以前、テクニカル分析をしましたローツェ(6323)ですが、勝負の1日を何とかやり過ごしました。今回はあれから50円近く値を騰げてきましたが、テクニカル分析をするとどうでしょうか。本日のテクニカル分析は、P&Fチャートを駆使して上昇余力を紹介していきたいと思います。現在株価690円、時間軸はスイングです。


前回、記事にしたときは、月足のストキャスティックスが買いサインから外れてしまったことを書きましたが、現在、月足のストキャスティックスが買いサインを出しています

月足の終値で730円を超えれば本格上昇する可能性が高い


現在、P&Fチャートを見る限り、月足では690円がレジスタンス、週足では810円がレジスタンス、日足はレジスタンスを突破して、770~780円くらいまで値を飛ばす可能性を暗示しています。

ローツェ(6323)の日足P&Fチャート


日足P&F
P&Fチャートは、外国人投資家達が好んで使うチャートの一種で、時間という概念はなく、値動きのみをチャートに書き加えていくもので、○が値下がり、✕が値上がりを表しています。一般にブレイクした場合、一番○と✕が横にたまっている数だけ値が動くとされています。細部は、『推奨書籍』☞『テクニカル分析を学びたい』の中から先物市場のテクニカル分析を読むとよくわかるでしょう。

ローツェ(6323)の週足P&Fチャート


週P&F
45度の右肩下がりでトレンドが形成されていると仮定した場合、このP&Fチャートを見る限り、値上げ余地というかまず最初に騰げ止まりそうなのは810円辺りかと読めます。売り専のサイト管理人の話なので話半分でお願いします。

ローツェ(6323)の月足P&Fチャート


月足P&F
冒頭で書いた730円の終値の根拠がこの月足P&Fチャートです。十字カーソルの辺りに注目をすると『730』という株価が見えますが、これを終値でブレイクすると1つの間隔が20円、20円×3=60円、730+60=790円辺りが狙える株価ということが分かります。

ローツェ(6323)の月足のチャート


月足ローソク足チャート
テクニカル分析の原点、過去に起こった事象を「再び歴史は繰り返す」という前提で株価の将来を予測する。というところに立ち返ってみると、過去、月足のストキャスティックスが買いサインを出した時は、かなりの確率で株価は上がっています。この歴史は繰り返すという前提に立つなら、ストキャスティックスが買いサインを確定した時点(11月30日)でもキャピタルゲインを得られる可能性は高いと見ていいでしょう。

株価水準・1年目線・上昇トレンド

1/3押し目  770円
1/2押し目  701円
2/3押し目  631円
全値押し水準 602円

オシレーター系及びトレンドフォロー系の指標


今回は月足のみRSIは上向き、ストキャスティックスは買いサインに転換、MACD及びMACDヒストグラムは買いサイン継続

サポート及びレジスタンス


サポートはP&Fで見る限り630円、この価格帯は2/3押し目631円とも重なり、非常に強いです。レジスタンスは810円辺りでしょうか。

シナリオ


現在株価690円☞目標株価810円
シナリオ1 680円辺りの寄付きだった場合、日足の高値691円で逆指値順張り買いエントリー、701円で増し玉
シナリオ2 11月30日まで待って、月足のストキャスティックスがクロスオーバーするのを確認してエントリー

まとめ


今回は、他のブログやサイトであまりお目にかからないP&Fチャートを中心に銘柄分析をしました。興味がある方は、先ほどの推奨書籍を読んでみてください。P&Fチャートは、サイト管理人はサポートの強度やレジスタンスの強度を図る意味でも重宝しています。


株式デイトレード ブログランキングへ


FXデイトレード ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で