2020.5.21 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!





ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事の<エリオット波動>や<チャートパターン>で登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

<エリオット波動>のチャートをひきで見ると、右肩下がりのトレンドラインが意識されていて、現在、上げ止まっている状況なのが確認できます。

調整については、意識されるラインの1つ上のラインまで入りそうな感じがします。
そこを割ってくると、意識されるライン辺りまで下げる可能性があります。

上昇するためには、右肩下がりのトレンドラインを上抜けし、その後の揉み合いを上抜けする必要があります。

<値動き予測>

<エリオット波動>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円60分足チャート

エリオット波動の始点で迷っています。

エリオット波動起点2のエリオット波動については、今の状況からすると、本日消滅する可能性があります。

<エリオット波動>
エリオット波動起点1

エリオット波動起点2

ポンド円の展開予測

4時間足のエリオット波動の状況を見ると、第3波の押し目が非常に深くなっています。
また、60分足チャートのエリオット波動は、起点1がまだ第3波の基準に到達せず、起点2がまもなく第3波の全値押し水準に到達して消滅しそうな状況です。

このことから、上昇トレンドは弱い=主トレンド方向は下である可能性が高いイメージです。

この予想に登場しているインジケーター

この右のインジケーターは相場の原理原則インジケーターです。
詳細は、こちらまで




記事のアップのモチベーションになります。
読んだ後にポチッとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。