任天堂(7974)は、超短期で●●が完成し、目標株価▲▲か ~28.8.5 株価予測とテクニカル分析~

任天堂(7974)の株価予測とその手法・方法

チャートを斜め読みしていたら、今日、任天堂(7974)が●●=ダブルトップでした。
戦略としては、順張りか逆張りかということになります。





5分足チャートのチャートパターン及び指標

株式投資,シナリオ

5分足チャートを見ると、三角持合いを下抜けし、そのままサポートを割ってしまったことがわかると思います。

月曜日はサポート付近で引けているのと指標が強いので、月曜日は若干騰げて始まる可能性が高いと思います。

しばらく揉み合いになるのではないかと見ていますが、寄付きによっては、上はチャネルラインの上部21100円辺り、下は三角持合い下抜けの目標値20400円辺りまで行くかもしれません。

60分足チャートのチャートパターン及び指標

株式投資,シナリオ

60分足の終値でサポートを割りました。チャネルラインのサポートに弾かれて戻してきていますが、サポートを割った時の出来高がそれほど多くはなかったので、揺り戻しは普通にあると考えた方がよさそうです。

その揺り戻しが20800辺りまでなのか、21000辺りなのかは分かりませんが、日足の価格帯別出来高や貸借倍率を見て読む限り、上で捕まっている買い方が多いので売り目線でいった方が確率が高いかと思います。

株価水準・1年目線・上昇トレンド

1/3押し目 25312円
1/2押し目 23030円
2/3押し目 20748円
全値押し水準 19800円

<スポンサーリンク>
当サイト経由で購入特典⇒超短期売買でほぼ鉄板で利ザヤを稼ぐ方法か取引記録ツールを進呈!!
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

オシレータ系指標及びトレンドフォロー系指標

●5分足の指標

オシレーター系についてはRSIがダイバージェンス買いサイン。ストキャスティックスはダイバージェンス買いサイン。トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムがダイバージェンス買いサイン。

●60分足の指標

オシレーター系の指標についてはRSIが上向き。ストキャスティックスは25%を割って売りサイン継続。トレンドフォロー系の指標についてはDMI及びADXが売りサインですが、ややベアの勢力が減速気味。

サポート及びレジスタンス

直近のサポートは直近安値として意識される20600円、レジスタンスはラインレジスタンス21100円辺り

明日の構想

現在株価 20715円 → 目標株価 ▲▲

時間軸 スイング
シナリオ1 
20840~20600円辺りで寄り付いた場合、20595以下逆指値空売りエントリー、目標株価▲▲円、ロスカット 20980円

シナリオ2 
20600~20840辺りで寄り付いた場合、21000円で逆張り空売りエントリー、目標株価 20750円で一部利確、20400円で一部利確、▲▲円で全部利確、ロスカット 21525円

シナリオ3 
20595円以下で寄り付いた場合、20600円辺りで逆張り空売りエントリー、目標株価▲▲円、ロスカット20980円

シナリオ4 
21340円辺りで寄り付いた場合、寄付きから買いエントリー、目標株価21900円辺り、ロスカット21065円

任天堂(7974)の株価予測とその手法・方法まとめ

今回は比較的短期のシナリオについて分析してみました。逆張りは私自身慣れていないので、結構怖いですよね。
シナリオは描きましたが、当日の出来高や地合いによっては思いもよらないリターンムーブで焼かれる可能性もあります。

指標や出来高に気を付けて注意深く戦ってください。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で