2020.3.30 ドル円相場本日の値動き予想・シナリオ

ドル円のチャートを見て、分かり易ければシナリオについて記事にしていきます。

裁量トレードで勝つためのシナリオ

値動きのイメージについて、記事にします。
仕掛けと手仕舞いは読者の皆様で考えてください。

シナリオに登場する用語リンク

エリオット波動
フラッグ
ペナント
三角持ち合い
ダブルボトム
ダブルトップ
ヘッド&ショルダー
サポート、レジスタンス

本日ドル円予想 ドル円の値動きのシナリオを構築してみる

(メルマガ配信日時 2020.3.30 05:26)

ドル円4時間足チャート

ドル指数 が完全に意識される価格帯を下抜き、底割れの状況になりました。
98で止まらなければ、次の節目は97.650のポイントまでありません。

円指数も、前回、意識されて調整してくるとしていたトレンドライン・レジスタンスをGUで抜けてくると強さでした。

チャネルラインブレイクで見積もられる上値はまだ余力があり、騰げてきそうな状況です。

ドル指数の状況と円指数の状況を見る限り、確率的には円高方向に触れる可能性が高い状況です。

とりあえず、<チャートパターン>の目標値まで下げてから、プライスアクションがあるとみています。

<値動き予測>

<エリオット波動>

<チャートパターン>

ドル円15分足チャート

第5波から調整波が揉み合いという状況になりそのまま、エリオット波動第1波が出てきた状況です。

チャートパターン的にも下抜けしており、下げてきそうな感じです。

<エリオット波動>

<チャートパターン>

展開予測

通常は意識されそうなサポートやレジスタンスが、ことごとく破られ、テクニカル分析的な常識が通用しない状況となっています。

また、ボラティリティも非常に大きいため、ランダム状態に近い相場と認識して、ロットを小さめにして、値幅で取っていく方が大やけどをしなさそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください