中々テクニカル分析ができなくて申し訳ありません。一応、お金を頂いている有料メルマガ購読者のためのチャート分析が最優先となっているため、更新頻度がめっきり落ちてしまっています。最近は為替でも頑張れるように理論を整理しているところです。もしかしたら、主戦場を株式からFXに変えるかもしれません。その時はさすがにファンダメンタルズ要因の変化しそうな日程は押さえておかなければなりませんので、ブログパーツに主要行事が分かるものを採用しようかと思っています。

昨日は、ローツェ(6323)がタイミングが良かったですね。ローツェ(6323)はいつも気にはしていました。昨日、たまたまチャートを見て異変に気が付いただけです。

ということで、本日11月9日付でテクニカル分析をするのは、オリンパス(7733)です。東証第1部でチャートをパラパラ見ていたら、気になる部分に気づきました。現在株価は4830円、時間軸はスイングです。





踏み上げ相場開始


今気づいたんですが、今日、ストップ高だったんですね。チャートを見ていたら、売り方にとって危険度マックスのチャートでした。ここでムキになって空売りをナンピンすると焼かれます。完全に売り方は天底を当てに行ってしまっていますね。

売り方に助け舟を出すとすれば、朝、損切をした方がいいということです。ただ慌てて損切する必要はありません。60分足のストキャスティックスを見る限り、若干押し目を形成するでしょう。ここで夢を見て「利益が欲しい」という往生際の悪い感情はいりません。プラスマイナスゼロもいりません。押し目を作ったらすぐに損切り。15分足とかの高値を更新したら希望を捨て損切です。理由は貸借倍率を見てください。0.12倍ですよ。それも、今日捕まった売り方ばかりで、返済株数は0です。強烈なGUだったので、下で捕まっている売り方もいるでしょう。そういう人達の市場心理を考える限り中々下げてこないでしょう。

オリンパス(7733)の日足チャート ローソク足とP&Fチャート

今日はローソク足とP&Fチャートをつけて分析します。サイト管理人が推奨した「先物市場のテクニカル分析」を呼んでいる読者なら、書いている内容は理解できると思います。

●オリンパス(7733)のローソク足チャート☟
オリンパス(7733)日足

まず、今日だけを見ると、VWAP4783円、終値4830円で売り方は平均して47円の含み損を抱えています。返済数は0株!どうするんでしょうね。いつ損切りするのか。出来高をこなしたところから、670円のGUをして株価が上昇していますから、損切を決心するタイミングを与えていません。指標は強いし、貸借は大幅良化しているし、売り方ピンチですね。救いは時価総額が16551億円あるということです。時価総額が低かったら高額逆日歩のダブルパンチでした。オシレーター系及びトレンドフォロー系は強い買いサインです。

●オリンパス(7733)のP&Fチャート☟
P&Fオリンパス日足

見る人が見ればわかると思いますが、間もなくブレイクします。ちなみに1メモリ100円なので、3メモリ分ブレイクするとすれば、4850+300=5150円まで上昇余力があるということです。

オリンパス(7733)の週足チャート ローソク足とP&Fチャート


5040円をブレイクしたら、上場来高値5320円も視野に入ってきます。

●オリンパス(7733)のローソク足チャート☟
週足オリンパス(7733)

日足と同様、指標はオシレーター系及びトレンドフォロー系は強い動きをしています。

●オリンパス(7733)のP&Fチャート☟
週足オリンパスP&F

1メモリ200円のP&Fチャートがブレイクしています。上昇余力200×3=600、4700+600=5300 日足が4850円を超える終値で終わってブレイクした場合で5150円だとすれば、総合して5150~5300円くらいまで騰がる可能性があるということになります。

株価水準・1年目線・下降トレンド


1/3戻し目  4147円
1/2戻し目  4318円
2/3戻し目  4488円
全値戻し水準 4559円

オシレーター系及びトレンドフォロー系の指標


日足・週足ともにオシレーター系及びトレンドフォロー系の指標は強い動きを示唆しています。

サポート及びレジスタンス


直近サポートはVWAPの4785円、レジスタンスは5000円が心理的なレジスタンスとなりそうです。

シナリオ


現在株価4830→目標株価5150~5300円
シナリオ 日足の高値でエントリー、終値が4850円を超えるのであれば、終値で増し玉ですね。ロスカットは狩られるので書きません。

まとめ

売り方は、天底を当てにいっていますね。「高すぎるだろう」「もう上がらないだろう」というのは、投資家個人の都合であり、願望です。市場は行きたい方向に動いていきますので、個人の都合は聞いてくれません。今の状況を見る限り、優位性は買い方にあるように思います。


株式デイトレード ブログランキングへ


FXデイトレード ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で