28.4.8付 ファーストリティリング(9983)の株価予測 ~テクニカル分析~

ファーストリティリング(9983)の株価予測とその手法・方法

昨日、パスワード無しで公開したマネパG(8732)の値動きはいかがでしたでしょうか?
事前に分析した内容に近い値動きではなかったでしょうか?

その分析した記事はこちらです。
この値動きの予測は、Stock-Measureを使用して実施しています。

ネーミングが英文法にあっていませんが、TOEIC199点のサイト管理人なのでご容赦ください(笑)

こういう予測ができるということは、具体的に何が有利になるかといえば、持ち越すかどうかの判断が断然有利になります。

サイト管理人が、ずっとツイッターツイート銘柄に集中できるのも、利が乗ったトレードは放ったらかし、損切りはそのまま実行しているからです。手数なんていりません。

本題に入って、ファーストリティリングは、結構厳しい状況になったのは間違いありません。ファンダメンタルズ的なものではなくテクニカル分析的にです。

今から書いておきますが、ファンダメンタルズ要因の特別な変化がない限り、月曜日は25600~26000円前後で寄り付く可能性が高いと見ています。個人的な予測ですが。





ファーストリティリング(9983)はサポートを割って底割れしました。

いつものように結論から書いていきます。底割れしました。どこまで落ちるか見当が付きませんが、テクニカル的に予測される目標株価は24000~24500円前後と見積もられます。

この予想が的中していれば、日経平均はあまり期待できないということになります。

日足チャートのチャートパターン及び指標

株価予測、テクニカル分析

先ほども書きましたように、フラッグ下抜けの後、サポートを決定的に割ってきました。24000円前後まで落ちる可能性が高いと見ています。

指標はオシレーター系の指標、トレンドフォロー系の指標ともに売りサインです。

週足チャートのチャートパターン及び指標

株価予測、テクニカル分析

きれいなフラッグ下抜けです。出来高も伴っていますので、リターンムーブも少ない可能性があります。

指標はオシレーター系の指標、トレンドフォロー系の指標ともに売りサインです。

株価水準・1年目線・下降トレンド

1/3戻し目       42441円
1/2戻し目       46170円
2/3戻し目       49899円
全値戻し水準    51447円

<スポンサーリンク>
当サイト経由で購入特典⇒超短期売買でほぼ鉄板で利ザヤを稼ぐ方法か取引記録ツールを進呈!!
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

オシレータ系指標及びトレンドフォロー系指標

●日足の指標

オシレーター系についてはRSIが20%を割って完全に下向き。ストキャスティックスは25%を割って売りサイン継続で強い下降トレンドを示唆。トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムが強い売りサイン。

●週足の指標

オシレーター系の指標についてはRSIが下向き。ストキャスティックスは25%を割ってきて売りサイン。トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムが信頼性の高い角度で売りサインを出しています。

サポート及びレジスタンス

直近のサポートは26000円、レジスタンスは30000円

明日の構想

現在株価26610円 → 目標株価 上へ行く場合、27600~27850辺り。下へ行く場合、25600~24800円辺り。

時間軸 スイング
シナリオ1
26390以下逆指値空売りエントリー、目標株価 当初25600円、じ後、24800円辺り、ロスカット26820円
シナリオ2
26820以上逆指値買いエントリー、目標株価27700円、ロスカット26430円

ファーストリティリング(9983)の株価予測とその手法・方法まとめ

Stock-Measureでは、25600円前後まで下落するというアウトプットが出ています。今までStock-Measureを見てきた経験則から、寄付きもこの数字に近いか、この数字まで到達する可能性が高いと見ています。

まぁ月曜日が楽しみですね。5万円というのは、結構いいポイントだったかもしれません。これ以上安くすると出回りすぎて再現性が落ちる可能性もありますし。再現性はツイッターでツイートしている通りです。このツールがあれば、PTSでも大きく儲けられるようになるかもしれませんね。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で