理論
・フィボナッチリトレイスメント

<市場心理の視覚化>
・水平線
・トレンドライン
・チャネルライン

<チャートパターン>
ヘッド&ショルダー
ダブルトップ
ダブルボトム
ペナント
フラッグ
・レンジ

<テクニカル指標>
・ローソク足
・単純移動平均線
・ボリンジャーバンド
RSI
・MACD
ストキャスティクス

テクニカル分析の基本や市場心理の視覚化、チャートパターンはしっかりと覚えてください。
一般に初心者の方はテクニカル指標に走りがちですが、テクニカル指標はテクニカル分析の中の一つの要素にすぎず、総合的に力をつけていく必要があります。

他人よりも勝るためには、少しくらい高い壁を越えようとする努力は必要不可欠です。

FXを始める前に知っておきたい様々なメリットやデメリット!FXに失敗しないためのやり方とは?・まとめ

初心者がFXを始めるにあたり、初心者が知っておきたいことは多くあります。

しかし、株のように膨大な量を勉強しなくても、メリットやデメリット、MT4やテクニカル分析など必要最低限のことを勉強していれば、誰でも比較的堅実なやり方でFXを成功させることができるでしょう。





にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村


FXデイトレードランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で