2021.1.6 ドル円相場本日の値動き予想・シナリオ

ドル円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。

裁量トレードで勝つためのシナリオ

値動きのイメージについて、記事にします。
仕掛けと手仕舞いは読者の皆様で考えてください。

シナリオに登場する用語リンク

エリオット波動
フラッグ
ペナント
三角持ち合い
ダブルボトム
ダブルトップ
ヘッド&ショルダー
サポート、レジスタンス

本日ドル円予想 ドル円の値動きのシナリオを構築してみる

(メルマガ配信日時 2021.1.6 04:41)

<ドル指数・日足>

<円指数・日足>

引用:https://jp.tradingview.com/

ドル円日足チャート

ドル円4時間足チャート

ドル円は下落。円指数は上昇。
ドル円は下落してきました。

下位時間軸では、エリオット波動第3波確定⇒第4波の水準到達で下げてくるかトライアングル形成を予想していたのですが、4時間足では揉み合いになっていたポイントまで戻してきたため、市場がエネルギー不足と捉えているかと考え、揉み合いを予想していましたが、普通に下げてきました。

ドル指数がテクニカル的に見積もられる目標値近くまで一気に下に走り、円指数が現在、チャネルラインの上部を叩きに来ているため、ここから一気に下げてくるというよりは、一旦、揉み合いになるのではないかとイメージしています。

現在、102.412のラインに向けて下落中とみています。

<値動き予測>

<エリオット波動>

<チャートパターン>

ドル円15分足チャート

いよいよ101円台が視野に入ってきました。

指数次第では、比較的短い時間で第5波目標値辺りまで動く可能性があります。

<エリオット波動>

<チャートパターン>

展開予測

102.412ライン下落後は、ドル指数・円指数ともに煮詰まってくるようなイメージのため、揉み合いになりそうな気がします。

チャネルラインを叩いている円指数がブレイクできずに下げ、テクニカル的な目標値に近いドル指数が下げ止まって反発してくれば、一時的にまとまった調整で、円安に動く可能性もありそうなイメージです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください