2020.9.29 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!





ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事の<エリオット波動>や<チャートパターン>で登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

<ポンド指数・日足>

<円指数・日足>

※チャートはhttps://jp.tradingview.com/のモノを使用しています。

<ポンド円・日足チャート>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

ポンド指数が大きなGUから陰線で上昇、円指数が変らずで、ポンド円は大きく上昇してきました。
ずっと小さい値幅での動きだったため、エネルギーが一気に放たれた状況です。

ただ、135.853~136.183のゾーンについては、直近でかなり揉み合いになっていますので、一発では抜けないとみています。

そのため、抜くためには揉み合いになってくるか、一旦調整してから高値をトライしてくる展開になると考えます。

<値動き予測>

<エリオット波動>

<チャートパターン>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

エリオット波動の第1波高値を超えてきたため、下降エリオットが消滅してきました。
反対に大きく動いた上方向に、エリオット波動が出てきている状況です。
<エリオット波動>
・下降エリオット

・上昇エリオット

ポンド円の展開予測

135.853~136.183のゾーンを上抜けることができるかが鍵になりそうです。
そのゾーンを越えれば、137.200付近まで。抜けなければ、134.600付近まで動いてくるとみています。

この予想に登場しているインジケーター

この右のインジケーターは相場の原理原則インジケーターです。
詳細は、こちらまで




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。