2020.4.23 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!

ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事の<エリオット波動>や<チャートパターン>で登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

<ポンド指数>

<円指数>

ポンド指数はサポートが意識されて切り返してきたものの、後が続かず。
円指数は、どっちにブレイクするか読めない状況になっています。

指数では方向性がわかりづらいため、ポンド円チャートを見ていきますと、エリオット波動の第1波高値が意識されている状況なのがわかります。
エリオット波動の見地から見ると、第1波高値を横切ってこない限りは、上昇エリオットの前提は崩れてこなさそうです。

下降エリオットも出ていますが、5.5:4.5で上昇エリオットの方が確率は高いとみています。

<値動き予測>

<エリオット波動>
・上昇エリオット

・下降エリオット

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

上位時間軸では、エリオット波動第1波高値が意識されているということで、下降エリオットの第5波に届くかどうか微妙になってきました。
いずれにしても、直近安値を終値で割って、戻りで超えないのを確認できなければ、上位時間軸のエリオット波動第1波高値が意識される状況が続きそうです。
<エリオット波動>

<チャートパターン>

ポンド円の展開予測

指数が最近、大幅GUやGDがあるため、読みづらい状況が続いています。
エリオット波動的な見地からは、第1波高値が意識されている間は下がりづらい状況だと考えています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください