2020.4.1 ポンド円相場本日の値動き予想・シナリオ

ポンド円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。
FX-ONの投資ナビで販売中!!

ポンド円予想 インジケータ―・相場の原理原則を使ってみた

この記事は投資ナビで月額1000円で販売中です。

この記事の<エリオット波動>や<チャートパターン>で登場する相場の原理原則(インジケーター及びEA)は、フラッグペナント、レンジや三角持合いなどのチャートパターン及びエリオット波動の波動と目標レートをチャート上に表示することが可能です。

手仕舞いのポイントの精度の高さを、この記事でご確認下さい。

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円4時間足チャート

昨日予想していた通り、ポンド指数と円指数の綱引きとなって終日、小さい値幅の揉み合いに終始しました。

1日分、エネルギーをため込んだ分、ブレイクした場合は、一気に動く可能性があります。
値動き予測は昨日と同じイメージですが、初動の部分で、もしかしたら、そのまま止まることなく青色破線矢印の先のポイントまで動くかもしれません。

<値動き予測>

<エリオット波動>

<チャートパターン>

インジケーター・相場の原理原則が出したポンド円15分足チャート

エリオット波動が第5波まで到達しているので、調整波発生が予想されますが、もしかしたら、現在の揉み合いの中に内包されているかもしれません。
現在、狭いレンジの揉み合いになっています。
このレンジを上抜けした場合は、予想していたポイントまで動いていきそうですが、下抜けブレイクした場合、大きく一気に下に動く可能性があります。
<エリオット波動>

<チャートパターン>

ポンド円の展開予測

現在、狭いレンジでのもみあいになっていますが、このレンジをブレイクした方向が、本日の流れを決めるイメージです。
特に下抜けブレイクした場合は、テクニカル的に予想したポイントまで届かないため、市場がカップ&ホルダー完成が騙しと取る可能性があるため、大きく下落する可能性があります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください