28.1.15付 インフォテリア(3853)の株価予測 ~テクニカル分析~

インフォテリア(3853)のテクニカル分析/エントリーポイント、エグジットポイント

株式投資は、買いだけではありません。株式投資信用取引の口座を開設すれば、空売りができるようになります。確かにリスクは無限大、逆日歩という怖さがありますが、デイトレードならリスクを限定できますし、逆日歩もつくことはありません。
空売りという投資技術を身に着けてみてはいかがでしょうか。




話をこの銘柄に戻して、本日は驚きのボラティリティでしたね。
現在株価は940円、時間軸はスイングです。

インフォテリア(3853)はチャネルラインが勝負

今、可能性があるとすれば3つの可能性があります。1つめがVトップ、2つめがヘッド&ショルダーパターン、3つめが上昇トレンドの継続です。2と3の可能性継続のためには、チャネルラインを割らないことが条件です。

インフォテリア(3853)日足チャートのチャートパターン及び指標

テクニカル分析,株価予測

株価はチャネルラインのギリギリで下髭をつけて反転したのが分かります。現在株価はチャネルラインの下部に位置していますが、これを破られたら500円幅チャネルラインですので、500円下がる可能性があります。

指標はオシレーター系の指標RSIが50の上で横ばい、ストキャスティックスは売りサイン。

トレンドフォロー系の指標MACD及びMACDヒストグラムが完全に売りサインになりました。

インフォテリア(3853)週足チャートのチャートパターン及び指標

テクニカル分析,株価予測

価格帯別出来高を見る限り、結構スカスカですね。
私のような売り方が一番喜びそうなチャート価格帯別出来高に仕上がっています(笑)でも、空売りでエントリーするのであれば、ネックライン(=チャネルライン)終値で割ってからでしょうね。

ですからネックライン(=チャネルライン)終値で割ったら買いポジションを処分することをおススメします。

もし、ネックライン(=チャネルライン)を割った場合の揉み合うポイントは670~770円辺りで一旦下落速度が緩まり、その後500円辺りまで行くと予測します。

指標はオシレーター系の指標RSIストキャスティックスダイバージェンス状態で強力な売りサインを出しています。トレンドフォロー系の指標MACD及びMACDヒストグラムはまだ買いサイン継続中です。

<スポンサーリンク>
当サイト経由で購入特典⇒超短期売買でほぼ鉄板で利ザヤを稼ぐ方法か取引記録ツールを進呈!!
《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

株価水準・1年目線・上昇トレンド

1/3押し目 1036円
1/2押し目  874円
2/3押し目  711円
全値押し水準  644円

オシレータ系指標及びトレンドフォロー系指標

●日足の指標

オシレーター系の指標についてはRSIストキャスティックスがダイバージェンス状態で強力な売りサインを出しています。

トレンドフォロー系の指標についてはMACD及びMACDヒストグラムが売りサインに転じました。

●週足の指標

オシレーター系の指標については日足と同様にRSIとストキャスティックスがダイバージェンス状態で強力な売りサインを出しています。

トレンドフォロー系の指標MACD及びMACDヒストグラムは買いサインを継続しています。

サポート及びレジスタンス

サポートはラインサポート859円、レジスタンスは1100円辺りでしょう。

明日の構想

現在株価 940円 → 目標株価 サポートではじかれた場合は1100円、ネックライン(=チャネルライン)を割った場合は500円辺り

シナリオ
時間軸スイング
シナリオ
買いエントリーする場合は、サポートが機能するのを確認してからですね。空売りのエントリータイミングは終値でネックラインを割ってからになるでしょう。買いポジションを建てているかたは、サポートが機能するのを確認してから、1562円を超えるようであればホールド、手前で息切れした場合は手仕舞いでしょう。

インフォテリア(3853)のテクニカル分析/エントリーポイント、エグジットポイントまとめ

こういった日経全般が下げている場合は、『空売り』を選択肢として入れるべきです。こういったボラティリティの高い銘柄でスイングするのは危険ですが、デイトレードであれば、大きなボラティリティで稼ぐことは可能です。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で