27.11.30 株・デイトレードの結果/エントリーポイント・エグジットポイント

27.11.30のデイトレード銘柄の戦略・エントリーポイントとエグジットポイントについて

今日は久々の快勝でしたね。こういう時に大きく利益を伸ばし、連敗や大きなドローダウンに備えなくてはいけません。利益を伸ばすには時間が必要です。同じく損失が増えていくのも時間が必要です。利益が出ているトレードは長く保有し、損失が出ているトレードはすぐに手離すことを意識していくといいですね。




本日の戦略・シナリオ

シナリオは単純・簡明が基本です。有料メルマガには、このシナリオの狙いも添えています。狙いがしっくりいく作戦でエントリーできれば、サイト管理人のような他人の戦略でも、自信を持つことができると考えています。

●A銘柄のシナリオ

A銘柄ことロゼッタ(6182)の戦略・シナリオは以下の通りでした。

シナリオ1 3995円を数ティック下回り、3995円を数ティック下回り、再び3995円をつけたところで逆指値買いエントリー、4085円で増し玉
シナリオ2 60分間様子を見て、上昇トレンドなら押し目買い。下降トレンドなら見送り
シナリオ3 日足の高値に順張り逆指値買いエントリー

●B銘柄のシナリオ

シナリオ 60分間様子を見て、上昇トレンドなら押し目買い。下降トレンドなら戻り売り。

ロゼッタ(6182)のデイトレード結果

●ロゼッタ(6182)朝一利食い逃げ作戦

朝は値動きが早く、トレンドが判明しない時間帯でもあります。今日は朝一からシナリオ1と3でエントリーをした方もいることから、朝一はすぐさま利食いをおススメしました。これについては、目標株価も示していないため成績に入れませんが、シナリオを読んでいる有料メールマガジン購読者は、利益確定をする機会があったと思います。結果については省略

-ロゼッタ(6182)朝一利食い逃げ作戦ツイート

☝複数のシナリオを用意していたのはA銘柄だけです。シナリオ1と3の誤りですね。

-ロゼッタ(6182)朝一利食い逃げ作戦チャート

デイトレード,エントリー

●ロゼッタ(6182)押し目買い作戦

ロゼッタ(6182)は新規上場銘柄のため、空売りエントリーができない銘柄でした。そのため、上昇トレンドの条件が出てくるまで待つことに切り替え、その条件の一つ安値の切り上げの可能性が高いと判断し、買い目線に変わったことをツイートをしました。

-ロゼッタ(6182)の押し目買い作戦ツイート

 


☟逆張り派のためにツイート

☟順張り派のためにツイート

-ロゼッタ(6182)の押し目買い作戦チャート

デイトレード,エントリー

-ロゼッタ(6182)の押し目買い作戦の結果

買いエントリー 4100円
売りエグジット 4280円
損 益     +180円

倉元(5216)のデイトレード結果

●倉元(5216)押し目買い作戦

倉元(5216)は、金曜日に終日下げていましたが、これは利益確定の売りの可能性が高いと見ていました。根拠は、下がるときの出来高が多くなかったことです。『買い方の売りによる出来高だけ』と見た場合、早すぎる利食い売りが終わった後は、騰がるしかありません。

皆さんも経験があると思います。『売ったら騰がる』この現象です。ただし、売りたい人がどれだけいるのか、押しはどのくらいなのかは市場が判断しますから、それについていく作戦を立てました。

-倉元(5216)押し目買い作戦ツイート

☟飛びつき買いをしないように念押し。

☟ストキャスティックスで売りサインが出たので、押し目水準をツイート


☟逆張り派のためにツイート

☟順張り派のためにツイート


☟目標株価はストップ高であることを通知

-倉元(5216)押し目買い作戦チャート

デイトレード,エントリー

-倉元(5216)押し目買い結果

買いエントリー 376円
売りエグジット 404円〔(399~408)/10〕
損 益     +28円

デイトレードのまとめ

本日は大きくとれた一日でした。勝てる時に利益を伸ばし、そのトレードに増し玉を入れる。負けトレードは予め決めたロスカットラインで損切して損失を小さくする。この基本を守っていくことは、本能にとって非常に難しいことを要求されます。しかし、これに打ち勝つことができなければ、いくらサイト管理人が適切な利益目標やロスカットの数字を出しても、あるいは高価なツールを購入したとしてもトレードで勝つことは難しいです。





記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で