ロゼッタ(6182)は三角持合いから●●した可能性あり ~28.8.20付 株価予測とテクニカル分析~

ロゼッタ(6182)の株価予測とその手法・方法

●●の所には『上抜け』が入ります。
ペナントにしてはチャート形成期間が約2ヶ月ありますので、三角持合いと見ています。

値動きの予測としては、ブレイクポイントから約1500円位を見積もっていますので、3500+1500=5000円位は狙っていけると読んでいます。
飽くまで個人的な見解ですが。。。





 

日足チャートのチャートパターン及び指標

株式投資,シナリオ
日足チャートを見ると、三角持合いをいったん上抜けして一目均衡表の雲の中にもぐりこみ、このチャートパターンの場合に多く見られるブレイクポイントまで押し目を形成して再び日足の高値を更新し、上昇に転じています。

三角持合いのチャートパターン内の出来高と比較して、約2~3倍の出来高が増加していますので、ブレイクが騙しの可能性は低いと見ています。
三角持合い上抜けで見積もられる最低目標株価は5000円辺り。

チャートで以前意識されていたサポートがレジスタンスに変化しているポイント(十字カーソルの位置)辺りが上値として意識されると見ています。

直近のフラッグ上抜けと見ても約500円の値動きが期待できますから、4100~4200円辺りまでデイトレードでも狙っていける可能性が高いです。

日中足(5分足チャート)でも、三角持合いを上抜けして終わっていますので、これが本物であれば3950~4000円辺りまでの値上がりが期待できます。

指標はオシレーター系の指標、トレンドフォロー系の指標友の買いサインです。

週足チャートのチャートパターン及び指標

株式投資,シナリオ

週足で見ると、やや出来高が迫力がありません。
このチャートを見る限り、ロットは慎重に賭けるようにした方がいいと思います。
エントリーする場合、ロスカットは週足の安値3410円辺りに置き、利益が乗ってきたら、デイトレードの時間軸で見積もられる3950~4000円辺りで一旦一部を利益確定しつつ、恩株はブレイクイーブンの所にストップを置くと、騙しにやられて逃げ遅れることも少ないかと思います。

指標も弱いですね。RSIはブレイクが騙しの可能性を示唆していますし、ストキャスティックスも25%の売られ過ぎ圏内をまだ脱出していません。
日足チャートで飛びついたトレーダーもいるかもしれませんが、この週足チャートで頭を冷やす必要があります。

株価水準・1年目線・上昇トレンド

1/3押し目 4419円
1/2押し目 3752円
2/3押し目 3084円
全値押し水準 2807円

<スポンサーリンク>
当サイト経由で購入特典⇒超短期売買でほぼ鉄板で利ザヤを稼ぐ方法か取引記録ツールを進呈!!
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

オシレータ系指標及びトレンドフォロー系指標

●日足の指標

オシレーター系についてはRSIが50%を超えて上向き。ストキャスティックスは75%を超えて強い上昇トレンドであることを暗示。トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムが薄く買いサインを継続。

●週足の指標

オシレーター系の指標についてはRSIが下向き。ストキャスティックスは買いサインも25%をまだ抜けられず。トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムが売りサイン継続も間もなく買いサインに転じそうです。

サポート及びレジスタンス

直近のサポートはラインサポート3700円辺り、レジスタンスはラインレジスタンス5000円

明日の構想

現在株価 3735円 → 目標株価 当初4120~4200円辺り。じ後、5000円辺り? 

時間軸 スイング
シナリオ1 
日足の高値を更新する3805円以上逆指値買いエントリー、目標株価 4000~4120円辺りで一部利確、5000円辺りで全部利確、ロスカット3405円

シナリオ2
前々回の山の高値を更新する3835円以上逆指値買いエントリー、目標株価 4120~4200円辺りで一部利確、5000円辺りで全部利確 ロスカット3405円
 

ロゼッタ(6182)の株価予測とその手法・方法まとめ

下抜けした場合のシナリオを描いていませんが、決して下抜けしないという訳ではありません。可能性が高いのが上抜けというだけの話で、下抜けした場合は3200-1500=1700円辺りまで下落するリスクがあります。

こういったリスクを踏まえて、ロスカットを確実に実施するようにして下さい。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で