28.1.21付 フィスコ(3807)の株価予測 ~テクニカル分析~

フィスコ(3807)のテクニカル分析/エントリーポイント、エグジットポイント

1月21日は、サイトの訪問者に『利益目標・ロスカット出力ツール』の威力を知っていただくために、人気銘柄のFVC(8462)を『明日の銘柄コード』銘柄に入れ、ツイッターで目標株価ロスカットをツイートしました。有料メルマガ会員の皆様は、もう慣れているかと思いますが、ロスカットまでしっかりとリスクを取り切り、目論見通りにトレンドが発生すれば、非常に高い確率で目標株価まで達することが分かっていただいているかと思います。

フィスコ(3807)は現在株価326円、時間軸はスイングです。




フィスコ(3807)は270円までリスクあり

下げ止まるポイントとして考える根拠はP&Fチャートのトレンドラインと一目均衡表の雲が重なるポイントだからです。

本当はそろそろ下げ止まりでもおかしくないんですが、おそらく地合いでやられている感じです。一応↓にP&Fチャートの画像を貼ります。
テクニカル分析,株価予測

○と☓が固まっているところがサポートの強さを表しますが、今ちょうど強いサポートのところに株価が来ているのが分かります。ただ、落ちていくナイフ状態なので、手出し無用ですね。

フィスコ(3807)日足チャートのチャートパターン及び指標

テクニカル分析,株価予測

出来高が増え始めた2015年12月21日の安値211円を起点とすると、1月14日の高値632からの節目となる株価水準は、全値押し351円を下回ってきています。

株価水準からは下げ止まるポイントを見出せませんでした。テクニカル的な視点からであれば、高値632円からサポートを割ったときのラインが453円でしたので、632-453=179、453-179=274円と冒頭で述べた270円の見積もりと一致します。

結論は、リバウンドがあるかもしれませんが、270円辺りまで落ちる可能性が高いと言えます。

指標はオシレーター系の指標RSIが50割れ売りサイン、ストキャスティックスが25割れ売りサイン、MACD及びMACDヒストグラムが急角度の売りサインを出しています。

フィスコ(3807)週足チャートのチャートパターン及び指標

テクニカル分析,株価予測

週足もオシレーター系の指標RSIが70割れ売りサイン、ストキャスティックスが75割れ売りサイン、MACD及びMACDヒストグラムは買いサイン継続になっています。信用買い残が増えて売り残が減っているのがちょっと痛いですね。13週線26週線が近づいていますので、この辺りで揉み合うかもしれません。

<スポンサーリンク>
当サイト経由で購入特典⇒超短期売買でほぼ鉄板で利ザヤを稼ぐ方法か取引記録ツールを進呈!!
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

株価水準・1年目線・上昇トレンド

1/3押し目 471円
1/2押し目 422円
2/3押し目 372円
全値押し水準 351円

オシレータ系指標及びトレンドフォロー系指標

●日足の指標

オシレーター系についてはRSIが50%割れ売りサインで下降トレンド入りを示唆。ストキャスティックスは25%割れで強い下降トレンドであることを示唆。トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムが急角度で下抜け売りサイン

●週足の指標

オシレーター系の指標についてはRSIが70%割れ売りサイン。ストキャスティックスは75%割れ売りサイン。トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムが買いサイン継続。

サポート及びレジスタンス

直近のサポート26週線302円、レジスタンス25日移動平均線356円辺りになります。

明日の構想

現在株価 326円 → 目標株価 270円

時間軸 スイング
シナリオ1 日足の安値325円以下逆指値空売りエントリー、目標株価270円

シナリオ2 週足の高値もしくは、トレンドラインレジスタンスを終値で破り、2日間破ったままであったら買いエントリー

フィスコ(3807)のテクニカル分析/エントリーポイント、エグジットポイントまとめ

落ちてくるナイフ状態の銘柄ですので、値惚れでそろそろと考えてはいけません。どこまでも下がるのが株です。一応、下げ止まる可能性が高いポイントとしては270円という物差しが出ています。270~280円辺りまで押してくるのを待って買いエントリーが、よりリスクが低いと考えます。

待てる投資家が最後笑うのがこの世界です。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で